失敗しない植物工場セミナーを名古屋でも開催「設備メーカーの技術・ノウハウを全て開示」

 植物工場プラントメーカーで多くの導入実績を持つアグリウェーブ株式会社では、2016年2月12日に東京にて開催した植物工場セミナーを4月21日に名古屋でも開催する。なお、特別特典として、お申込の際に通信欄に「イノプレックスWEBサイトより申込」という旨を記載して頂ければ、受講料が10%割引となります。

★植物工場セミナー詳細申込★
 URL: http://agri-wave.com/agw/seminar/index.html
お申込の際、通信欄に「イノプレックスWEBサイトより申込」という旨を記載して下さい。受講料が10%割引となります。

植物工場の技術・ノウハウを全て開示
世界一安価で高性能な植物工場を自分たちで作れる

失敗しない植物工場セミナー「設備メーカーの技術・ノウハウを全て開示」 人工光に限定した場合でも近年、植物工場プラントメーカーが急増しているが、導入実績や栽培指導の経験が少なく、具体的な栽培ノウハウを保持していないケースが多い。

一方で、植物工場による野菜の生産を検討する企業も多く、既に人工光だけでも全国に150カ所以上の施設が稼働しており、参入企業は農業・食には関係のない、IT、製造メーカー、建設業、医療・社会福祉法人など多岐に渡る。

こうした新規参入企業は植物工場に関する情報・知識が不足しており、設備プラントメーカーが提示する見積額一式を、そのまま受け入れる傾向があり、非常に大きな設備コストをかけ、大きな減価償却費が経営を圧迫し、収支が合わない施設も多い。

 そこで、信州大学繊維学部内「先進植物工場研究教育センター」や京都府立大学にて共同研究を行い、最新の解析装置を用いた生物の分析や、高機能野菜の栽培研究を行うとともに、新規参入企業への多数の設備導入実績をもつアグリウェーブ(株)では、長年の経験で培ってきた技術やノウハウをすべて開示するセミナーを2016年4月21日(木)に開催する。

自分たちで作ることで数千万円のコストダウンも可能

 設備プラントメーカーによる一式・一括購入ではなく、各資材メーカーから調達・組み合わせることで、太陽光利用型植物工場のケースだが、弊社でも当初の3~5億円の投資額が、細かい調査・各資材選定により、約1億円近くまで下がった経験もある。

今回のセミナーでは、技術やノウハウをすべて開示することで、参加者は自社で植物工場を作ることができる様になる。小規模もしくはコンテナタイプの植物工場であっても数百万円のコストダウンが可能となり、中型・大型の植物工場にもなれば数千万円のコストダウンも実現できる。

使うものは自分で決める
植物工場メーカーが植物工場を提供する場合は、部材調達や施工をすべて1パックで行う事が通常。しかし、この業態では実際の原価がどれほどかかっているのかが不透明であり、施主様とメーカーとの間に不信感が生まれてしまいがちとなる。
失敗しない植物工場セミナー「設備メーカーの技術・ノウハウを全て開示」

もし自社で部材を調達できれば、すべての原価がクリアーになり、効率よく部材を選ぶ事が出来る。そこには植物工場メーカーの希望や思惑は含まれないので、より良い部材をより良い価格で調達出来るからだ。

本セミナーを 10% 割引にて提供(弊社サイト特典)

  • 私たちは、これまで作ってきたコンテナ型植物工場の図面や構成、仕入れ方法まで開示します。
  • このセミナーに参加された人は、翌日から植物工場メーカーになることもできます。
  • 同業者の皆様やもっと手軽に野菜工場に参入したい皆様、弊社の高品質の植物工場の仕組みを学ぶ最後の機会になるかもしれません。

セミナー概要「失敗しない植物工場」
・開催日: 2016年4月21日 木曜日
・時間: 9:45~16:15
・会場: 名古屋市「瑞穂生涯学習センター第4集会室」
・主催: アグリウェーブ株式会社

★植物工場セミナー詳細申込★
 URL: http://agri-wave.com/agw/seminar/index.html
お申込の際、通信欄に「イノプレックスWEBサイトより申込」という旨を記載して下さい。受講料が10%割引となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  2. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  3. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  4. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  5. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  6. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  7. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  8. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  9. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  10. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国における学校・教育向け施設園芸・植物工場が増加。農家と学校をコーディネートするNPO団体の貢献も大きい
     米国フィラデルフィアにあるストロベリー・マンション高校に併設する敷地内にて、新たに太陽光パネルを導…
  2. 植物工場による静岡県内最大の高糖度トマトの施設園芸拠点へ
     静岡県や小山町、生産者ら17団体でつくる「富士小山次世代施設園芸推進コンソーシアム」 は5月下旬か…
  3. 植物工場向け環境制御システム開発のホーヘンドールンがメキシコにトレーニングセンター開設
     太陽光利用型植物工場・施設園芸の大手環境制御システム会社でオランダのHoogendoorn(ホーヘ…
  4. タキイ種苗、トマト黄化葉巻病耐病性の大玉トマト「桃太郎ピース」を発売
     タキイ種苗株式会社は、2014年の新品種として食味と秀品性にすぐれ、夏場のハウス栽培にて急速に発生…
ページ上部へ戻る