NECプラットフォームズ、上下水道や農業現場における情報の伝達・処理を行う遠隔監視システムを発売

 NECプラットフォームズは、上下水道施設をはじめ、製造業や農業など様々な現場の状態監視を行い、各種通信方式により情報を伝達、処理を行う遠隔監視システム「コルソスCSDJ」を発売開始する。

本製品は、設備稼働状況や故障情報、上下水道施設における水位・流量などの情報を、各種通信インフラを用いて監視・通報する機能がワンパッケージ化されているため、手軽に低コストでの導入が可能な遠隔監視システムとなっている。
NECプラットフォームズ、上下水道や農業現場における情報の伝達・処理を行う遠隔監視システムを発売
■背景
遠隔監視システム「コルソス」シリーズは、1972年の発売開始から長年にわたり、非常通報装置や設備監視装置として企業や自治体に採用されており、特に下水道施設監視においては高いシェアを占めていますが、近年は上水道市場からの要求も高まっています。

その背景には、厚生労働省「新水道ビジョン」(2013年)によると、運転・保守管理に携わる職員の減少、水道事業の統合や広域化の加速による厳しい事業環境の中で、施設監視の省力化や効率化が急務とされている実態があると考えられます。

また、水道市場以外においても、各種設備監視や製造業・農業などあらゆる状態監視を省力化または無人化することによる、効率性の高い、安心・安全な仕組みが求められています。

■価格・出荷開始日
NECプラットフォームズ、上下水道や農業現場における情報の伝達・処理を行う遠隔監視システムを発売

■特長
1.遠隔監視に必要な機能のワンパッケージ化により、簡単かつ低コスト導入を実現
「コルソス」シリーズのコンセプトを継承し、CPUから、デジタル・アナログインタフェース、通信機能、ブラウザ、ソフトウェアまでワンパッケージに収納。これにより、小規模施設においても簡単、かつ低コストでの導入が可能。

2.運用形態や規模に合わせたシステムが選択可能
遠隔監視システム市場においては、スタンドアロン運用、クラウド運用、独自にサーバを持つオンプレミス運用の3パターンのニーズがあるが、コルソスCSDJではいずれの方式にも対応。運用形態や施設の規模により柔軟に選択でき、移行も可能。

3.設置環境やシステム拡張にフレキシブルに対応
拡張IOボードと親子接続により、最大96入力までの増設が可能(注2)。これにより、監視点数の多い大規模な設備にも対応。また、本体は分離設置可能な構造のため、縦設置/横設置の選択や制御盤内のDINレールへの直接取り付けが可能。

4.従来機種との互換性を保持
従来機種からの移行を考慮し、中央監視装置間通信の下位互換を保持。また、音声、FAX、アナログ回線など従来の通報方式にも対応(注3)。そのため、同一システムで従来機種との混在運用も可能。また、取り付け穴の完全互換により設置における互換にも配慮。

(注1)CSDJ-HはCSDJ 親子接続ボードを収容することにより、通報ユニットを増設する親子接続対応が可能となります。最大2台を増設できます。
(注2)親子接続対応はCSDJ-Hのみ可能。
(注3)FAX通報機能付きはCSDJ-Hのみ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  2. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  3. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
  4. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  5. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  6. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  7. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  8. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  9. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  10. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 日立、植物工場生産支援クラウドサービスをグランパ社のドーム型植物工場に採用
     株式会社日立製作所は、植物工場内の生育環境のデータや栽培設備の制御データを収集し、リアルタイムで見…
  2. ネパール・カトマンズ市による都市型農業・屋上ファームの普及、住民へのトレーニングも実施
     ネパールのカトマンズ市は都市型農業や都市緑化を拡大させるため、住民150戸に対して屋上・テラス等の…
  3. ローソン、かんきつ類専門の農業法人を熊本に設立。商品化したものを九州各店舗にて販売
     コンビニ大手のローソンは4月4日、熊本市に同社初のかんきつ類専門の農業生産法人「ローソンファーム熊…
  4. 米国の都市型・植物工場NPO「フード・チェイン」がローカル・フードシステム確立のため30万ドルの資金調達を開始
     米国中東部・ケンタッキー州にて植物工場による都市型農業を推進するNPO組織「フード・チェイン」が加…
ページ上部へ戻る