らでぃっしゅぼーや、遺伝子検査のH&BPと『健康弁当』の宅配事業で協業

らでぃっしゅぼーや株式会社は2015年12月15日、遺伝子検査の第一人者である株式会社ヘルスケア&ビューティパートナー(H&BP)と商品開発や販売の協業を行う。今後は、H&BP社が培ってきた遺伝子分析のノウハウを活用することも視野にいれ、らでぃっしゅぼーやが厳選した食材を使用した“お弁当”や“スープ”を開発予定となっている。

昨今の人口動態からもメタボ世代の増加(=生活習慣病の増加)は顕在化しており(※下図)、そこを解決する商材のひとつとして、メタボ対策やカロリーコントロールを目的とする方をターゲットにした『健康弁当(仮称)』の協同開発に至りました。『健康弁当(仮称)』は肥満(+予備軍)の方にとってダイエットや健康維持等の社会課題、生活課題を解決する商品の一つになると言えます。
らでぃっしゅぼーや、遺伝子検査のH&BPと『健康弁当』の宅配事業で協業らでぃっしゅぼーや、遺伝子検査のH&BPと『健康弁当』の宅配事業で協業

■ダイエットにも健康にもよい『健康弁当(仮称)』
『健康弁当(仮称)』はらでぃっしゅぼーやの推奨の食材を使用した、冷凍のお弁当です。管理栄養士による体質改善(ダイエット含む)のノウハウをもったH&BPとらでぃっしゅぼーやとでメニューを協同で手がけます。
販売開始は2016年2月予定。発売スタート期には健康維持への意識の高いH&BPのお客様を中心に販売し、その後、らでぃっしゅぼーやのお客様へと販売チャネルを拡大していきます。

株式会社ヘルスケア&ビューティーパートナー(H&BP)
2007年設立。疾病予防と体質改善(ダイエット含む)のプライベートコンシェルジュをコンセプトに置いた、健康産業事業を展開。医師、博士、管理栄養士、サプリメントアドバイザー等の専門家が所属。遺伝子、血液検査データ、生活習慣を基にした栄養指導ノウハウと実績データを所有。

より良いサービス提供のため、2009年1月から「東京大学先端科学技術センター辻特任助教」と遺伝学・生化学・栄養学を基にした改善提案についての解析における共同研究を開始しています。個人遺伝情報取扱協議会(CPIGI)の認定申請中。CPIGI認定は、適正な消費者向け遺伝子検査サービスの流通を促すため、平成27年度より当協議会が運用を開始する新しい制度です。

らでぃっしゅぼーや株式会社
1988年創業。有機・低農薬野菜、無添加食品、環境にやさしい日用品等の個別宅配事業を展開。会員数は約14万世帯。創業以来、安心・安全でおいしい商品を追求し、独自の厳しい環境保全型生産基準「RADIX」(商品取扱基準)に基づいた商品を提供しています。旬の野菜のセットボックス『ぱれっと』が看板商品。
安全で環境にやさしい商品を選ぶという、持続可能なライフスタイルを提案し続けています。近年「健康」にフォーカスした商品開発にも力をいれており、サプリメント販売や機能性表示取得などの取り組みにも力をいれています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  2. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  3. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  4. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  5. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  6. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  7. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
  8. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  9. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  10. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. シカゴの都市型農業、米国農務省による100万ドル以上の補助支援を受けて農地整備・人材育成へ
     シカゴ市は米国の連邦政府補助金として100万ドルをかけて、都市型農業の整備や人材育成、新規事業の支…
  2. 静岡県が先端農業推進セミナーを9/7に開催。平成29年開設リサーチセンターの公募説明も
     静岡県では9月7日、健康長寿に貢献する「農・食・健連携」による産業の活性化をテーマに、県と共同研究…
  3. 韓国LGグループによる植物工場・アグリビジネス参入。生産者による反対・LG製品のボイコット運動まで発展
     ビッグデータの解析、製造工場の自動化・知能化などを進める韓国LGグループのLG CNS社は、約35…
  4. エチオピアの家族経営農家を支援。サステナブル農法「水滴収集グリーンハウス」を提案
     エチオピアの家族経営・小規模農家を支援する組織「ルーツ・アップ」では、小規模でも独立・採算性を確保…
ページ上部へ戻る