未来の農業を基礎から学ぼう。アクアポニックスの学校「AQUAPONICS ACADEMY」第2期説明会を東京、横浜で開催

株式会社おうち菜園は、アクアポニックスの基礎から体系的に学べる学校「AQUAPONICS ACADEMY」の最終説明会を、1月17日・19日・20日に開催する。
アクアポニックスは、近年世界で注目されている、魚と植物を1つのシステムで一緒に育てる新しい農業で、魚の排出物を微生物が分解し、植物がそれを栄養として吸収、浄化された水が再び魚の水槽へと戻る、地球にやさしい循環型農業です。

【説明会の詳細URL】
http://aquaponics.co.jp/aquaponics-academy-2-orientation-tokyo-yokohama/
※カリキュラム内容、費用、卒業生の声などについてもご案内しています。

<アクアポニックス・アカデミーについて>
アクアポニックスの学校「AQUAPONICS ACADEMY」は、2015年10月に第1期がスタートした、日本初のアクアポニックスの基礎から体系的に学べる学校です。全5回の座学、農場見学、DIYワークショップ(オプション)を通して、アクアポニックスの実践者を増やしています。

<3つの特徴>
1. 実践的な内容
実際にシステムを立ち上げるための知識から海外の最新動向もふまえたビジネスとしての可能性まで、より深く学ぶことができる基礎コースです。

2. 農場見学
実際にシステムを自分の目で見て学ぶ機会も提供。国内の農場を訪問し、実践者の声も聞くことで、学びを身体にしっかりと浸透させていきます。

3. 実践マニュアル付
おうち菜園監修の100ページの実践マニュアルを受講者向けに配布します。

<こんな方に特におすすめ>
・アクアポニックスの基礎から学びたい
・アクアポニックスのシステムを作りたい
・ビジネスとして可能性を検討したい
・世界の最新動向を知りたい
・アクアポニックスのコミュニティに入りたい
・自宅に”自然の循環”を感じる環境を作りたい
・オフィスやカフェに自然の空間を作りたい
・魚と植物を一緒に育ててみたい

【説明会の詳細URL】
http://aquaponics.co.jp/aquaponics-academy-2-orientation-tokyo-yokohama/
同社WEBサイト: http://ouchisaien-onlinestore.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  2. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  3. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  4. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  5. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  6. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  7. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  8. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  9. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  10. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 「生物農薬」で販売される飛ばないテントウムシ、ハウス内にて長期間の防除効果が期待
     農研機構の「近畿中国四国農業研究センター」は、テントウムシの一種・ナミテントウを飛ばないように改良…
  2. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
  3. 植物工場向け環境制御システム開発のホーヘンドールンがメキシコにトレーニングセンター開設
     太陽光利用型植物工場・施設園芸の大手環境制御システム会社でオランダのHoogendoorn(ホーヘ…
  4. 大林組、植物工場ベンチャーのスプレッドと提携。日産3万株の大規模施設を検討
     株式会社スプレッドは同社が開発した完全人工光型植物工場”Vegetable Factory(TM)…
ページ上部へ戻る