フィンランド生まれの家庭用植物工場「Plantui Smart Garden」を日本で販売開始

 DKSHジャパン株式会社は、フィンランド・Plantui社の家庭用植物工場・高性能LED水耕栽培器「Plantui Smart Garden」を、2015年11月中旬より全国のインテリアショップ・百貨店において販売する。本製品は、日照時間の少ないフィンランドで開発され、独自の栽培プログラムを搭載し、室内で簡単にハーブや葉物野菜を育てることができるインドアハーブガーデン(高性能LED水耕栽培器)となっている。
フィンランド生まれの家庭用植物工場・「Plantui Smart Garden」を日本で販売開始
丸みを帯びた形状が特徴的な、シンプルで飽きのこない北欧デザインの本体は、室内のインテリアとして場所を選ばず設置する事ができ、植物を育てる楽しさとともに、北欧のライフスタイルを満喫できます。

「Plantui Smart Garden」はコンピュータ制御により植物の成長に応じて光の波長・強さを自動調節し、また独自のイリゲーション(灌漑)システムにより、最適なタイミングで水、栄養分、酸素を植物に供給します。この画期的な栽培システムは、現在世界各国で特許出願中です (PCT/EP2015/056528、PCT/EP2015/056535)。

Plantuiでは厳選されたハーブ、葉物野菜の他、食用花など24種類以上の種子を専用キットとして取り揃えており、日本でも順次発売されます。早いものでは種子を本体にセットしてから約3-5週間で収穫できます。

■製品仕様
[製品名] Plantui Smart Garden
[モデル名] Plantui 6
[カラー] ホワイト、グレー、レッド
[電源電圧] 入力: 100-240VAC 50/60Hz 0.5A / 出力: 12.0V 1500mA
[消費電力] 9W
[セットできるプラント数] 6個
[製品の大きさ] 直径: 29cm、高さ: 21cm~最大37cm (ハイトブロック使用時)
[製品の重さ] 2.6kg
[照明方式] LEDライト18灯
[最大音量] 約50dB (水ポンプ稼働時)
[本体素材] ABS樹脂
[小売価格] 48,000円 (税別)

■Plantui社について
フィンランドのPlantui社は、LED水耕栽培器の製造、販売を主体としたデザイン&フードテックカンパニーです。同社製品の「Plantui Smart Garden」は独自の植物用LED照明と給水システムで特許を出願中です。

2007年: 現ブランド&デザインディレクターJanne Loiske が夏の間コテージで楽しんでいたガーデニングを都会の自宅でも楽しめないかと考え、現在の製品のベースアイデアをひらめく
2012年: フィンランド・トゥルクにPlantui社(Plantui Oy)を設立
2014年5月: デンマークで販売開始(その後フィンランド、ドイツで開始)
2015年3月: Red Dot Design Award 受賞
2015年11月: 日本・イギリスで販売開始予定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  2. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  3. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  4. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  5. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  6. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  7. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  8. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  9. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  10. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 英国における衛星・宇宙産業と農業技術の融合。新たな新技術・産業創出へ
     9月28日にNASAが火星表面にて水が流れていたという確かな証拠を発見したというニュースが報道され…
  2. トヨタ、自動車事業で培った生産管理手法を農業に応用。IT管理ツール「豊作計画」を開発
     トヨタ自動車は、米生産農業法人向けの農業IT管理ツール「豊作計画」を開発し、愛知県と石川県の米生産…
  3. インド農家の60%が都市部への移住希望。新たな栽培方法による都市型農業ビジネスにもチャンス
     社会科学などの調査機関であるCSDS(インド・デリー)による調査(State of Indian …
  4. 台北や韓国などの都市型農業拡大。ソウル市は2年間で約4倍(118ha)の緑化・農地エリア拡大
     台北市では市が中心となって都市型農業や都市エリアの緑化を進めており、市民参加型の貸農園、学校・生徒…
ページ上部へ戻る