三協立山など、アルミ製の植物工場ラック「アルファーム」を発売

 三協立山・三協マテリアル社は、アルミ製の植物工場用ラック<完全人工光型水耕栽培専用>「アルファーム」を発売する。「アルファーム」はフレームや接合部材にアルミ形材を使用しているため、錆びに強く、湿度の高い栽培環境下でも美しい外観を保つことができます。

アルミ製のため同サイズのスチール製ラックと比べ重量が約1/3と軽く、棚をユニット化していることから、設置場所での施工性を高めています。また、ラックに積載する荷重や剛性など、お客様のご使用条件にあわせて、オーダーメイド製作も可能です。
三協立山など、アルミ製の植物工場ラック「アルファーム」を発売

【特長】
1.施工性の高いユニットラック

・棚をユニット化しているため、設置場所での施工性を高めています。また、お客様のご要望にあわせた納品パターンにも対応可能です。

 <納品パターン>
(1)棚ユニットと柱材のセットでの納品
(2)組立完成品での納品
(3)ノックダウン(部材をバラバラの状態)での納品

2.軽くて丈夫なフレーム
・水耕栽培専用に構造設計したラックのため、棚がたわみにくく、揺れにも強い設置安定性と高強度化を実現しました。
※補強板の設置箇所は設計仕様により異なることがあります。

3.配線カバーの取り付けが可能
・柱材にカバーを取り付けることで配線をすっきり収納することができます。また、取り外し可能なため、メンテナンスも容易です。

4.装備品の取り付けが可能
・装備品(LED ユニットなど)の取り付け方法、必要な機能、サイズ、使用条件など、お客様の要望に合わせたオーダーメイド設計が可能です。
三協立山など、アルミ製の植物工場ラック「アルファーム」を発売

サイズ・重量:基本寸法
W 2,800 / H 2,500 / D 900 mm、棚有効5段、製品重量71kg

参考価格
上記サイズの場合、棚ユニット、柱材、部品類一式(梱包・輸送費は別途)
1台あたり15万円(ロット10台以上を想定した量産価格)
※ロット数や仕様などにより価格は異なります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  2. 都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル
    米国・地産地消の市場規模は120億ドル  米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50…
  3. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  4. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  5. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  6. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  7. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  8. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  9. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  10. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 大阪府による農福連携イベント。マルシェの開催や植物工場の見学会も実施
     大阪府では、農業の多様な担い手の確保と障がい者の雇用・就労の拡大を図るため、農と福祉の連携「ハート…
  2. 日本マイクロソフトの社員食堂が日本野菜ソムリエ協会認定、植物工場野菜の販売も
     日本マイクロソフト株式会社と、社員食堂「One Microsoft Café」を受託運営しているエ…
  3. 西松建設、玉川大学との連携事業・LED植物工場のショールームが完成
     西松建設は4月11日、玉川大学との産学連携事業として開発を進めているLED植物工場について、新規参…
  4. 愛媛県による新品種「紅い雫」を開発、高級イチゴとして11月下旬より出荷予定
     愛媛県が開発したイチゴの新品種を「紅(あか)い雫(しずく)」と名付け、6月25日に農林水産省へ品種…
ページ上部へ戻る