東京エレクトロンデバイス、植物工場を活用した究極鮮度の「今摘み野菜」を届けるサービス「Water Farmer」を提供開始

東京エレクトロン デバイスは、人工光型植物工場システムを活用した究極鮮度の「今摘み野菜」を届けるサービス「Water Farmer(ウォーター・ファーマー)」を12月9日より提供を開始する。「Water Farmer」は、専用の野菜カートリッジを使って野菜を栽培し、収穫直前の状態でお客様に配送する究極鮮度の「今摘み野菜」を提供するサービスとなっている。
東京エレクトロン、植物工場を活用した究極鮮度の「今摘み野菜」を届けるサービス「Water Farmer」を提供開始東京エレクトロン、植物工場を活用した究極鮮度の「今摘み野菜」を届けるサービス「Water Farmer」を提供開始

■Water Farmerについて
「Water Farmer」は、専用の野菜カートリッジを使って野菜を栽培し、収穫直前の状態でお客様に配送する究極鮮度の「今摘み野菜」を提供するサービスです。種まきをしてから3~6週間の栽培期間を経過した後、横浜市都筑区のWater Farmerセントラルファームから野菜カートリッジを出荷し、お客様が利用する水耕栽培装置「Water Farmer Auto Planter」に組み込みます。

野菜カートリッジは、契約内容に基づき定期的に配送を行います。今回、開発した「Water Farmer Auto Planter」は、野菜の栽培に適したLED照明を搭載し、専用の野菜カートリッジで野菜を栽培することができる水耕栽培装置です。ケースの中で栽培するためホコリや雑菌などの付着の心配が少なく、病気や害虫被害のリスクもほとんどありません。

天候に左右されず日光の当たらない室内でも簡単に栽培が可能で、観賞用の植物のように野菜の成長を楽しみながら育てることができます。野菜カートリッジで提供される野菜は、生育と保存を同時に行う保持栽培技術により、食べごろな状態で安心・安全な「今摘み野菜」としていつでも収穫することが可能です。

■ Water Farmerの特長
・究極鮮度の野菜が食べる直前でいつでも収穫できる。
・自動栽培システムにより栽培の手間がかからない。
・生育と保存を同時に行う保持栽培技術により廃棄ロスが少ない。

■ Water Farmerの栽培品種
フリルアイス、ハンサムレッド、サラダコマツナ、ワサビナ、カラシナ、赤カラシナ、ロメインレタス、サンチュ、赤サンチュ、クレソン、ルッコラ、ミズナ(紅)、青シソ、ベビーリーフ、レッドオーク など15種類

■ 収穫量(Water Farmer Auto Planter 1台あたり)
フリルレタス換算でおよそ240~2700株/月

■ 月額利用料
初期費用不要で、98,000円(税抜)から(3年契約の場合)

■ 今後の展開について
レストランやホテルなど飲食サービス業、保育園、老人ホームなどの社会福祉施設をターゲットとして、国内、ASEAN地域を中心に今後3年間で10億円の販売を計画しています。また2016年春頃からはIoTを活用した「野菜栽培の見える化」を行い、温度・湿度・照度など栽培環境の管理や消費状況を把握するシステムを構築し、より良いサービス提供に向け、プラットフォーム化を推進していく予定です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  2. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  3. ローム、イチゴ植物工場の事業者を2月末まで募集。新規参入向けに栽培ノウハウ提供
     ロームは、自社にて開発したイチゴ栽培を目的とした完全人工光型植物工場の事業化を目指す事業者の募集を…
  4. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  5. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  6. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  7. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  8. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  9. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  10. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. イギリスにおける施設園芸の技術開発機関、LED光源・多段式を採用した植物工場が稼働
     イギリスのストックブリッジ・テクノロジー・センターでは、民間企業と連携しながら、LED光源による補…
  2. 2050年までに25億人以上が新たに都市部住民へ。加速する都市型農業の必要性
     国連レポートによると、世界の70億人の人々の半数以上が、東京やデリー、上海、メキシコシティ、サンパ…
  3. メトロ・アトランタが都市型農業を拡大するために米国農務省から約2,500万円の補助金を獲得
     非営利団体のメトロ・アトランタ・アーバンファームは米国農務省(USDA)から約2,500万円の助成…
  4. KOMPEITO、オフィス向けプレミアム野菜サービスを提供開始
     農業の活性化を目指す、株式会社KOMPEITOは、働く人や企業の健康を促す、オフィス向けプレミアム…
ページ上部へ戻る