ラピスセミコンダクタが中国市場向け業界トップクラスの無線通信LSIを開発。スマートメーターやクラウド農業にも最適

植物工場IT活用事例セミナー

 ロームグループのラピスセミコンダクタは、スマートメーターやホーム/ビル・セキュリティ、クラウド農業など、長距離無線通信と低消費電力が必要とされるアプリケーションに最適な、サブギガ帯域(周波数1GHz以下)無線通信LSIを開発し、量産出荷を開始した。

本無線通信LSI(ML7345c)は、中国の無線規格で最高特性が出るよう周波数帯域と送信パワー、受信感度をカスタマイズした商品となっている。中国国内で利用可能な周波数帯域433~510MHzと、送信パワー100mW高出力に対応している。
ラピスセミコンダクタが中国市場にて業界トップクラスの無線通信LSIを開発。スマートメーターやクラウド農業にも最適
また、高周波増幅器を改良したことで、業界トップクラスの無線性能と環境安定性(送信パワーの温度耐性:一般品比で3倍以上)を実現しているため、スマートメーターなど複雑な無線ネットワークの簡素化(中継器削減)が可能となる。

 本商品は2015年12月より量産出荷を開始しており、今後、在中国パートナーとの協業による本商品を搭載した無線モジュールの提供も予定している。

<背景>
近年、地球温暖化抑制を目的に、エネルギーを効率的に利用することが社会的な緊急課題になっています。
中国においては、IoT・M2Mの観点から無線通信を使用するスマートメーターが導入されるようになってきました。また、オフィスやビル全体の照明・空調の最適制御、防犯・防災セキュリティはもちろん、農業など一次産業での収穫量向上や生産の最適化などでも、無線ネットワークを用いてデータを収集し、制御する動きが活発になっています。

<新商品の特長>
業界トップクラスの環境安定性
 中国でのサブギガの主要な帯域である433MHzから510MHzにおいて、送信パワーと受信感度で比類なき環境安定性(耐温度変化、耐電源電圧変化)を実現しています。
これらの安定した無線性能により、マルチホップを扱うスマートメーターなど複雑な無線ネットワークを用いるアプリケーションにおいて、環境変化に対するマージンを考慮することなくネットワーク設計を行えるため、ネットワークの簡素化(中継器削減)・低コスト化に貢献できます。

また、比較的簡単な無線ネットワークを用いる防犯・防災セキュリティなどのアプリケーションにおいても、環境変化に左右されることなく高信頼の通信環境を提供可能です。