日立システムズ、群馬県みなかみ町と農業ICTによる地方創生モデルを共同推進

植物工場IT活用事例セミナー

 群馬県利根郡みなかみ町と、株式会社日立システムズは、農業ICTによる地方創生モデルを共同推進することで合意した。今後、日立システムズは、ビジネスパートナーである株式会社アグリコンパスのノウハウや、アグリコンパスの親会社である三井物産株式会社が有する食品マーケット情報などを活用して、具体的な計画を立案していく。
日立システムズ、群馬県みなかみ町と農業ICTによる地方創生モデルを共同推進
 みなかみ町の人口は1955年の36,000人をピークに下降を続け、現在は約20,000人まで減少し、過疎化・高齢化が進む中で、持続可能な地域づくり推進のため、具体的な振興策づくりが急務となっていました。

農業分野においては、農業従事者の高齢化、耕作放棄地や鳥獣被害の増加など農業振興を図るうえで多くの問題を抱えていますが、持続可能な地域づくりにおいて、担い手となる次世代の育成は喫緊の課題です。

課題解決に向けては、農業を魅力ある産業に転換していく必要がありますが、個々の農家による取り組みだけでは十分であるとは言い難いことから、法人化や農業ベンチャーの育成・誘致を進め、農業を大規模・集約化したうえで、生産性の向上や就労環境の改善、マーケットニーズへのタイムリーな対応などを実現する新たな仕組みが求められています。

 こうした背景を踏まえ、みなかみ町は、民間企業の事業・経営ノウハウを活用することで、より効果的で具体的な振興策を立案、実施したいと考え、農業ICT分野に知見を有し、自治体業務にも精通している日立システムズと農業ICTによる地方創生モデルを共同推進することで合意しました。

■みなかみ町について
 みなかみ町は、群馬県の最北端に位置し古くは三国街道・清水街道が走り、現在は新幹線や高速道路などの広域交通網が整備された県北における交通の要衝となっているほか、利根川源流の町として5つのダムを持ち首都圏の生活と経済を支えていると自負しております。
町内には18の温泉と9つのスキー場を持ち、利根川を活用したアウトドアスポーツも盛んに行われるなど観光と農業が主要産業となっています。

 町では、本年度新設10周年を迎え「みなかみが好き」をキャッチフレーズに多くの記念事業を実施してきました。また、昨年10月には「みなかみ町 まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定したところであり、今後はこの戦略を基本とした施策を展開して行くこととしています。
 詳細は http://www.town.minakami.gunma.jp をご覧下さい。