植物工場シンポジウムSHITAが2016年1月22日に開催「植物工場の価値を見直す栽培品目の多様化・規模拡大への挑戦」

 弊社でも過去に発表させて頂きましたが、2016年1月22日に日本生物環境工学会が主催する植物工場シンポジウムSHITAが開催されます。最下部に詳細URL(申込リンク)を掲載しております。

第26回SHITAシンポジウム 植物工場の価値を見直す 栽培品目の多様化・規模拡大への挑戦
・開催月日:2016年1月22日[金] 9:50-16:40 (受付開始 9:15)
・開催場所:中央大学駿河台記念館(東京都千代田区神田駿河台3-11-5)

プログラム
9:50-10:00 開会挨拶
 後藤 英司 氏 (日本生物環境工学会 会長補佐,千葉大学教授)
10:00-10:40 「環境制御による高付加価値野菜の生産」
 清水 浩 氏 (京都大学大学院農学研究科地域環境科学専攻 教授)
10:40-11:20 「人工光型植物工場におけるワサビおよび黒ウコン栽培の試み」
 田中 逸夫 氏 (岐阜大学応用生物科学部応用植物科学コース 教授)
11:20-12:00 「有機質肥料活用型養液栽培の開発と現状」
 篠原 信 氏 ((独)農業・食品産業技術総合研究機構 野菜茶業研究所 野菜病害虫・品質研究領域 主任研究員)

12:00-13:00 お昼休み

13:00-13:40 「中近東地域における植物工場事業化の検討」
 結城 貴之 氏 (シャープ(株) コンシュマーエレクトロニクスカンパニー健康・環境システム事業本部 要素技術開発部 参事)
13:40-14:20 「オールLED植物工場における葉菜類の生産」
 丸山 裕司 氏 (シーシーエス(株) 経営戦略室 担当部長)
14:20-15:00 「経営体としての植物工場」
 三原 洋一 氏 (NKアグリ(株) 代表取締役)

15:00-15:20 休憩

15:20-16:00 「東芝植物工場の海外展開について」
 藤巻 義博 氏 ((株)東芝 研究開発統括部 マーケテイング戦略室 植物工場プロジェクトチーム グループマネージャー)
16:00-16:40 「植物工場『第3次ブーム』の先に見えるもの」
 伊藤 保 氏 ((株)三菱総合研究所 社会公共マネジメント研究本部 主席研究員)

詳細URL: http://www.shita.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  2. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  3. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  4. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  5. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  6. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  7. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  8. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  9. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  10. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. スペインでも店舗併設型植物工場タイプのレストランがオープン
     スペインのバレンシアにてオープンしたレストラン「vuelve carolina」では、料理の素晴ら…
  2. 韓国ソウル市、規制緩和により垂直農場・植物工場プロジェクトを計画
     韓国ソウル市にて垂直農場プロジェクトが計画されている。ソウル市は4月13日、ソウル市特別市南西部に…
  3. カナダの藻類ベンチャー、閉鎖型・植物工場とアクアポニクスの融合設備にてスーパーフードを生産
     カナダ・リッチモンドの藻類ベンチャーであるアルジブルーム・インターナショナル社は、1年前にスピルリ…
  4. 和ハーブの女王である「ヨモギ」の機能性と利用方法
     植物工場や農業ビジネスにおける新規参入では販路確保とともに生産品目の選定も重要である。今回は機能性…
ページ上部へ戻る