フィンランド生まれの家庭用植物工場「Plantui Smart Garden」を日本で販売開始

 DKSHジャパン株式会社は、フィンランド・Plantui社の家庭用植物工場・高性能LED水耕栽培器「Plantui Smart Garden」を、2015年11月中旬より全国のインテリアショップ・百貨店において販売する。本製品は、日照時間の少ないフィンランドで開発され、独自の栽培プログラムを搭載し、室内で簡単にハーブや葉物野菜を育てることができるインドアハーブガーデン(高性能LED水耕栽培器)となっている。
フィンランド生まれの家庭用植物工場・「Plantui Smart Garden」を日本で販売開始
丸みを帯びた形状が特徴的な、シンプルで飽きのこない北欧デザインの本体は、室内のインテリアとして場所を選ばず設置する事ができ、植物を育てる楽しさとともに、北欧のライフスタイルを満喫できます。

「Plantui Smart Garden」はコンピュータ制御により植物の成長に応じて光の波長・強さを自動調節し、また独自のイリゲーション(灌漑)システムにより、最適なタイミングで水、栄養分、酸素を植物に供給します。この画期的な栽培システムは、現在世界各国で特許出願中です (PCT/EP2015/056528、PCT/EP2015/056535)。

Plantuiでは厳選されたハーブ、葉物野菜の他、食用花など24種類以上の種子を専用キットとして取り揃えており、日本でも順次発売されます。早いものでは種子を本体にセットしてから約3-5週間で収穫できます。

■製品仕様
[製品名] Plantui Smart Garden
[モデル名] Plantui 6
[カラー] ホワイト、グレー、レッド
[電源電圧] 入力: 100-240VAC 50/60Hz 0.5A / 出力: 12.0V 1500mA
[消費電力] 9W
[セットできるプラント数] 6個
[製品の大きさ] 直径: 29cm、高さ: 21cm~最大37cm (ハイトブロック使用時)
[製品の重さ] 2.6kg
[照明方式] LEDライト18灯
[最大音量] 約50dB (水ポンプ稼働時)
[本体素材] ABS樹脂
[小売価格] 48,000円 (税別)

■Plantui社について
フィンランドのPlantui社は、LED水耕栽培器の製造、販売を主体としたデザイン&フードテックカンパニーです。同社製品の「Plantui Smart Garden」は独自の植物用LED照明と給水システムで特許を出願中です。

2007年: 現ブランド&デザインディレクターJanne Loiske が夏の間コテージで楽しんでいたガーデニングを都会の自宅でも楽しめないかと考え、現在の製品のベースアイデアをひらめく
2012年: フィンランド・トゥルクにPlantui社(Plantui Oy)を設立
2014年5月: デンマークで販売開始(その後フィンランド、ドイツで開始)
2015年3月: Red Dot Design Award 受賞
2015年11月: 日本・イギリスで販売開始予定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  2. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  3. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  4. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  5. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  6. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  7. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  8. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
  9. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  10. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. スペインでも店舗併設型植物工場タイプのレストランがオープン
     スペインのバレンシアにてオープンしたレストラン「vuelve carolina」では、料理の素晴ら…
  2. 韓国LGグループによる植物工場・アグリビジネス参入。生産者による反対・LG製品のボイコット運動まで発展
     ビッグデータの解析、製造工場の自動化・知能化などを進める韓国LGグループのLG CNS社は、約35…
  3. メトロ・アトランタが都市型農業を拡大するために米国農務省から約2,500万円の補助金を獲得
     非営利団体のメトロ・アトランタ・アーバンファームは米国農務省(USDA)から約2,500万円の助成…
  4. 米国企業によるカスタマイズされた高度な生産技術支援サービスが展開
     アグリビジネスがハイテク化するにつれて、近年では単なる生産性の向上を追及するだけでなく、環境負荷・…
ページ上部へ戻る