消臭&抗菌ダブル効果で生ゴミ処理に大活躍! 環境にも優しい「米ぬか配合生ゴミ処理袋」を開発

 株式会社フランダースは、生ゴミの処理シーンで活用できる「米ぬか配合バイオマス生ゴミ処理袋」CAROL 生ゴミ処理袋を、2015年11月10日に販売開始する。毎日出る生ゴミ処理シーンでのくさい・汚いを解決したい!週2回しかない生ゴミの日までのゴミ箱のニオイや菌の不安を解消したい!そんな想いから米ぬか配合バイオマス生ゴミ処理袋を開発した、という。

消臭&抗菌ダブル効果で生ゴミ処理に大活躍! 環境にも優しい「米ぬか配合生ゴミ処理袋」を開発

【商品の特長】
(1) 消臭効果
米ぬか素材をフィルムに入れることにより、ニオイの元(大便臭や酢酸等)を吸収する作用があります。また、フィルムには米ぬかの香りがあり、この米ぬかの香りが嫌なニオイをマスキングし、消臭しているといわれています。

(2) 抗菌効果
米ぬかは「γオリザノール」「フェルラ酸」などの抗菌成分を多く含みます。これらの抗菌成分が米ぬかポリ袋の表面において大腸菌・黄色ブドウ球菌、O157菌への抗菌性を出しています。
昔から米ぬかはぬか漬け、へしこなど野菜や魚の保存用途に使われています。

(3) CO2削減効果
米ぬか生ゴミ処理袋は、素材が米ぬか20%+ポリエチレン80%で、廃棄は通常のポリエチレンフィルムと同じ扱いですので一般焼却が可能です。米ぬかが20%入っているため、焼却温度は低くなり焼却炉には優しくなっています。

【商品概要】
名称  : CAROL 生ゴミ処理袋 30日分
発売日 : 2015年11月10日
販売料金: オープン価格
枚数  : 30枚
サイズ : 縦420mm×横300mm×厚さ0.03mm
カラー : 米ぬかカラー
生産国 : 日本製
原材料 : ポリエチレン、米ぬか
販売店 : Amazon.co.jp、楽天市場、Yahoo!ショッピング
URL   : <公式ホームページ>
      http://carol-carol.jp/
      <販売サイト>
      http://www.amazon.co.jp/dp/B017JO048M
      <公式通販サイト>
      http://store.shopping.yahoo.co.jp/bonheur-kobe/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  2. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  3. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  4. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  5. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  6. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  7. 大地を守る会とオイシックス、3月31日よりグループ会社化
     株式会社大地を守る会と、オイシックス株式会社は3月31日にグループ会社となり、2017年秋を目処と…
  8. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  9. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  10. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 韓国LGグループによる植物工場・アグリビジネス参入。生産者による反対・LG製品のボイコット運動まで発展
     ビッグデータの解析、製造工場の自動化・知能化などを進める韓国LGグループのLG CNS社は、約35…
  2. 山形包徳、植物工場による低硝酸・低カリウムレタスが透析患者用として院内給食に採用
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社山形包徳では、同社の福祉事業部が運営する障がい者主体の低カリ…
  3. 三菱樹脂、中国・無錫市に太陽光利用型植物工場の販売拠点を設立
     三菱樹脂株式会社の子会社で、太陽光利用型植物工場を展開する三菱樹脂アグリドリーム株式会社は、中国・…
  4. ロシアのVTB銀行がアルメニアにイチゴの植物工場プラント建設に資金提供
     ロシアのVTB銀行は、アルメニア共和国・コタイク地方に最新技術を導入したイチゴの植物工場(太陽光利…
ページ上部へ戻る