インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進

イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設

[前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカル(通称社名:インロコ)では小規模施設での黒字化を達成した後、その運営ノウハウを活用してイオンに ”店産店消” モデル型の植物工場を導入した。同社の設備が導入された場所は、2015年4月末にオープンした「イオンモール沖縄ライカム」である。

この「イオンモール沖縄ライカム」は、米軍用地返還後の早期事業化のモデルケースとして位置づけられるともに、国内外から年間 約690万人の観光客が訪問する沖縄県にて、地元住民だけでなく観光客も楽しめるような日本・沖縄発の本格的な食のエンターテイメントを提供することで「アジアNo1. リゾートモール」を目指したものである。

そこで、沖縄県内最大規模となる同ショッピングモールは新コンセプト・ストア『イオンスタイル』として、新しい総合業態に挑戦しているのだ。

モール内には、沖縄美ら海財団とコラボした大型水槽「ライカム・アクアリウム」が導入され、観光コンシェルジュの設置、琉球の食・文化の体験イベントの定期開催やインバウンド需要にも対応した「コジマ×ビッグカメラ」による大型家電販売スペースなどもある。
こうした新たな価値の提案の一つに「イオンスタイル ライカム店」の北入り口に設置されたのが同社のコンテナ型植物工場である。

インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進設置された3台のコンテナ型植物工場のうち、2台のスペースにて生産を行っており、残りの1台は作業スペースとして活用している。

コンテナ型植物工場は、カフェ(ネスレ 美らフェ)と併設した形となっており、収穫したサラダ・惣菜をカフェ内でも提供するとともに、同フロア内のスーパーでも大きな販売スペースを確保して、収穫したばかりの植物工場野菜を販売している。

収穫時間を商品に記載・究極の地産地消を実現

 生産品目はアイスプラント、沖縄野菜が含まれる「しまベビーのサラダ」、ハーブ系としてルッコラ、バジル、クレソンの他、人気が高まっているケールといった野菜を生産しており、沖縄県内のスーパーでは見かけることが非常に少ない希少価値のある商品を「デライト・フーズ」ブランドとして提案している。小売価格は商品によって198円と138円の2つに分かれている。

インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進イオンスタイル店内の販売棚では、植物工場による生産方法や品質、レシピ等に関する情報発信が行われており、消費者における最大の訴求ポイントは「新鮮さ」となる。

植物工場による無農薬・安定生産の他、併設施設により収穫した商品がすぐに販売できる点が大きなメリットとなる。
通常は収穫から1時間程度、短い時には10分程度で商品が陳列されており、「超」新鮮野菜を実現している

各品目の収穫時間は、スーパー内の売場や植物工場に設置されたモニターにてスケジュールを表示するとともに、各商品パッケージには収穫日と収穫した時刻が記載されている(写真:同社が販売する商品パッケージ例。写真は”わさび菜”)。

こうしたスーパーと植物工場を併設・一体化した事業モデルは全国初であり、同社では今後、スーパーやレストラン等の消費・購入場所に近い ”地産地消型” の植物工場モデルの展開を計画している。

[ 次記事:イチゴ植物工場・アクアポニクス実証施設をオープン ]

[ 前記事:インロコ、小規模植物工場・地産地消モデルでの黒字化へ ]

プロモーション・サービス 商品PR記事 バナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  2. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  3. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  4. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  5. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  6. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  7. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  8. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  9. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  10. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. メトロ・アトランタが都市型農業を拡大するために米国農務省から約2,500万円の補助金を獲得
     非営利団体のメトロ・アトランタ・アーバンファームは米国農務省(USDA)から約2,500万円の助成…
  2. タキイ種苗、トマト黄化葉巻病耐病性の大玉トマト「桃太郎ピース」を発売
     タキイ種苗株式会社は、2014年の新品種として食味と秀品性にすぐれ、夏場のハウス栽培にて急速に発生…
  3. フットボール49ersスタジアムにて屋上菜園を実践。都市型農業を通じて環境保全・地域貢献へ
     フットボール・チームのサンフランシスコ・フォーティナイナーズの本拠地「リーバイス・スタジアム」では…
  4. 家庭用プリンタで土壌水分センサーなどの電子回路を安価に大量生産
     東京大学の川原圭博准教授らは、家庭用インクジェットプリンタを用いて様々な電子回路素子を短時間で印刷…
ページ上部へ戻る