東京エレクトロンデバイス、植物工場を活用した究極鮮度の「今摘み野菜」を届けるサービス「Water Farmer」を提供開始

東京エレクトロン デバイスは、人工光型植物工場システムを活用した究極鮮度の「今摘み野菜」を届けるサービス「Water Farmer(ウォーター・ファーマー)」を12月9日より提供を開始する。「Water Farmer」は、専用の野菜カートリッジを使って野菜を栽培し、収穫直前の状態でお客様に配送する究極鮮度の「今摘み野菜」を提供するサービスとなっている。
東京エレクトロン、植物工場を活用した究極鮮度の「今摘み野菜」を届けるサービス「Water Farmer」を提供開始東京エレクトロン、植物工場を活用した究極鮮度の「今摘み野菜」を届けるサービス「Water Farmer」を提供開始

■Water Farmerについて
「Water Farmer」は、専用の野菜カートリッジを使って野菜を栽培し、収穫直前の状態でお客様に配送する究極鮮度の「今摘み野菜」を提供するサービスです。種まきをしてから3~6週間の栽培期間を経過した後、横浜市都筑区のWater Farmerセントラルファームから野菜カートリッジを出荷し、お客様が利用する水耕栽培装置「Water Farmer Auto Planter」に組み込みます。

野菜カートリッジは、契約内容に基づき定期的に配送を行います。今回、開発した「Water Farmer Auto Planter」は、野菜の栽培に適したLED照明を搭載し、専用の野菜カートリッジで野菜を栽培することができる水耕栽培装置です。ケースの中で栽培するためホコリや雑菌などの付着の心配が少なく、病気や害虫被害のリスクもほとんどありません。

天候に左右されず日光の当たらない室内でも簡単に栽培が可能で、観賞用の植物のように野菜の成長を楽しみながら育てることができます。野菜カートリッジで提供される野菜は、生育と保存を同時に行う保持栽培技術により、食べごろな状態で安心・安全な「今摘み野菜」としていつでも収穫することが可能です。

■ Water Farmerの特長
・究極鮮度の野菜が食べる直前でいつでも収穫できる。
・自動栽培システムにより栽培の手間がかからない。
・生育と保存を同時に行う保持栽培技術により廃棄ロスが少ない。

■ Water Farmerの栽培品種
フリルアイス、ハンサムレッド、サラダコマツナ、ワサビナ、カラシナ、赤カラシナ、ロメインレタス、サンチュ、赤サンチュ、クレソン、ルッコラ、ミズナ(紅)、青シソ、ベビーリーフ、レッドオーク など15種類

■ 収穫量(Water Farmer Auto Planter 1台あたり)
フリルレタス換算でおよそ240~2700株/月

■ 月額利用料
初期費用不要で、98,000円(税抜)から(3年契約の場合)

■ 今後の展開について
レストランやホテルなど飲食サービス業、保育園、老人ホームなどの社会福祉施設をターゲットとして、国内、ASEAN地域を中心に今後3年間で10億円の販売を計画しています。また2016年春頃からはIoTを活用した「野菜栽培の見える化」を行い、温度・湿度・照度など栽培環境の管理や消費状況を把握するシステムを構築し、より良いサービス提供に向け、プラットフォーム化を推進していく予定です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  2. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  3. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  4. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  5. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  6. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  7. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  8. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  9. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  10. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. パナソニックエコ、施設園芸・低コスト型植物工場をターゲットに局所環境制御技術を導入
     パナソニックエコソリューションズ社は、農産物の生産効率向上と生産者負担の軽減を図る「アグリ・エンジ…
  2. ネパール・カトマンズ市による都市型農業・屋上ファームの普及、住民へのトレーニングも実施
     ネパールのカトマンズ市は都市型農業や都市緑化を拡大させるため、住民150戸に対して屋上・テラス等の…
  3. 米国の農業ビジネス、トランプ発言への影響。既に数千万円に設備投資を行う経営者も
     1月20日に米国にてトランプ新大統領が誕生するが、今後の具体的な政策方針には農業分野の経営者も注目…
  4. 台湾「国際果実・野菜見本市」展示会、植物工場プラントメーカーからアクアポニックまで幅広く出展
     前回の紹介記事の通り、台湾のマイ・エグジビション株式会社は、2016年11月10日~11月12日ま…
ページ上部へ戻る