NECプラットフォームズ、上下水道や農業現場における情報の伝達・処理を行う遠隔監視システムを発売

 NECプラットフォームズは、上下水道施設をはじめ、製造業や農業など様々な現場の状態監視を行い、各種通信方式により情報を伝達、処理を行う遠隔監視システム「コルソスCSDJ」を発売開始する。

本製品は、設備稼働状況や故障情報、上下水道施設における水位・流量などの情報を、各種通信インフラを用いて監視・通報する機能がワンパッケージ化されているため、手軽に低コストでの導入が可能な遠隔監視システムとなっている。
NECプラットフォームズ、上下水道や農業現場における情報の伝達・処理を行う遠隔監視システムを発売
■背景
遠隔監視システム「コルソス」シリーズは、1972年の発売開始から長年にわたり、非常通報装置や設備監視装置として企業や自治体に採用されており、特に下水道施設監視においては高いシェアを占めていますが、近年は上水道市場からの要求も高まっています。

その背景には、厚生労働省「新水道ビジョン」(2013年)によると、運転・保守管理に携わる職員の減少、水道事業の統合や広域化の加速による厳しい事業環境の中で、施設監視の省力化や効率化が急務とされている実態があると考えられます。

また、水道市場以外においても、各種設備監視や製造業・農業などあらゆる状態監視を省力化または無人化することによる、効率性の高い、安心・安全な仕組みが求められています。

■価格・出荷開始日
NECプラットフォームズ、上下水道や農業現場における情報の伝達・処理を行う遠隔監視システムを発売

■特長
1.遠隔監視に必要な機能のワンパッケージ化により、簡単かつ低コスト導入を実現
「コルソス」シリーズのコンセプトを継承し、CPUから、デジタル・アナログインタフェース、通信機能、ブラウザ、ソフトウェアまでワンパッケージに収納。これにより、小規模施設においても簡単、かつ低コストでの導入が可能。

2.運用形態や規模に合わせたシステムが選択可能
遠隔監視システム市場においては、スタンドアロン運用、クラウド運用、独自にサーバを持つオンプレミス運用の3パターンのニーズがあるが、コルソスCSDJではいずれの方式にも対応。運用形態や施設の規模により柔軟に選択でき、移行も可能。

3.設置環境やシステム拡張にフレキシブルに対応
拡張IOボードと親子接続により、最大96入力までの増設が可能(注2)。これにより、監視点数の多い大規模な設備にも対応。また、本体は分離設置可能な構造のため、縦設置/横設置の選択や制御盤内のDINレールへの直接取り付けが可能。

4.従来機種との互換性を保持
従来機種からの移行を考慮し、中央監視装置間通信の下位互換を保持。また、音声、FAX、アナログ回線など従来の通報方式にも対応(注3)。そのため、同一システムで従来機種との混在運用も可能。また、取り付け穴の完全互換により設置における互換にも配慮。

(注1)CSDJ-HはCSDJ 親子接続ボードを収容することにより、通報ユニットを増設する親子接続対応が可能となります。最大2台を増設できます。
(注2)親子接続対応はCSDJ-Hのみ可能。
(注3)FAX通報機能付きはCSDJ-Hのみ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  2. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  3. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  4. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  5. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  6. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  7. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  8. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  9. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  10. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 発電過程から出るCO2と廃熱を植物工場に利用。キャタピラー社とサンセレクトが戦略的提携を発表
     30年以上の太陽光利用型植物工場による高品質野菜の生産を行うサン・セレクト プロデュース社と建設・…
  2. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工のLED照明・高速栽培技術「Shigyo法」が、沖縄県の大手製パンメーカー株式会社ぐしけん…
  3. 西松建設、玉川大学との連携事業・LED植物工場のショールームが完成
     西松建設は4月11日、玉川大学との産学連携事業として開発を進めているLED植物工場について、新規参…
  4. 英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入
     英国の食品・食料品流通関連の調査会社であるIDGによると「意識的に地元食材(ローカルフード)を購入…
ページ上部へ戻る