肥料販売のデンカ、メビオール社のフィルム栽培システムの販売開始

 デンカ株式会社は、メビオール社が開発したフィルム栽培システム「アイメック」の販売事業を開始する。
同社は1915年(大正4年)の創業より100年にわたる肥料の生産販売を行う企業であり、次の100年へ向けた農業関連事業の領域拡大に取り組むなか、先進農業技術を用いた栽培システム(=フィルム農法・アイメック)の販売事業を通じ、日本の多様な気候における肥料事業で培った経験と長年にわたる製品開発のノウハウを活かして、農地の有効活用を目指した新たな農業事業を開始する。

 本栽培システムは、メビオール株式会社によって開発されたハイドロゲル膜(親水性高分子フィルム、『アイメック(R)フィルム』)の上に、作物を植えて育てる世界初の技術です。一般的な土耕栽培や水耕栽培に比べて、農薬の使用量を抑制でき、生育のばらつきが少なく管理が簡便で、構造的に水と肥料を保持し易くその使用量を低減できるなどの環境に優しい特長があります。
肥料販売のデンカ、メビオール社のフィルム栽培システムの販売開始

また、本栽培システムを導入した同社提携先のトマト農園においては、収穫されたトマトが高糖度になる実証データを取得しており、トマトを購入されたお客様からも高い評価をいただいております。

同社は、メビオール社との間で本栽培システムに関する業務提携契約を締結し、2015年11月より販売を開始いたします。本栽培システムの導入・運営に必要な資材を提供するとともに、根張りや発根促進、作物の生育向上に優れた効果を発揮する当社独自技術の液体肥料・植物活性剤を適用することで、本栽培システムの価値向上を図ってまいります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  2. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  3. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  4. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  5. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  6. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  7. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  8. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  9. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  10. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工のLED照明・高速栽培技術「Shigyo法」が、沖縄県の大手製パンメーカー株式会社ぐしけん…
  2. 「生物農薬」で販売される飛ばないテントウムシ、ハウス内にて長期間の防除効果が期待
     農研機構の「近畿中国四国農業研究センター」は、テントウムシの一種・ナミテントウを飛ばないように改良…
  3. 日本マイクロソフトの社員食堂が日本野菜ソムリエ協会認定、植物工場野菜の販売も
     日本マイクロソフト株式会社と、社員食堂「One Microsoft Café」を受託運営しているエ…
  4. 米国ワシントンDCでも都市型農業法案による支援も。屋上ファームや水耕栽培など幅広い生産方式が出現
     米国のワシントンDCエリアも都市型農業が盛んな地域の一つである。現地のファーマーズ・マーケットでは…
ページ上部へ戻る