精密農業のパイオニアFarmers Edgeが三井物産などから5800万カナダ・ドルを調達

 精密農業と独立系データ管理ソリューションで世界をリードするFarmers Edgeは1月27日、三井物産とKleiner Perkins Caufield & ByersのGreen Growth Fund、Osmington Incの3投資家から合計5,800万カナダ・ドルの資金を調達したと発表した。資金はデータサイエンスチームの増強、新規プロジェクトの開発のほか、南米やオーストラリア、東欧への進出に活用する。
精密農業のパイオニアFarmers Edgeが三井物産などから5800万カナダ・ドルを調達

三井物産のOtake氏は「三井物産は今日、穀物やトウモロコシ、大豆など1750万トンの食料資源を毎年調達しなければならない。世界の人口が増加する中で、わが社はこの水準を持続可能な形で増やすよう努めている。その世界的な目標を達成するため、わが社はFarmers Edgeへ最初の投資を行った。
Farmers Edgeは現在、技術的に可能な農業を支援する伝統的なインフラに乏しいブラジルのような地域で事業力を発揮しており、わが社との連携は今後深まっていく」と述べた。

今回の出資企業の一つであるKleiner Perkins Caufield & ByersのGreen Growth Fundのパートナー、ブルック・ポーター氏は「農業では技術による耕作のデジタル化という大きな変動が進行している。世界各地の農業者が複数の作物で収量や利益率の向上を可能にするより良いツールを求める一方、在来の業者はこうした変化に対応が難しくなっている。コストや環境負荷の低減がますます重要となる中で、Farmers Edgeはこの変革をリードしている」と語った。

 Farmers Edgeは急成長期を経て今回の資金調達にこぎ着けた。同社は米国ミネソタ州に米本社を開設し、最も目覚ましく台頭する世界の3地域の穀倉地帯に進出した。ブラジルだけでも、農業生産性が高まる広大な手付かずの市場機会としての耕地面積はほぼ10億エーカーに上る。
Farmers Edgeは多国籍企業を先進的な地域農業経済に橋渡しする提携によって、世界最大規模の農業市場で卓越した技術プロバイダーに浮上している。
精密農業のパイオニアFarmers Edgeが三井物産などから5800万カナダ・ドルを調達

Farmers Edgeのウェード・バーンズ社長兼最高経営責任者(CEO)は「過去10年間でわれわれは世界で最大級の独立系農業ネットワークに成長した。次の成長期に向けてわが社は米国やロシア、オーストラリア、ブラジルなど豊かな市場へ浸透し続ける。
そうした地域では予測モデルで現地を重視するわれわれの手法が、たとえデータの乏しい地帯でも高い収量を生む。最終的なわれわれの目標は世界の最大規模の広さの市場で精密農業を展開し、これまで未開拓だった土地で新世代の穀倉地帯を創造することだ」と強調した。

Kleiner Perkins Caufield & Byersについて
Kleiner Perkins Caufield & Byers(KPCB)は、破壊的なアイデアを、世界を変革するような事業に変えるため、最も有能な企業家たちと提携している。同社は、Amazon、Google、Lending Club、Nest、Twitter、Uber、Mandiantのような先駆的な企業の成長を強化、加速することを支援している。

KPCBは起業家たちに数十年に及ぶ経営上の経験を提供し、彼らを影響力のあるネットワークの中心に置き、彼らの企業を成功からさらに重要なものへと加速させる。KPCBは種子や培養から成長企業までの全段階で投資し、メンロパーク、サンフランシスコ、上海、北京に事業所を置いて活動している。詳しい情報は www.kpcb.com を参照し、Twitter @kpcbでフォロー。

Osmington Inc.について
Osmingtonは1995年に創立され、トムソン・ロイターのデービッド・トムソン会長が所有、管理する民間の商業不動産会社である。Osmingtonは最高度の完全性を持って活動しており、カナダの不動産市場で輝かしい評価を得ている。
同社の投資の焦点は価値創成であり、引き続きそれに集中している。同社の特徴的なプロジェクトには、トロントのユニオン駅のリテール再開発、NHLのアトランタ・スラッシャーズの買収およびウィニペグへの移転、ウィニペグ・ジェッツへの改称が含まれている。

▽Farmers Edgeについて
Farmers Edgeは、精密農業および独立系データ管理ソリューションの世界大手である。Farmers Edgeは農業の新技術の開発、利用を主導し、イノベーションを通じて農業の将来を明示している。Farmers Edgeについての詳しい情報は http://www.farmersedge.ca を参照。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  2. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  3. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  4. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  5. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  6. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  7. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  8. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  9. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  10. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. メトロ・アトランタが都市型農業を拡大するために米国農務省から約2,500万円の補助金を獲得
     非営利団体のメトロ・アトランタ・アーバンファームは米国農務省(USDA)から約2,500万円の助成…
  2. 韓国LGグループによる植物工場・アグリビジネス参入。生産者による反対・LG製品のボイコット運動まで発展
     ビッグデータの解析、製造工場の自動化・知能化などを進める韓国LGグループのLG CNS社は、約35…
  3. インド農家の60%が都市部への移住希望。新たな栽培方法による都市型農業ビジネスにもチャンス
     社会科学などの調査機関であるCSDS(インド・デリー)による調査(State of Indian …
  4. 米国ワシントンDCでも都市型農業法案による支援も。屋上ファームや水耕栽培など幅広い生産方式が出現
     米国のワシントンDCエリアも都市型農業が盛んな地域の一つである。現地のファーマーズ・マーケットでは…
ページ上部へ戻る