フィンランド生まれの家庭用植物工場「Plantui Smart Garden」を日本で販売開始

 DKSHジャパン株式会社は、フィンランド・Plantui社の家庭用植物工場・高性能LED水耕栽培器「Plantui Smart Garden」を、2015年11月中旬より全国のインテリアショップ・百貨店において販売する。本製品は、日照時間の少ないフィンランドで開発され、独自の栽培プログラムを搭載し、室内で簡単にハーブや葉物野菜を育てることができるインドアハーブガーデン(高性能LED水耕栽培器)となっている。
フィンランド生まれの家庭用植物工場・「Plantui Smart Garden」を日本で販売開始
丸みを帯びた形状が特徴的な、シンプルで飽きのこない北欧デザインの本体は、室内のインテリアとして場所を選ばず設置する事ができ、植物を育てる楽しさとともに、北欧のライフスタイルを満喫できます。

「Plantui Smart Garden」はコンピュータ制御により植物の成長に応じて光の波長・強さを自動調節し、また独自のイリゲーション(灌漑)システムにより、最適なタイミングで水、栄養分、酸素を植物に供給します。この画期的な栽培システムは、現在世界各国で特許出願中です (PCT/EP2015/056528、PCT/EP2015/056535)。

Plantuiでは厳選されたハーブ、葉物野菜の他、食用花など24種類以上の種子を専用キットとして取り揃えており、日本でも順次発売されます。早いものでは種子を本体にセットしてから約3-5週間で収穫できます。

■製品仕様
[製品名] Plantui Smart Garden
[モデル名] Plantui 6
[カラー] ホワイト、グレー、レッド
[電源電圧] 入力: 100-240VAC 50/60Hz 0.5A / 出力: 12.0V 1500mA
[消費電力] 9W
[セットできるプラント数] 6個
[製品の大きさ] 直径: 29cm、高さ: 21cm~最大37cm (ハイトブロック使用時)
[製品の重さ] 2.6kg
[照明方式] LEDライト18灯
[最大音量] 約50dB (水ポンプ稼働時)
[本体素材] ABS樹脂
[小売価格] 48,000円 (税別)

■Plantui社について
フィンランドのPlantui社は、LED水耕栽培器の製造、販売を主体としたデザイン&フードテックカンパニーです。同社製品の「Plantui Smart Garden」は独自の植物用LED照明と給水システムで特許を出願中です。

2007年: 現ブランド&デザインディレクターJanne Loiske が夏の間コテージで楽しんでいたガーデニングを都会の自宅でも楽しめないかと考え、現在の製品のベースアイデアをひらめく
2012年: フィンランド・トゥルクにPlantui社(Plantui Oy)を設立
2014年5月: デンマークで販売開始(その後フィンランド、ドイツで開始)
2015年3月: Red Dot Design Award 受賞
2015年11月: 日本・イギリスで販売開始予定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  2. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  3. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  4. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  5. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  6. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  7. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  8. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  9. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  10. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 愛媛県による新品種「紅い雫」を開発、高級イチゴとして11月下旬より出荷予定
     愛媛県が開発したイチゴの新品種を「紅(あか)い雫(しずく)」と名付け、6月25日に農林水産省へ品種…
  2. パナソニック、シンガポールにて人工光型植物工場を稼働。日本食レストラン大戸屋と提携
     パナソニック・ファクトリーソリューションズ・アジアパシフィック(PFSAP)(以下、パナソニック)…
  3. ローソン、かんきつ類専門の農業法人を熊本に設立。商品化したものを九州各店舗にて販売
     コンビニ大手のローソンは4月4日、熊本市に同社初のかんきつ類専門の農業生産法人「ローソンファーム熊…
  4. 自然の木をイメージした垂直農場 植物工場や様々なクリーンテクノロジーを導入
    都市部における過剰な人口増加が引き起こす2つの問題は、限られた土地・空間の中での生産性向上をはかりな…
ページ上部へ戻る