インテリジェンス、就農・移住・支援などの情報提供サイト「アグリージュ」を開設

 株式会社インテリジェンスと、株式会社Life Labは、地域への就農(agri)と移住(iju)情報を提供するWebサイト「agriju(アグリージュ)」をオープンした。
就農人口はこの20年間で4割強減少し、65歳以上が約64%を占めるなど、就農人口の減少および高齢化は、農業再興における深刻な課題となっています。政府でも青年新規就農者を定着ベースで年間2万人にする目標を掲げているなど、特に青年新規雇用就農者の拡大と定着化が重要な課題となっています。

 移住・就農に興味を持つ人は少なくないものの、その支援窓口は各地域に点在しており、情報収集が難しいことがハードルの一つとなっています。「agriju」は、これらの情報を一つのWebサイトに集約し、移住・就農の第一歩を支援します。さらに定期的な就農支援セミナー相談会も実施し、具体的な移住・就農の検討から実施までサポートいたします。
インテリジェンス、就農・移住・支援などの情報提供サイト「アグリージュ」を開設

■サイトの特徴
―各地域の就農・移住情報を掲載
各地域(都道府県、市町村、定住自立圏等)用ページを設けており、地理的な特徴や代表的な農産物など、その地域の農業の特徴・魅力を紹介します。また、独自の就農・移住支援制度や支援機関なども紹介するほか、各地域の就農や移住に関する事業の参加者募集情報を掲載します。

Life Labが運営する就農支援サイト「第一次産業ネット」に寄せられる農業関連の求人もリンクさせ、地域の農業特性、就農・移住支援策、募集情報、求人情報を見ることができます。

―就農支援セミナー、相談会を実施、具体的な移住・就農への一歩を応援
就農方法などのセミナーや、地域で活躍する農業者との交流会といったイベントも定期的に開催し、リアルの場での情報提供も行います。

さらに詳しく相談したいという希望者には就農・移住に関する相談会で住みたい地域や働き方を具体的にプランニングし、関連する自治体の移住・就農支援窓口を紹介します。

「agriju」URL: http://www.sangyo.net/agriju/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  2. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  3. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  4. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  5. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  6. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  7. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
  8. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  9. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  10. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 植物工場向け環境制御システム開発のホーヘンドールンがメキシコにトレーニングセンター開設
     太陽光利用型植物工場・施設園芸の大手環境制御システム会社でオランダのHoogendoorn(ホーヘ…
  2. 米国NYの農業ビジネス最前線・市場ニーズに合わせた生産品目の切り替え(ガブリエルセン・ファーム)
     ニューヨーク州・ロングアイランド東部の町であるリバーヘッドにて花卉の生産を行うガブリエルセン・ファ…
  3. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
  4. 「生物農薬」で販売される飛ばないテントウムシ、ハウス内にて長期間の防除効果が期待
     農研機構の「近畿中国四国農業研究センター」は、テントウムシの一種・ナミテントウを飛ばないように改良…
ページ上部へ戻る