みずほ情報総研、八幡平市/岩手大学と共同でルワンダでのリンドウ栽培事業の実現可能性調査に着手

 みずほ情報総研株式会社は、岩手県八幡平市、岩手大学と共同で、東アフリカ・ルワンダ共和国における、リンドウ栽培事業の実現可能性を調査する実証研究に着手した。本研究は、八幡平市が地域一体となって栽培に取り組んでいるリンドウの東アフリカ地域における栽培と諸外国への輸出可能性に関して調査するもので、同地域での市場調査や戦略策定に向けた調査・分析、そしてリンドウの栽培実証研究を実施します。

みずほ情報総研、八幡平市/岩手大学と共同でルワンダでのリンドウ栽培事業の実現可能性調査に着手※アールスメール花市場は、アムステルダム・スキポール空港に隣接する世界最大規模の花市場であり世界の花市場の40%を占める。世界の花市場における価格決定力を有する。

 みずほ情報総研では、2015年9月に日本の農林水産業の海外進出を支援する事業「みずほグローバルアグリイノベーション」を立ち上げ、日本ブランドの農産物の栽培や農業機械などの技術移転に関する研究・実証試験を支援する取り組みを開始しました。

今回の共同研究では、実験圃場(農地)の提供、リンドウの生育調査・解析など実証試験の実施を担当するとともに、東アフリカ地域にてリンドウを栽培し、諸外国へ輸出するための市場調査や戦略策定支援を行います。なお、本研究の着手に先駆け、当社ではすでにルワンダ共和国における気象データの収集や土壌・水質の分析を実施しており、同国がリンドウ栽培に適した土地であることを確認しています。

 八幡平市では、市とJA、生産者が一体となり、一般的なリンドウから「安代りんどう」をはじめとしたオリジナルブランドに至るまで、さまざまなリンドウの育種事業に取り組んでいます。すでにニュージーランドおよびチリにおいて契約栽培を行うなど海外展開も図り、国内外の花卉市場への年間を通じた供給体制の整備も進めています。

今回の共同研究では、東アフリカ地域から諸外国へのリンドウの供給可能性について検討するほか、実証試験においてはリンドウの種子、苗の提供、および生産方法確立に向けての情報収集を担当します。

岩手大学では、農学部植物育種研究室において、世界に誇る新しいリンドウの開発を目的に、リンドウの組織培養技術や分子マーカーの開発など、リンドウの育種技術に関する研究を行っています。今回の共同研究では、現地における実証試験の設計および実証試験結果についての評価を担当します。

 共同研究の実施により、ルワンダ共和国における気象データ、土壌データ等を蓄積し、日本の農業技術の適用可能性の検証を行うとともに、ルワンダにおけるリンドウの栽培体系の確立、栽培暦の構築を行います。また、今後はリンドウと他の農作物との輪作体系の確立を目指すほか、2016年2月中をめどに、ルワンダから欧州および日本への輸送試験を実施し、コールドチェーン(低温流通体系)の確立、植物検疫等の手続きの明確化を行う予定です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  2. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  3. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  4. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  5. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  6. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  7. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  8. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  9. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  10. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. サカタのタネ・住友化学園芸など、レタスや薬味の栽培用キットを全国ファミマ店舗にて販売
     サカタのタネ、ファミリーマート、住友化学園芸の3社は、野菜や草花などガーデニング分野におけるオリジ…
  2. 米国ワシントンDCでも都市型農業法案による支援も。屋上ファームや水耕栽培など幅広い生産方式が出現
     米国のワシントンDCエリアも都市型農業が盛んな地域の一つである。現地のファーマーズ・マーケットでは…
  3. 食品スーパーのバロー、ブナシメジ栽培の農業法人を子会社化・自社栽培比率を拡大
     食品スーパー大手のバローは年内に複数の農業法人を傘下に収め、農業分野に本格進出する。今秋、第三セク…
  4. 「獺祭」の旭酒造が富士通のITクラウド農業を活用しながら原料生産へ
     富士通は8月4日、日本酒「獺祭(だっさい)」で知られる「旭酒造」と、栽培が難しい酒米「山田錦」の生…
ページ上部へ戻る