インロコ、イチゴ植物工場・アクアポニクスなどの食料生産技術の実証施設をオープン

植物工場テクノロジーを集約・実証拠点を構築

 (株)インターナショナリー・ローカル(通称社名:インロコ)では、小規模施設による黒字化ノウハウを活用して、イオンに究極の”店産店消”モデルの植物工場を導入するなど、設備販売・導入事例を増やしつつある[前記事]。 しかし、同社が目指す植物工場ビジネスは始まったばかりである。

現在の人工光型において、ごく限られた果菜類(イチゴなど)を除き、事業採算性が成立する可能性のある作物は葉野菜類に限定されている。
究極の地産地消や都市部での安定した食料供給モデルを実現するためには、葉野菜だけでなく、イチゴやトマトといった果菜類や果物など幅広い食材を生産していく必要がある。

その他、消費者の中には追加的なコストを支払い、有機食品や環境に優しい商品(例えばフードマイレージ・ゼロ商品)を求める人々も存在している。都市部だけでなく、インフラが整っていない離島などに設置する際には、安定した電力供給という問題もあるだろう。

そこで同社では、上記のような課題を解決し、幅広い作物生産や消費者の要望に応えるため、以下のような食料生産技術の実証施設を2016年にオープンした。40フィートコンテナを4台設置し、各コンテナにて異なる作物や生産技術を導入した実証を行っている。
インロコ、イチゴ植物工場・アクアポニクスなどの食料生産技術の実証施設をオープン

① 人工光型植物工場・アクアポニクス融合システム

人工光型栽培と魚の養殖について、それぞれに関しては高い技術力を保有している日本だが、両方を融合したアクアポニクス設備の開発は進んでいない。
商業ベースとして稼働している事例はゼロに等しいが、海外では大型アクアポニクス施設も多く、一部の企業では人工光型システムと融合させ、オーガニック認証を取得した葉野菜を生産・販売する事例もある。

同社においてもティラピアをはじめ、アユなど日本でも食されている魚の飼育を計画しており、魚の有機由来の廃棄物を葉野菜の水耕栽培に利用し、よりサステナブルな生産技術の確立を目指していく、という。

② 太陽光利用型植物工場(トマトの栽培など)

技術的には可能であっても採算性を考慮すると、人工光栽培では葉野菜に限定されている現状において、果菜類や根菜類などを生産するためには太陽光が必要となる。簡易的な高設ベッド栽培によるトマトをはじめ、タマネギ、ブロッコリー、アスパラなど様々な野菜の栽培を計画している。

日照時間としては少ないものの、高温多湿・光量の強い季節が多い沖縄にて実証することで、将来的には大きなマーケットが見込まれる東南アジア市場への事業展開も検討していく。

インロコ、イチゴ植物工場・アクアポニクスなどの食料生産技術の実証施設をオープンインロコ、イチゴ植物工場・アクアポニクスなどの食料生産技術の実証施設をオープン

(左)人工光型植物工場・アクアポニクス融合システム / (右)太陽光利用型のコンテナ生産システム
※ アクアポニクスは、魚の養殖「アクアカルチャー(Aquaculture)」と水耕栽培「ハイドロポニクス(Hydroponics)」を融合させたもの。
詳細記事: 魚の養殖と野菜の水耕栽培を融合したアクアポニクスについて

[ 次記事:植物工場の設備販売とライセンス事業を提供 ]

[ 前記事:イオンに植物工場を併設。都市型農業・店産店消モデルを推進 ]

プロモーション・サービス 商品PR記事 バナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  2. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  3. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  4. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  5. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  6. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  7. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  8. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  9. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
  10. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工のLED照明・高速栽培技術「Shigyo法」が、沖縄県の大手製パンメーカー株式会社ぐしけん…
  2. トヨタ、自動車事業で培った生産管理手法を農業に応用。IT管理ツール「豊作計画」を開発
     トヨタ自動車は、米生産農業法人向けの農業IT管理ツール「豊作計画」を開発し、愛知県と石川県の米生産…
  3. 英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入
     英国の食品・食料品流通関連の調査会社であるIDGによると「意識的に地元食材(ローカルフード)を購入…
  4. 台湾・植物工場マッチング視察ツアーの報告
     人工光型植物工場の稼働施設数では日本に次ぐ世界で2番目に多い台湾。2015年11月19日~22日に…
ページ上部へ戻る