カゴメ、NECと共同で最先端の加工用トマト栽培技術の開発に着手。ポルトガル試験農場では1ha・146トンを達成

 カゴメは2015年3月より、日本電気株式会社(NEC)と共同でビッグデータを活用した最先端の加工用トマト栽培技術の開発に着手している。トマトは世界で1億4,000万トンと最も消費されている野菜です。
その内訳は、生食用トマトが1億トン、加工用トマトが4,000万トンとなっています。今後も世界的な人口増に伴い需要が更に拡大し、加工用トマトに関しては2021年にはさらに1,000万トンが必要になると予想されています。
カゴメ、NECと共同で最先端の加工用トマト栽培技術の開発に着手。ポルトガル試験農場では1ha・146トンを達成

一方で、このような将来のトマトの需要増に対応するためには、現在の世界の供給体制だけでは難しく、同社は、新たな農業技術開発による既存産地においての単収(面積あたりの収穫量)アップや、これまで主要産地ではなかった国での新たなトマト産地育成などに取り組んでいます。

 例えば、より効率的な加工用トマト栽培の実践に向け、農業分野でのICT(情報通信技術)の活用し、多くの人が実践できる効率的な農業技術を普及させ、最低限の資源投入(水、肥料など)による最大限の収穫量/品質を達成することで、農業の高付加価値化と環境にやさしい農業の実践を目指しています。

2015年3月より、同社の現地子会社があるポルトガルの試験圃場において、NECと共同にて同社のビッグデータ分析技術を活用した検証を開始しました。具体的には、同圃場に設置した気象・土壌などの各種センサや人工衛星・ドローンなどから得られるデータと、灌漑・施肥などの営農環境から得られるデータを活用し、トマトの生育状況や気象条件に応じた水・肥料・農薬などの使用量の最適化と収穫量の最大化を検証しました。

2015年夏期シーズンを通じて本技術の検証を実施した結果、以下の成果を確認することができました。
カゴメ、NECと共同で最先端の加工用トマト栽培技術の開発に着手。ポルトガル試験農場では1ha・146トンを達成

(1)畑における水分・窒素ストレスを空間的に見える化し、圃場間で収穫量の差が生じる原因を分析
(2)畑ごとの最適な栽培方法の導出が可能である
(3)収穫の1か月前からでも、収穫量や収穫適期を正確に予測できる

2015年夏期シーズンにて、上記試験圃場(露地栽培)における1ヘクタール当たりの単収は146トンとなりました。これは、ポルトガル平均の約1.5倍。近隣の農地との比較では、20%程度の単収増にあたると推測されます。NECのビッグデータ分析技術を活用した解析にて、こうした高い収穫量がなぜ実現できたのか、その原因を明らかにすることができました。
本技術のさらなる検証については、2015年10月より、当社の現地子会社があるオーストラリアにおいて開始しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  2. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  3. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  4. ローム、イチゴ植物工場の事業者を2月末まで募集。新規参入向けに栽培ノウハウ提供
     ロームは、自社にて開発したイチゴ栽培を目的とした完全人工光型植物工場の事業化を目指す事業者の募集を…
  5. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  6. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  7. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  8. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  9. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  10. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 2050年までに25億人以上が新たに都市部住民へ。加速する都市型農業の必要性
     国連レポートによると、世界の70億人の人々の半数以上が、東京やデリー、上海、メキシコシティ、サンパ…
  2. パナソニック、シンガポールにて人工光型植物工場を稼働。日本食レストラン大戸屋と提携
     パナソニック・ファクトリーソリューションズ・アジアパシフィック(PFSAP)(以下、パナソニック)…
  3. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1) 台湾では植物工場ブーム?! 国内に60ヶ所以上…
  4. メトロ・アトランタが都市型農業を拡大するために米国農務省から約2,500万円の補助金を獲得
     非営利団体のメトロ・アトランタ・アーバンファームは米国農務省(USDA)から約2,500万円の助成…
ページ上部へ戻る