日立システムズ、アグリコンパスと農業ICT分野で資本・業務提携。事業計画立案・植物工場設備導入・流通や販売までを支援

 日立システムズと三井物産の子会社で農業ICTベンダーであるアグリコンパスは、資本・業務提携契約を締結し、農業ICTの分野で協業を開始する。
今後日立システムズとアグリコンパスは、アグリコンパスの農業向けソフトウェア製品と、日立システムズのサービスインフラ・ITノウハウを組み合わせ、事業計画の立案から植物工場向けの設備導入(空調や受電設備等)、生産管理、流通・販売管理までをICTサービスやファシリティサービス、コンタクトセンターを活用したBPOサービス等によりサポートし、農業分野へ新たに参入する企業や団体、農業生産法人の事業拡大を支援していく。
日立システムズ、アグリコンパスと農業ICT分野で資本・業務提携
 日本の農業は、農業従事者の高齢化・減少などに加え、TPP(環太平洋パートナーシップ)協定など貿易自由化の波が押し寄せており、国際的な競争力強化が求められています。
こうした背景の下、自治体の農業振興政策を受けて、農家が共同出資し、農業生産法人を設立する動きが出てきているほか、企業も本業で培った資本力や技術力をもとに、新規に農業生産法人を設立するなどの動きが活発化しています。

しかし、異業種の企業が農業に参入する場合や農家が農業生産法人を設立する場合、マーケットニーズに基づく作物の選定や生産管理、販売先の開拓と安定化、適切な販売管理などができずに事業を計画通りに伸ばせないケースが多く、生産から販売までのバリューチェーン構築が課題となっていました。

 これらのニーズに対応するため、日立システムズとアグリコンパスは資本・業務提携に至りました。日立システムズでは、豊富なITサービスに加え、コンタクトセンターや全国約300か所のサポート拠点を活用した設備の導入・監視・保守サービスも提供しています。

アグリコンパスは、販売管理や生産・履歴管理システム等の農業栽培・流通に関する情報処理サービスを展開しており、同分野においてはトップレベル(当社調べ)のシェアを誇っています。

日立システムズとアグリコンパスは、三井物産が持つ生産・流通データや販売先情報を活用して事業企画や生産計画の立案支援を行うとともに、アグリコンパスの販売管理システムや履歴管理システムなどの製品群と、日立システムズの業務システムの構築・運用に関するノウハウや、クラウド基盤、設備の施工・保守、販売管理BPOサービスなどを組み合わせ、農業生産・流通に係わるバリューチェーン全体をサポートするトータルサービスを展開していきます。
日立システムズは、今回新たに販売開始するトータルサービスを農業生産法人や農業団体、流通関連事業者向けに拡販し、2018年度末までに累計14億円の販売をめざします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 大地を守る会とオイシックス、3月31日よりグループ会社化
     株式会社大地を守る会と、オイシックス株式会社は3月31日にグループ会社となり、2017年秋を目処と…
  2. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  3. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  4. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  5. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  6. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  7. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  8. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  9. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  10. 都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル
    米国・地産地消の市場規模は120億ドル  米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
     弊社では2015年5月より5ヶ月間、イタリア北部はミラノで開催されているミラノ万博へ訪問取材を実施…
  2. フットボール49ersスタジアムにて屋上菜園を実践。都市型農業を通じて環境保全・地域貢献へ
     フットボール・チームのサンフランシスコ・フォーティナイナーズの本拠地「リーバイス・スタジアム」では…
  3. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     山口大学、株式会社MOT総合研究所と三菱化学株式会社は、植物工場全般に係る共同研究開発等に関して包…
  4. 三菱樹脂、中国・無錫市に太陽光利用型植物工場の販売拠点を設立
     三菱樹脂株式会社の子会社で、太陽光利用型植物工場を展開する三菱樹脂アグリドリーム株式会社は、中国・…
ページ上部へ戻る