サカタのタネ、多品目の種子を効率的にまける高性能半自動播種機を発売

 株式会社サカタのタネは、多品目の種子を効率的にまける高性能半自動播種機『ハシュラクダ』を2016年1月13日から発売する。
野菜から花まで多くの植物に対応できる汎用性と、だれでも簡単に扱える操作性のよさを兼ねそろえているのが特徴です。育苗現場の作業時間の軽減や人件費など生産コストの削減に貢献できます。
サカタのタネ、多品目の種子を効率的にまける高性能半自動播種機を発売

『ハシュラクダ』は真空状態を作り出して種子を吸い上げてまく真空播種機の一種。従来製品と比べて、操作性やメンテナンス性を改良しています。吸い上げた種子を専用のチューブを使い播種用トレーのセル(小穴)に誘導することで、自動的に種をまくことができます。

手のひらサイズの「播種板」と呼ばれるパーツを取り替えるだけで、さまざまなサイズの種子に対応できます。そのため少量多品目の種子を少ない人員で素早くまくことに適しています。1シーズンに多数の品目を扱わなければならない育苗業者はもちろん、自前で苗を作っている大規模農家や生産組合、農業法人、植物工場にも向いています。

 大きさは高さ113cm、長さ120cm、幅42cm。移動や取り扱いが容易で、老若男女だれでも扱えます。また、経験の浅い初心者でも1~2日で習熟することができます。

当社の試算では、『ハシュラクダ』は1~2人の人員で扱うことができて作業性もよいため、処理スピードが遅い手まきや、スピードは速いものの4~5人の人員が必要で導入コストと維持・人件費が高くなる大型の播種機に比べて、トレー1枚あたりの播種コストが抑えられます(別表参照)。

また当社の育苗用培土「プラントプラグ」などの種まき資材とあわせて使うことで一層の作業軽減が図れます。価格はオープン、実勢予想価格は1台150万円(コンプレッサーは別売り)です。全国の当社特約店などを通じて販売します。
サカタのタネ、多品目の種子を効率的にまける高性能半自動播種機を発売

■だれでも使えて作業もメンテナンスもラクダ
 播種機には用途によりさまざまなタイプがあります。大規模な育苗業者や生産組合で使われている大型播種機(ドラムシーダー)、手作業で使われるハンドシーダーなどが一般的です。
ドラムシーダーは時間あたりの播種効率が非常に高いですが、長さ20メートルを超すような大型の設備です。

そのためコストやスペースの関係上、単一品目を大量に生産する利用に適しています。ハンドシーダーは効率性の観点から、直売所レベルの小規模な農家での利用が主です。そのため小~中規模の育苗業者や生産法人からは、生産規模に合うちょうどよいサイズの播種機が望まれていました。『ハシュラクダ』はそうしたニーズに応えています。

 基本的に種子を吸い上げ、まくだけのメカニズムのため作業性に優れています。年齢や性別、習熟度を問わず誰でも簡単に使える高いユーザビリティの実現を目指して設計されています。

電子部品が使われておらず、シンプルなメカニズムのため、メンテナンス性にも優れており、維持管理費も抑えられます。なお名前の由来は、ラクダに似た外観と「楽だ」をかけたものです。「タキゲン製造株式会社」(本社:東京都品川区、代表取締役:瀧原愛子)との共同開発です。

■国内の苗市場と『ハシュラクダ』が提供できる価値
 農家の高齢化、リスク分散やアウトソーシングのトレンドなどを背景に、現在、国内の育苗マーケットは拡大していると推測されます。また果菜類の栽培では、より高い収量を求めて接ぎ木苗の需要が高まっています。

接ぎ木苗の生産では、台木と穂木両方の品種の播種をする必要があります。さらにその組み合わせには農家の好みが生じるため、育苗現場では、今まで以上に多様な品種を扱う必要性が出てきています。『ハシュラクダ』は少量多品目の播種に向くため、こうした利用に応えられます。

 国内では定植シーズンが春に集中するため、必然的に育苗業者の業務も特定の時期に集中することになります。そのため人手不足に陥りやすく、播種のための労働力の確保は課題の1つでした。また多くのスタッフが播種作業に追われて労働過多になりがちでした。

労働量が削減でき、初心者でも使える本商品はこうした現場の課題解決に貢献する商品です。『ハシュラクダ』は大型の播種機に比べて初期費用と人件費が抑えられるため、ある程度の規模の生産組合や農業生産法人なら充分に導入できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  2. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  3. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  4. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  5. シンガポールでの都市型農業ブーム。自然公園エリアの貸農園も予約待ちへ
     シンガポールの自然公園エリア「ホート・パーク」内に去年の7月より運営を開始している貸農園(レンタル…
  6. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  7. 都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル
    米国・地産地消の市場規模は120億ドル  米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50…
  8. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  9. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  10. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. カナダ・エドモント市による法改正、植物工場や屋上菜園など生産方式の明確化
    農業利用に関する土地活用条例が2016年2月から施行  カナダ・エドモント市議会では都市型農業や地…
  2. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工のLED照明・高速栽培技術「Shigyo法」が、沖縄県の大手製パンメーカー株式会社ぐしけん…
  3. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     三菱化学株式会社は、株式会社ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の完全人工光型植物工場システムを…
  4. オーストラリア、農業分野の人材獲得競争が激化
     米国でも農作業員の人材不足を危惧し、さらなる自動化を進める生産者が増えているが、農業大国のオースト…
ページ上部へ戻る