カゴメによる機能性表示食品「カゴメトマトジュース」が前年比328%を達成

 カゴメ株式会社は、2月2日より全国のコンビニエンスストア、スーパーマーケットなどで発売を開始した機能性表示食品「カゴメトマトジュース」4品の出荷実績が、前年に対して328%を達成した。リコピンは、トマトに含まれる自然由来の栄養素であり、体内の血中HDL(善玉)コレステロールを増やす働きがあることが報告されている。
カゴメによる機能性表示食品「カゴメトマトジュース」が前年比328%を達成
血中コレステロールには、LDL(悪玉)コレステロールやHDL(善玉)コレステロールがあり、過剰な LDL(悪玉)コレステロールは、血管内壁へのコレステロール蓄積を増やし、健康に悪影響を及ぼすことがわかっています。一方、HDL(善玉)コレステロールは血管内壁に溜まったコレステロールを取り除く働きがあります。

リコピンには、血中HDL(善玉)コレステロールを増やす働きがあることが報告されており、本商品は、血中コレステロールが気になる方にお勧めです。

<発売好調の背景>
本商品がトマトを100%使用していることに加え、機能性表示を取得したことで、より健康意識の高い方に飲んでいただけるようになったことが販売好調の一因と捉えています。
特に50代以上の女性の方に好評を頂いております。これは更年期を迎え、血中コレステロール値が上昇する年代と一致するので、この世代の方が血中コレステロール値に注目していると推測されます。

■商品概要
カゴメによる機能性表示食品「カゴメトマトジュース」が前年比328%を達成
■メインターゲット
40代~60代の男女

■商品特長
<4品共通>
◇ 機能性表示食品として“血中コレステロールが気になる方に”とパッケージ正面に表示
◇ トマト100%(濃縮トマト還元)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  2. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  3. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  4. シンガポールでの都市型農業ブーム。自然公園エリアの貸農園も予約待ちへ
     シンガポールの自然公園エリア「ホート・パーク」内に去年の7月より運営を開始している貸農園(レンタル…
  5. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  6. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  7. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  8. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  9. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  10. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 多段式システムでカニを栽培、革新的な生産技術によりシンガポールの食料問題の解決へ
     食料の国内自給率向上を目指すシンガポールでは限られた国土面積であることから、政府が生産品目の選択と…
  2. 大阪府による農福連携イベント。マルシェの開催や植物工場の見学会も実施
     大阪府では、農業の多様な担い手の確保と障がい者の雇用・就労の拡大を図るため、農と福祉の連携「ハート…
  3. パナソニックエコ、施設園芸・低コスト型植物工場をターゲットに局所環境制御技術を導入
     パナソニックエコソリューションズ社は、農産物の生産効率向上と生産者負担の軽減を図る「アグリ・エンジ…
  4. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
ページ上部へ戻る