イチゴ栽培を可能にした家庭用・小型植物工場向けのLED照明を開発

 ファブレスでLED照明を手掛ける、有限会社クールは、室内で簡単にイチゴ栽培ができる植物工場・LED光源セット販売を、2016年1月21日より開始する。家庭用の人工光型植物工場では、インテリアとしてのデザイン性を優先した商品、水耕栽培に電照機能を付加した簡易栽培商品は販売されているが、同社の商品は光を軸とした商品開発を行い、イチゴが栽培できる環境をつくりあげた。

【製品・サービスの概要】
・対象は現在電照機能付きの装置で植物を栽培され、より高度な栽培を望まれている方。
・小学生、農業系の高校、大学などでの植物栽培用教材。
・ペットが飼えず、室内でペットに代わるものを欲している方。
・子や孫に喜んでもらいたいことを探している年配者。
・健康や環境から庭弄りを希望しても環境が整わない方。
・安全・安心できる野菜を自分で育てたいと考えられている方。

上記のような需要に対し、電球1球(定価3,000円)から光源の販売となります。テスト栽培環境(下段写真)の750cm幅のラックであれば、1棚に5球組み込むことでイチゴ栽培が可能です。

この場合の価格は、電球を取り付けるソケット(800円ほど)が電球の数だけ必要となり、総額で20,000円ほどの販売価格となり、別途栽培する場所となるラックが必要となります。(複数段での栽培であれば、2万円×段数)
イチゴ栽培を可能にした家庭用・小型植物工場向けのLED照明を開発

<3つの特長>
1:白い光でまぶしくない

光合成は赤い光と青い光と教わりましたが、実はほかの色の光でも、多少光合成の効率は落ちますが光合成はできることが証明されています。

このLED電球には複数のLEDチップが組み込まれており、白色のチップのベースは青色LEDチップに蛍光体を塗布することで擬似白色光を発光していますので、組み込まれているいくつかのLEDチップを植物栽培用LEDチップとも呼ばれている660nm波長の赤色光を出すチップに取り替えてあるのです。

波長が長くなったり短くなったりすると人の目には見えにくくなるため、この効果を利用し赤色を組み込みながら人の目にはそれほど赤色の光が含まれていないように感じてしまうのです。結果として人にも植物にも優しい栽培球が出来上がりました。

2:電球を増減することでどんな植物でも栽培可能
電球の形で提供されるため、必要に応じて電球を追加することで栽培する植物に必要な光量が確保できます。

3:電照菊栽培に最適なLED電球
過去に販売されていたLED電球では「赤い光」が付いて周り、作業環境はお世辞にも良いものではありませんでした。この電球は一昨年より愛知県の農業普及課において生産者の下、現在もいろいろなテストが繰り返されていますが、白色の光の下、全く問題なく使用できるLED電球と評価されています。

「家庭内植物工場」 https://www.facebook.com/Myledfarm/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  2. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
  3. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  4. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  5. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  6. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  7. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  8. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  9. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  10. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 台湾「国際果実・野菜見本市」展示会、植物工場プラントメーカーからアクアポニックまで幅広く出展
     前回の紹介記事の通り、台湾のマイ・エグジビション株式会社は、2016年11月10日~11月12日ま…
  2. 大阪府による農福連携イベント。マルシェの開催や植物工場の見学会も実施
     大阪府では、農業の多様な担い手の確保と障がい者の雇用・就労の拡大を図るため、農と福祉の連携「ハート…
  3. 韓国とイスラエルによる共同ドローン開発がスタート。ブドウ畑などハイテク農業用ドローンなどを想定
     韓国とイスラエルの両国がそれぞれの政府支援を受けてドローンの研究開発を実施する、と6月20日に公表…
  4. いすゞ自動車、ミドリムシの開発ベンチャーのユーグレナ社と次世代バイオディーゼルの実用化へ
    いすゞ自動車は2014年6月25日、ミドリムシ(微細藻類ユーグレナ)を用いた製品を展開するバイオベン…
ページ上部へ戻る