未来の農業を基礎から学ぼう。アクアポニックスの学校「AQUAPONICS ACADEMY」第2期説明会を東京、横浜で開催

株式会社おうち菜園は、アクアポニックスの基礎から体系的に学べる学校「AQUAPONICS ACADEMY」の最終説明会を、1月17日・19日・20日に開催する。
アクアポニックスは、近年世界で注目されている、魚と植物を1つのシステムで一緒に育てる新しい農業で、魚の排出物を微生物が分解し、植物がそれを栄養として吸収、浄化された水が再び魚の水槽へと戻る、地球にやさしい循環型農業です。

【説明会の詳細URL】
http://aquaponics.co.jp/aquaponics-academy-2-orientation-tokyo-yokohama/
※カリキュラム内容、費用、卒業生の声などについてもご案内しています。

<アクアポニックス・アカデミーについて>
アクアポニックスの学校「AQUAPONICS ACADEMY」は、2015年10月に第1期がスタートした、日本初のアクアポニックスの基礎から体系的に学べる学校です。全5回の座学、農場見学、DIYワークショップ(オプション)を通して、アクアポニックスの実践者を増やしています。

<3つの特徴>
1. 実践的な内容
実際にシステムを立ち上げるための知識から海外の最新動向もふまえたビジネスとしての可能性まで、より深く学ぶことができる基礎コースです。

2. 農場見学
実際にシステムを自分の目で見て学ぶ機会も提供。国内の農場を訪問し、実践者の声も聞くことで、学びを身体にしっかりと浸透させていきます。

3. 実践マニュアル付
おうち菜園監修の100ページの実践マニュアルを受講者向けに配布します。

<こんな方に特におすすめ>
・アクアポニックスの基礎から学びたい
・アクアポニックスのシステムを作りたい
・ビジネスとして可能性を検討したい
・世界の最新動向を知りたい
・アクアポニックスのコミュニティに入りたい
・自宅に”自然の循環”を感じる環境を作りたい
・オフィスやカフェに自然の空間を作りたい
・魚と植物を一緒に育ててみたい

【説明会の詳細URL】
http://aquaponics.co.jp/aquaponics-academy-2-orientation-tokyo-yokohama/
同社WEBサイト: http://ouchisaien-onlinestore.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  2. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  3. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  4. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  5. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  6. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  7. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  8. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  9. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  10. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. シカゴの都市型農業、米国農務省による100万ドル以上の補助支援を受けて農地整備・人材育成へ
     シカゴ市は米国の連邦政府補助金として100万ドルをかけて、都市型農業の整備や人材育成、新規事業の支…
  2. KOMPEITO、オフィス向けプレミアム野菜サービスを提供開始
     農業の活性化を目指す、株式会社KOMPEITOは、働く人や企業の健康を促す、オフィス向けプレミアム…
  3. 東芝の植物工場施設が今年末で閉鎖。野菜の生産・販売事業からは撤退・システム販売は継続
     東芝は、神奈川県横須賀市にて稼働させていた完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」…
  4. 住友電工、千葉大学と共同にて砂栽培・環境制御による高糖度トマトの収量増大を目指す
     住友電気工業株式会社と千葉大学は、住友電工がこれまで研究開発を進めてきた砂栽培技術と、千葉大の先端…
ページ上部へ戻る