みずほ情報総研、八幡平市/岩手大学と共同でルワンダでのリンドウ栽培事業の実現可能性調査に着手

 みずほ情報総研株式会社は、岩手県八幡平市、岩手大学と共同で、東アフリカ・ルワンダ共和国における、リンドウ栽培事業の実現可能性を調査する実証研究に着手した。本研究は、八幡平市が地域一体となって栽培に取り組んでいるリンドウの東アフリカ地域における栽培と諸外国への輸出可能性に関して調査するもので、同地域での市場調査や戦略策定に向けた調査・分析、そしてリンドウの栽培実証研究を実施します。

みずほ情報総研、八幡平市/岩手大学と共同でルワンダでのリンドウ栽培事業の実現可能性調査に着手※アールスメール花市場は、アムステルダム・スキポール空港に隣接する世界最大規模の花市場であり世界の花市場の40%を占める。世界の花市場における価格決定力を有する。

 みずほ情報総研では、2015年9月に日本の農林水産業の海外進出を支援する事業「みずほグローバルアグリイノベーション」を立ち上げ、日本ブランドの農産物の栽培や農業機械などの技術移転に関する研究・実証試験を支援する取り組みを開始しました。

今回の共同研究では、実験圃場(農地)の提供、リンドウの生育調査・解析など実証試験の実施を担当するとともに、東アフリカ地域にてリンドウを栽培し、諸外国へ輸出するための市場調査や戦略策定支援を行います。なお、本研究の着手に先駆け、当社ではすでにルワンダ共和国における気象データの収集や土壌・水質の分析を実施しており、同国がリンドウ栽培に適した土地であることを確認しています。

 八幡平市では、市とJA、生産者が一体となり、一般的なリンドウから「安代りんどう」をはじめとしたオリジナルブランドに至るまで、さまざまなリンドウの育種事業に取り組んでいます。すでにニュージーランドおよびチリにおいて契約栽培を行うなど海外展開も図り、国内外の花卉市場への年間を通じた供給体制の整備も進めています。

今回の共同研究では、東アフリカ地域から諸外国へのリンドウの供給可能性について検討するほか、実証試験においてはリンドウの種子、苗の提供、および生産方法確立に向けての情報収集を担当します。

岩手大学では、農学部植物育種研究室において、世界に誇る新しいリンドウの開発を目的に、リンドウの組織培養技術や分子マーカーの開発など、リンドウの育種技術に関する研究を行っています。今回の共同研究では、現地における実証試験の設計および実証試験結果についての評価を担当します。

 共同研究の実施により、ルワンダ共和国における気象データ、土壌データ等を蓄積し、日本の農業技術の適用可能性の検証を行うとともに、ルワンダにおけるリンドウの栽培体系の確立、栽培暦の構築を行います。また、今後はリンドウと他の農作物との輪作体系の確立を目指すほか、2016年2月中をめどに、ルワンダから欧州および日本への輸送試験を実施し、コールドチェーン(低温流通体系)の確立、植物検疫等の手続きの明確化を行う予定です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  2. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  3. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  4. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  5. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  6. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  7. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  8. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  9. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
  10. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 大林組、植物工場ベンチャーのスプレッドと提携。日産3万株の大規模施設を検討
     株式会社スプレッドは同社が開発した完全人工光型植物工場”Vegetable Factory(TM)…
  2. 1日1万株の国内最大級の植物工場 「柏の葉スマートシティ」にて本格稼働
     株式会社みらいと三井不動産株式会社は「柏の葉スマートシティ」において国内最大級の植物工場「柏の葉 …
  3. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
  4. 伊藤忠商事、廃棄物からバイオ航空燃料を製造する米Solena社へ出資
     伊藤忠商事は、都市ごみ等のバイオマスからバイオ航空燃料等の持続可能バイオ燃料を製造する技術を持つ、…
ページ上部へ戻る