未来の農業を基礎から学ぼう。アクアポニックスの学校「AQUAPONICS ACADEMY」第2期説明会を東京、横浜で開催

株式会社おうち菜園は、アクアポニックスの基礎から体系的に学べる学校「AQUAPONICS ACADEMY」の最終説明会を、1月17日・19日・20日に開催する。
アクアポニックスは、近年世界で注目されている、魚と植物を1つのシステムで一緒に育てる新しい農業で、魚の排出物を微生物が分解し、植物がそれを栄養として吸収、浄化された水が再び魚の水槽へと戻る、地球にやさしい循環型農業です。

【説明会の詳細URL】
http://aquaponics.co.jp/aquaponics-academy-2-orientation-tokyo-yokohama/
※カリキュラム内容、費用、卒業生の声などについてもご案内しています。

<アクアポニックス・アカデミーについて>
アクアポニックスの学校「AQUAPONICS ACADEMY」は、2015年10月に第1期がスタートした、日本初のアクアポニックスの基礎から体系的に学べる学校です。全5回の座学、農場見学、DIYワークショップ(オプション)を通して、アクアポニックスの実践者を増やしています。

<3つの特徴>
1. 実践的な内容
実際にシステムを立ち上げるための知識から海外の最新動向もふまえたビジネスとしての可能性まで、より深く学ぶことができる基礎コースです。

2. 農場見学
実際にシステムを自分の目で見て学ぶ機会も提供。国内の農場を訪問し、実践者の声も聞くことで、学びを身体にしっかりと浸透させていきます。

3. 実践マニュアル付
おうち菜園監修の100ページの実践マニュアルを受講者向けに配布します。

<こんな方に特におすすめ>
・アクアポニックスの基礎から学びたい
・アクアポニックスのシステムを作りたい
・ビジネスとして可能性を検討したい
・世界の最新動向を知りたい
・アクアポニックスのコミュニティに入りたい
・自宅に”自然の循環”を感じる環境を作りたい
・オフィスやカフェに自然の空間を作りたい
・魚と植物を一緒に育ててみたい

【説明会の詳細URL】
http://aquaponics.co.jp/aquaponics-academy-2-orientation-tokyo-yokohama/
同社WEBサイト: http://ouchisaien-onlinestore.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  2. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  3. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  4. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  5. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  6. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  7. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  8. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  9. ローム、イチゴ植物工場の事業者を2月末まで募集。新規参入向けに栽培ノウハウ提供
     ロームは、自社にて開発したイチゴ栽培を目的とした完全人工光型植物工場の事業化を目指す事業者の募集を…
  10. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 富士通など、フィンランドに完全人工光型植物工場を活用する農作物の生産・販売を行う新会社を設立
     富士通株式会社と株式会社富士通九州システムズ(FJQS)は、Robbe's Little Gard…
  2. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
  3. LED植物工場、玉川大学サイテックファームが日産3200株の施設稼働
     西松建設グループと玉川大学は平成24年1月17日に産学連携協定を結び、フルLED光源を採用した完全…
  4. サカタのタネ・住友化学園芸など、レタスや薬味の栽培用キットを全国ファミマ店舗にて販売
     サカタのタネ、ファミリーマート、住友化学園芸の3社は、野菜や草花などガーデニング分野におけるオリジ…
ページ上部へ戻る