らでぃっしゅぼーや、遺伝子検査のH&BPと『健康弁当』の宅配事業で協業

らでぃっしゅぼーや株式会社は2015年12月15日、遺伝子検査の第一人者である株式会社ヘルスケア&ビューティパートナー(H&BP)と商品開発や販売の協業を行う。今後は、H&BP社が培ってきた遺伝子分析のノウハウを活用することも視野にいれ、らでぃっしゅぼーやが厳選した食材を使用した“お弁当”や“スープ”を開発予定となっている。

昨今の人口動態からもメタボ世代の増加(=生活習慣病の増加)は顕在化しており(※下図)、そこを解決する商材のひとつとして、メタボ対策やカロリーコントロールを目的とする方をターゲットにした『健康弁当(仮称)』の協同開発に至りました。『健康弁当(仮称)』は肥満(+予備軍)の方にとってダイエットや健康維持等の社会課題、生活課題を解決する商品の一つになると言えます。
らでぃっしゅぼーや、遺伝子検査のH&BPと『健康弁当』の宅配事業で協業らでぃっしゅぼーや、遺伝子検査のH&BPと『健康弁当』の宅配事業で協業

■ダイエットにも健康にもよい『健康弁当(仮称)』
『健康弁当(仮称)』はらでぃっしゅぼーやの推奨の食材を使用した、冷凍のお弁当です。管理栄養士による体質改善(ダイエット含む)のノウハウをもったH&BPとらでぃっしゅぼーやとでメニューを協同で手がけます。
販売開始は2016年2月予定。発売スタート期には健康維持への意識の高いH&BPのお客様を中心に販売し、その後、らでぃっしゅぼーやのお客様へと販売チャネルを拡大していきます。

株式会社ヘルスケア&ビューティーパートナー(H&BP)
2007年設立。疾病予防と体質改善(ダイエット含む)のプライベートコンシェルジュをコンセプトに置いた、健康産業事業を展開。医師、博士、管理栄養士、サプリメントアドバイザー等の専門家が所属。遺伝子、血液検査データ、生活習慣を基にした栄養指導ノウハウと実績データを所有。

より良いサービス提供のため、2009年1月から「東京大学先端科学技術センター辻特任助教」と遺伝学・生化学・栄養学を基にした改善提案についての解析における共同研究を開始しています。個人遺伝情報取扱協議会(CPIGI)の認定申請中。CPIGI認定は、適正な消費者向け遺伝子検査サービスの流通を促すため、平成27年度より当協議会が運用を開始する新しい制度です。

らでぃっしゅぼーや株式会社
1988年創業。有機・低農薬野菜、無添加食品、環境にやさしい日用品等の個別宅配事業を展開。会員数は約14万世帯。創業以来、安心・安全でおいしい商品を追求し、独自の厳しい環境保全型生産基準「RADIX」(商品取扱基準)に基づいた商品を提供しています。旬の野菜のセットボックス『ぱれっと』が看板商品。
安全で環境にやさしい商品を選ぶという、持続可能なライフスタイルを提案し続けています。近年「健康」にフォーカスした商品開発にも力をいれており、サプリメント販売や機能性表示取得などの取り組みにも力をいれています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  2. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  3. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  4. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  5. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  6. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  7. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  8. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  9. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  10. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 発電過程から出るCO2と廃熱を植物工場に利用。キャタピラー社とサンセレクトが戦略的提携を発表
     30年以上の太陽光利用型植物工場による高品質野菜の生産を行うサン・セレクト プロデュース社と建設・…
  2. ネパール・カトマンズ市による都市型農業・屋上ファームの普及、住民へのトレーニングも実施
     ネパールのカトマンズ市は都市型農業や都市緑化を拡大させるため、住民150戸に対して屋上・テラス等の…
  3. 東芝の植物工場施設が今年末で閉鎖。野菜の生産・販売事業からは撤退・システム販売は継続
     東芝は、神奈川県横須賀市にて稼働させていた完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」…
  4. 1日1万株の国内最大級の植物工場 「柏の葉スマートシティ」にて本格稼働
     株式会社みらいと三井不動産株式会社は「柏の葉スマートシティ」において国内最大級の植物工場「柏の葉 …
ページ上部へ戻る