三協立山など、アルミ製の植物工場ラック「アルファーム」を発売

 三協立山・三協マテリアル社は、アルミ製の植物工場用ラック<完全人工光型水耕栽培専用>「アルファーム」を発売する。「アルファーム」はフレームや接合部材にアルミ形材を使用しているため、錆びに強く、湿度の高い栽培環境下でも美しい外観を保つことができます。

アルミ製のため同サイズのスチール製ラックと比べ重量が約1/3と軽く、棚をユニット化していることから、設置場所での施工性を高めています。また、ラックに積載する荷重や剛性など、お客様のご使用条件にあわせて、オーダーメイド製作も可能です。
三協立山など、アルミ製の植物工場ラック「アルファーム」を発売

【特長】
1.施工性の高いユニットラック

・棚をユニット化しているため、設置場所での施工性を高めています。また、お客様のご要望にあわせた納品パターンにも対応可能です。

 <納品パターン>
(1)棚ユニットと柱材のセットでの納品
(2)組立完成品での納品
(3)ノックダウン(部材をバラバラの状態)での納品

2.軽くて丈夫なフレーム
・水耕栽培専用に構造設計したラックのため、棚がたわみにくく、揺れにも強い設置安定性と高強度化を実現しました。
※補強板の設置箇所は設計仕様により異なることがあります。

3.配線カバーの取り付けが可能
・柱材にカバーを取り付けることで配線をすっきり収納することができます。また、取り外し可能なため、メンテナンスも容易です。

4.装備品の取り付けが可能
・装備品(LED ユニットなど)の取り付け方法、必要な機能、サイズ、使用条件など、お客様の要望に合わせたオーダーメイド設計が可能です。
三協立山など、アルミ製の植物工場ラック「アルファーム」を発売

サイズ・重量:基本寸法
W 2,800 / H 2,500 / D 900 mm、棚有効5段、製品重量71kg

参考価格
上記サイズの場合、棚ユニット、柱材、部品類一式(梱包・輸送費は別途)
1台あたり15万円(ロット10台以上を想定した量産価格)
※ロット数や仕様などにより価格は異なります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  2. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  3. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  4. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  5. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  6. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  7. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  8. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  9. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  10. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 家庭用プリンタで土壌水分センサーなどの電子回路を安価に大量生産
     東京大学の川原圭博准教授らは、家庭用インクジェットプリンタを用いて様々な電子回路素子を短時間で印刷…
  2. 植物工場先進国オランダ、2015年農産品輸出額が過去最高。世界2位のポジション維持
     果菜類の生産が中心となる太陽光利用型植物工場の分野では先進国であるオランダについて、2015年の農…
  3. 米国の都市型・植物工場NPO「フード・チェイン」がローカル・フードシステム確立のため30万ドルの資金調達を開始
     米国中東部・ケンタッキー州にて植物工場による都市型農業を推進するNPO組織「フード・チェイン」が加…
  4. 愛媛県による新品種「紅い雫」を開発、高級イチゴとして11月下旬より出荷予定
     愛媛県が開発したイチゴの新品種を「紅(あか)い雫(しずく)」と名付け、6月25日に農林水産省へ品種…
ページ上部へ戻る