モンサントカンパニー、農業分野でのデータサイエンス・カーボン・ニュートラル作物生産プログラムによって気候変動に対応

 モンサントカンパニーは12月1日、2021年までに温室効果ガスを増加させない仕組み(カーボン・ニュートラル)を、種子事業および農薬事業における全社的な独自の取り組みによって、農業生産者と協力しながら実現していく計画を発表した。

農業による二酸化炭素の発生を削減する取り組みは進展してはいますが、2050年までに持続可能な形で96億人の人々に食糧を供給するには、さらに協力体制を築いていく必要がある、という。

■種子生産
モンサントは温室効果ガスを増加させない作物生産を推進するため育種、植物バイオテクノロジー、データサイエンス、不耕起栽培、カバークロップの栽培といった多様な製品と栽培技術を活用し、この分野での二酸化炭素の発生を完全に無くすことを目標にします。

社外の総合的なモデリングに関するデータサイエンスの専門家と協働し、モンサントはこれらの取り組みと技術革新を利用することにより、トウモロコシと大豆畑の土壌がその栽培によって排出される量と同じかそれ以上の温室効果ガスを吸収し固定するといった重要な実績を示しています。

このことから、農業が気候変動の問題解決において独特の役割を果たしていることを知ることができます。弊社はまた農業生産者と協力して、二酸化炭素の排出を抑えた作物の栽培法の普及を推進することに注力します。

■作物保護(農薬事業)
モンサントは2021年までに温室効果ガスを増加させない(カーボンニュートラルな)作物生産を実現するための取り組みを農薬事業の分野でも行っています。弊社は以前に、農薬事業における温室効果ガス排出削減について目標を掲げその実現にむけて継続的に取り組んできました。

農薬とその他種子製品以外の製品の利用による二酸化炭素の発生を相殺(オフセット)するため、二酸化炭素排出削減目標と引き換えに、モンサントは農業生産者に二酸化炭素の排出増加させない製品を導入した場合にインセンティブを提供しています。モンサントはこの措置による削減効果を農薬使用による二酸化炭素排出量を相殺(オフセット)するものとして利用しています。

■成功事例の普及拡大とデータの共有
モンサントは、二酸化炭素の発生を増加させない製品モデルを外部専門家と共同で開発しているほか、二酸化炭素排出削減のための成功例の導入や作物栽培における取り組み強化を支援するため、今後、データや実践での成功例を、広範囲な農業、気候モデル、その他の関係者と共有していく予定です。

今日までこれらのモデルは、作物の収量、土壌の性質、輪作に関して最も正確なデータを有し、最善の作物栽培管理の方法が公に入手可能な米国でのコーンベルトを中心に作成、利用されています。このモデルは、高収量かつ、カーボンニュートラルを可能にするトウモロコシと大豆の生産により、米国の穀物生産に限っても、1億トンの二酸化炭素に匹敵する量の炭素排出を実現できることを示唆しています。
またその量は、年間2億3,300万バレルの石油の消費を削減したことに匹敵します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  2. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  3. NYの公園・コミュニティーガーデン。トランプ政権により都市型農業が壊滅する可能性も
     緑の街、ニューヨークでもトランプ政権の影響を大きく受けている。公園・緑が多い大都市として有名なニュ…
  4. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  5. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  6. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  7. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  8. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  9. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  10. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工のLED照明・高速栽培技術「Shigyo法」が、沖縄県の大手製パンメーカー株式会社ぐしけん…
  2. 静岡県が先端農業推進セミナーを9/7に開催。平成29年開設リサーチセンターの公募説明も
     静岡県では9月7日、健康長寿に貢献する「農・食・健連携」による産業の活性化をテーマに、県と共同研究…
  3. カナダの藻類ベンチャー、閉鎖型・植物工場とアクアポニクスの融合設備にてスーパーフードを生産
     カナダ・リッチモンドの藻類ベンチャーであるアルジブルーム・インターナショナル社は、1年前にスピルリ…
  4. 食品スーパーのバロー、ブナシメジ栽培の農業法人を子会社化・自社栽培比率を拡大
     食品スーパー大手のバローは年内に複数の農業法人を傘下に収め、農業分野に本格進出する。今秋、第三セク…
ページ上部へ戻る