富士通とイオンアグリ創造、ベトナムでICTを活用した農業実証事業を開始

 富士通とイオン傘下のイオンアグリ創造、国際協力機構(JICA)は1月下旬より、ベトナムにてITを活用したハイテク農業の実証栽培をスタートする。富士通は昨年より太陽光利用型植物工場による試験栽培を開始しており、今回のPJではハノイ近郊のハナム省と協力し、露地栽培を行う。

富士通とFujitsu Vietnam Ltd.(富士通ベトナム)、イオンアグリ創造株式会社は、国際協力機構ベトナム事務所(JICAベトナム事務所)の支援を受け、ベトナム・ハナム省で、ICTにより、農作業履歴、生育状況、栽培環境情報を収集して活用する日本式農業の有効性を評価する実証事業を2015年10月に開始している。

また2016年1月19日からは、ハノイ市で、ベトナム政府女性連合の調査員がスマートフォンアプリを利用して報告する農作物の市場価格情報を集約する実証事業も開始する。

これらの事業では、2015年1月から1年間、富士通と富士通ベトナムがJICAベトナム事務所の支援を受け、ベトナム・フエ省で行った住民参加型防災システムの有効性評価での実績とノウハウを活用し、ベトナムで導入しやすいスマートフォンを利用して農作業履歴や市場価格などの情報を収集し、富士通のデータセンターで集約・可視化して提供する。イオンアグリ創造は、収集したデータを活用し、農作業を指導を行う。
富士通とイオンアグリ創造、ベトナムでICTを活用した農業実証事業を開始

実施場所
農業実証…ハナム省フーリー市から本実証用に提供される農場約10アール(1000平方メートル)
市場価格情報調査…ハノイ市内

目的
(1)農作業履歴、生育状況、栽培環境情報収集の実現性調査
(2)収集したデータ活用の有効性調査
(3)ベトナムにおける、日本式農業を実践できる人材育成の実現性調査
(4)スーパーマーケットや市場における市場価格情報収集の実現性、および有効性調査

実施内容
(1)ICTを活用した情報収集

[1]農作業履歴:1人ひとりの農作業者が農作業情報収集スマートフォンアプリを使用し、農場に設置されたRFIDタグの情報を読み込むことで、いつ・だれが・どこで・なにを・何時間作業したかを、インターネット経由で富士通のデータ収集蓄積基盤に送信します。
農作業者氏名タグ、農場区画タグ、種まき・散水・施肥などの作業内容タグの中から、農作業者自身の氏名タグや実際に作業する区画、作業内容のラベルが貼られたタグを選んでスマートフォンをかざすだけで、農作業内容を送信できます。

[2]生育状況:農作業者が農作業情報収集スマートフォンアプリを使用し、作物の生育状況(丈の長さ・葉の数・実の数など)、病害虫の発生状況などについて、撮影した写真やコメントを富士通のデータ収集蓄積基盤に送信します。

[3]気象データ:本事業の農場のグリーンハウス内、および屋外に設置した気象センサーにより、温度、湿度、雨量、日照量を1時間、または10分ごとに測定し、富士通のデータ収集蓄積基盤に蓄積します。

[4]土壌データ:本事業の農場に設置した土壌センサーにより、土中水分量、土中温度、電解質などの情報を1日に3回測定し、富士通のデータ収集蓄積基盤に蓄積します。

[5]市場価格情報:ベトナム政府女性連合の13名が、調査員として本事業に参加します。各調査員が同市内のスーパーマーケットや市場の1店舗を担当して野菜の販売価格、産地、状態(写真撮影)などを調査し、市場価格情報収集スマートフォンアプリを使用して送信します。データはインターネット経由で富士通のデータ収集蓄積基盤に蓄積されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  2. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  3. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  4. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  5. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  6. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  7. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  8. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  9. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  10. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 静岡県が先端農業推進セミナーを9/7に開催。平成29年開設リサーチセンターの公募説明も
     静岡県では9月7日、健康長寿に貢献する「農・食・健連携」による産業の活性化をテーマに、県と共同研究…
  2. 富士通など、フィンランドに完全人工光型植物工場を活用する農作物の生産・販売を行う新会社を設立
     富士通株式会社と株式会社富士通九州システムズ(FJQS)は、Robbe's Little Gard…
  3. 米国企業によるカスタマイズされた高度な生産技術支援サービスが展開
     アグリビジネスがハイテク化するにつれて、近年では単なる生産性の向上を追及するだけでなく、環境負荷・…
  4. 米国の都市型・植物工場NPO「フード・チェイン」がローカル・フードシステム確立のため30万ドルの資金調達を開始
     米国中東部・ケンタッキー州にて植物工場による都市型農業を推進するNPO組織「フード・チェイン」が加…
ページ上部へ戻る