リンガーハット「ロボット導入実証事業」で生ぎょうざ直売所「GYOZA LABO」を開始

 株式会社リンガーハットは、初めて生ぎょうざ直売所「GYOZA LABO」を併設した店舗「リンガーハット 新宿神楽坂店」を12月21日にリニューアルオープンする。本店舗では2016年1月中旬より約3か月間、経済産業省のロボット導入実証事業として「アーム型ロボット」が期間限定で登場し、生ぎょうざをピッキング・箱詰めする。
リンガーハット「ロボット導入実証事業」で生ぎょうざ直売所「GYOZA LABO」を開始

■リンガーハット初!「GYOZA LABO」で国産野菜100%の「生ぎょうざ」を店頭販売
本店舗では、リンガーハットではじめて生ぎょうざ直売所「GYOZA LABO」を併設し、「生ぎょうざ」を店頭で製造・販売いたします。弊社は「国産野菜100%」にこだわって全商品をお届けしておりますが、今回製造・販売する「生ぎょうざ」も「国産野菜100%」となります。価格は「生ぎょうざ」10個入りのパッケージが、1パック250円(税抜)です。

■「GYOZA LABO」では2016年1月中旬より期間限定でロボットがお仕事!
「GYOZA LABO」に、経済産業省のロボット導入実証事業として、餃子のピッキング作業を行うロボットが1月中旬より期間限定で登場予定です。このロボットは、成形された「生ぎょうざ」をピッキングし、トレイに定量で配置することができます。店舗の外からガラス越しにロボットによる製造を見ていただけるようになる予定です。

■ロボット導入実証事業について
今年6月に経済産業省がロボット導入実証事業の募集を行い、弊社もその中の1社として採択されました。餃子のピッキング作業を行うロボットは、この事業の一環として導入されます。
ロボット導入による効果としては、[1]クリーンかつ近代的な食品製造過程のアピール、[2]省力化による人的経費の削減があげられます。それ以外にも、食小売の対する先進性の普及効果があると考え、実証成果確認後もロボットの導入を推進していく予定です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  2. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  3. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  4. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  5. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  6. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  7. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  8. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  9. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  10. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. パナソニック、シンガポールにて人工光型植物工場を稼働。日本食レストラン大戸屋と提携
     パナソニック・ファクトリーソリューションズ・アジアパシフィック(PFSAP)(以下、パナソニック)…
  2. オリックス不動産、兵庫県養父市の植物工場にて初収穫
     廃校になった養父市大屋町門野の旧市立南谷小学校体育館を活用し、オリックスグループが開設した植物工場…
  3. 「獺祭」の旭酒造が富士通のITクラウド農業を活用しながら原料生産へ
     富士通は8月4日、日本酒「獺祭(だっさい)」で知られる「旭酒造」と、栽培が難しい酒米「山田錦」の生…
  4. インド農家の60%が都市部への移住希望。新たな栽培方法による都市型農業ビジネスにもチャンス
     社会科学などの調査機関であるCSDS(インド・デリー)による調査(State of Indian …
ページ上部へ戻る