東京エレクトロンデバイス、植物工場を活用した究極鮮度の「今摘み野菜」を届けるサービス「Water Farmer」を提供開始

東京エレクトロン デバイスは、人工光型植物工場システムを活用した究極鮮度の「今摘み野菜」を届けるサービス「Water Farmer(ウォーター・ファーマー)」を12月9日より提供を開始する。「Water Farmer」は、専用の野菜カートリッジを使って野菜を栽培し、収穫直前の状態でお客様に配送する究極鮮度の「今摘み野菜」を提供するサービスとなっている。
東京エレクトロン、植物工場を活用した究極鮮度の「今摘み野菜」を届けるサービス「Water Farmer」を提供開始東京エレクトロン、植物工場を活用した究極鮮度の「今摘み野菜」を届けるサービス「Water Farmer」を提供開始

■Water Farmerについて
「Water Farmer」は、専用の野菜カートリッジを使って野菜を栽培し、収穫直前の状態でお客様に配送する究極鮮度の「今摘み野菜」を提供するサービスです。種まきをしてから3~6週間の栽培期間を経過した後、横浜市都筑区のWater Farmerセントラルファームから野菜カートリッジを出荷し、お客様が利用する水耕栽培装置「Water Farmer Auto Planter」に組み込みます。

野菜カートリッジは、契約内容に基づき定期的に配送を行います。今回、開発した「Water Farmer Auto Planter」は、野菜の栽培に適したLED照明を搭載し、専用の野菜カートリッジで野菜を栽培することができる水耕栽培装置です。ケースの中で栽培するためホコリや雑菌などの付着の心配が少なく、病気や害虫被害のリスクもほとんどありません。

天候に左右されず日光の当たらない室内でも簡単に栽培が可能で、観賞用の植物のように野菜の成長を楽しみながら育てることができます。野菜カートリッジで提供される野菜は、生育と保存を同時に行う保持栽培技術により、食べごろな状態で安心・安全な「今摘み野菜」としていつでも収穫することが可能です。

■ Water Farmerの特長
・究極鮮度の野菜が食べる直前でいつでも収穫できる。
・自動栽培システムにより栽培の手間がかからない。
・生育と保存を同時に行う保持栽培技術により廃棄ロスが少ない。

■ Water Farmerの栽培品種
フリルアイス、ハンサムレッド、サラダコマツナ、ワサビナ、カラシナ、赤カラシナ、ロメインレタス、サンチュ、赤サンチュ、クレソン、ルッコラ、ミズナ(紅)、青シソ、ベビーリーフ、レッドオーク など15種類

■ 収穫量(Water Farmer Auto Planter 1台あたり)
フリルレタス換算でおよそ240~2700株/月

■ 月額利用料
初期費用不要で、98,000円(税抜)から(3年契約の場合)

■ 今後の展開について
レストランやホテルなど飲食サービス業、保育園、老人ホームなどの社会福祉施設をターゲットとして、国内、ASEAN地域を中心に今後3年間で10億円の販売を計画しています。また2016年春頃からはIoTを活用した「野菜栽培の見える化」を行い、温度・湿度・照度など栽培環境の管理や消費状況を把握するシステムを構築し、より良いサービス提供に向け、プラットフォーム化を推進していく予定です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. シンガポールでの都市型農業ブーム。自然公園エリアの貸農園も予約待ちへ
     シンガポールの自然公園エリア「ホート・パーク」内に去年の7月より運営を開始している貸農園(レンタル…
  2. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  3. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  4. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  5. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  6. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  7. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  8. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  9. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  10. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 住友電工、千葉大学と共同にて砂栽培・環境制御による高糖度トマトの収量増大を目指す
     住友電気工業株式会社と千葉大学は、住友電工がこれまで研究開発を進めてきた砂栽培技術と、千葉大の先端…
  2. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     三菱化学株式会社は、株式会社ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の完全人工光型植物工場システムを…
  3. LED植物工場、玉川大学サイテックファームが日産3200株の施設稼働
     西松建設グループと玉川大学は平成24年1月17日に産学連携協定を結び、フルLED光源を採用した完全…
  4. トヨタ、自動車事業で培った生産管理手法を農業に応用。IT管理ツール「豊作計画」を開発
     トヨタ自動車は、米生産農業法人向けの農業IT管理ツール「豊作計画」を開発し、愛知県と石川県の米生産…
ページ上部へ戻る