アキレス、強度・耐久性を高めた露地トンネル向け農ビ「ロジーナ」を販売開始

 アキレス株式会社は、従来品に比べ、強度・耐久性等の性能を高めた露地トンネル向け農業用ビニールフィルム『ロジーナ』を2016年1月20日から販売を開始する。
露地栽培で使用されているトンネルフィルムにおいては、農業生産者の作業の効率化や経営改善から、農業用ビニールフィルム(以下、農ビ)の長期使用や保温性改善への期待が高まっています。
アキレス、強度・耐久性を高めた露地トンネル向け農ビ「ロジーナ」を販売開始

 今回の新製品『ロジーナ』は、製造ラインの刷新により、従来品に比べフィルム自体の強度を約20%向上させ、新配合設計の採用で耐久性を高めることで、長期使用を可能にしました。

また、従来品に比べフィルムのしなやかさが改善され、展張や換気作業の効率化も実現したほか、厚さ0.05mm品では、保温剤を添加することで保温性を向上させました。

『ロジーナ』は、ホウレンソウ、コマツナなどの葉物野菜や、スイカ、メロンなどの果菜類など、高品質な農産物の栽培に貢献します。
製品名『ロジーナ』には、当社のロングセラー商品『ロジトンあすか』の性能を高めた後継商品であることと、農ビ本来の特性である「しなやかであたたかい」といったソフトなイメージが込められています。

今回、『ロジーナ』のオリジナルロゴマークを作成し、『ロジーナ』の販促ツールのほか、製品本体にも印刷することで、新製品の認知拡大につなげてまいります。

製品概要
製品名:ロジーナ(露地トンネル向け農業用ビニールフィルム)
発売日:2016年1月20日
厚さ(mm):0.05/0.075
長さ(m):100
幅(cm):185~300

製品特長:
■強度を約20%アップ(当社比)
製造ラインの新設備を導入したことにより、従来品に比べ強度を約20%高めました。

■耐久性を向上
新配合設計により、耐久性を高めました。
厚さ0.075mm品は、従来品に比べ耐久性をさらに強化いたしました。

■新配合によりベタつきを軽減
従来品に比べ、ベタつきを軽減したことで、展張や換気の作業性を向上させました。

■厚さ0.05mm品は保温力アップ
保温剤を添加したことで、寒い時期の栽培に欠かせない保温性をアップしました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  2. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  3. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  4. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  5. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  6. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  7. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  8. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  9. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  10. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 大阪府による農福連携イベント。マルシェの開催や植物工場の見学会も実施
     大阪府では、農業の多様な担い手の確保と障がい者の雇用・就労の拡大を図るため、農と福祉の連携「ハート…
  2. 住友電工、千葉大学と共同にて砂栽培・環境制御による高糖度トマトの収量増大を目指す
     住友電気工業株式会社と千葉大学は、住友電工がこれまで研究開発を進めてきた砂栽培技術と、千葉大の先端…
  3. 「生物農薬」で販売される飛ばないテントウムシ、ハウス内にて長期間の防除効果が期待
     農研機構の「近畿中国四国農業研究センター」は、テントウムシの一種・ナミテントウを飛ばないように改良…
  4. 植物ストレスホルモンを制御する新化合物の開発、乾燥ストレスによる生産性低下の緩和も
     静岡大学の轟 泰司教授および博士課程の竹内 純大学院生と、鳥取大学の岡本 昌憲助教らは、植物のスト…
ページ上部へ戻る