矢野経済、世界の植物工場市場調査レポート「グローバル植物工場市場の発展可能性」を発行

植物工場IT活用事例セミナー

 矢野経済研究所では「グローバル植物工場市場の発展可能性」を発刊した。今、第3次ブームを向かえ、輸出産業化を目指す日本の植物工場市場。完全人工光型植物工場の分野では、日本が世界をリードしていると言われてきた。しかし近年、諸外国における市場活発化や研究開発の動きは加速しており、日本にとって予断を許さぬ状況となってきている。

台湾、そして目覚ましい勢いで展開している米国、欧州諸国、その他アジア諸国、中東、アフリカ、中南米など、世界各国で植物工場への関心が猛烈な勢いで高まっている。

本調査レポートでは、全世界の完全人工光型植物工場市場をターゲットとした。世界全体の状況を俯瞰し、発展可能性を明らかにすることで、国内メーカーにとっての海外進出の重要性を明らかにする。

輸出促進を図る日本ならびに各国の植物工場業界、また参入検討企業、研究開発機関、政府機関などの事業戦略や政策の策定に資すること、そして世界展開に向け、日本の競争優位性・開発課題などを明確化するきっかけとなることを目的とする。

発刊日:2015年11月13日
体裁:A4/56頁
書籍:定価162,000円(本体 150,000円消費税12,000円)

■資料概要
第一章 グローバル植物工場における現状の国内市場動向
第二章 グローバル植物工場動向
第三章 グローバル植物工場の発展可能性

⇒詳細内容・お申込みサイト: http://www.yano.co.jp/market_reports/C57112500