高知が発祥の地・冬が旬の「フルーツトマト」ユニークな冬春トマトが11月より順次出荷開始

 高知県では冬が旬のフルーツトマトが11月より出荷を開始する。フルーツトマト発祥の地の高知では、糖度・酸味のバランスの良い高品質ブランド・トマトを周年生産している他、日本一の生産量をほこる「にら」も、露地と温室ハウスにて周年栽培が行われている。
東京・銀座にも高知県のアンテナショップ「まるごと高知」を運営しており、様々な特産品を購入することができる。

世界有数の「トマト王国」!高知県はフルーツトマト発祥の地
甘いだけじゃない。酸味、甘味、食味の三拍子が揃うのが高知産トマト
高知県はフルーツトマト発祥の地。全国的に有名な「徳谷トマト」をはじめ、豊富な日照時間と、平地、山地の標高差を生かして糖酸バランスがとれている高品質なブランドトマトが一年中収穫されます。

フルーツトマトの始まり
1970年、台風の被害により農地に海水が流れ込み、土壌に強い塩分が残ったため、本来大玉に育つはずだったトマトは、塩害のためピンポン球くらいにしか育ちませんでした。その小玉のトマトは濃厚でミネラルバランスの良い甘いトマトでした。それが現在のフルーツトマトの始まりです。

冬春トマトの時期到来。11月上旬から順次出荷開始!
夏野菜のイメージがあるトマトですが、高知では「冬春トマト(収穫時期:11月~6月)」が種類豊富に栽培されています。冬春トマトの中でもユニークなものをご紹介します。
高知が発祥の地・冬が旬の「フルーツトマト」ユニークな冬春トマトが11月より順次出荷開始
高知県は「にら」生産量日本一!
高知県は「にら」の収穫量、出荷量とも全国1位のシェアを占めています。高知の「にら」は肉厚で幅広の葉、香りの強さが特徴。日照時間が長く温暖な気候は栽培に適しており、露地とハウスで1年を通じて栽培されています。

葉先から根元まで栄養たっぷり
食物繊維豊富な緑黄色野菜。ニンニクにも含まれるアリシンが独特な香りの元。辛みのもととなる硫化アリル類の一種であるアリシンは、ビタミンB1の活性を高め、血液を固まりにくくする働きがあります。また、カロテンやビタミンEを多く含み、ビタミンB群の一種である葉酸も豊富です。

特許取得「パーシャルシール包装」で鮮度抜群
収穫期を迎えた「にら」は1株づつカマで収穫され、「そぐり」と呼ばれる調整作業できれいに整えられます。その後、束ねられた「にら」は、出荷工場で「パーシャルシール包装」を施され、出荷されます。

【パーシャルシール包装について】
青果の鮮度を保つための包装技術で、高知県農業技術センターが2001年に特許取得。通常の出荷体系では、包装フィルムを完全密封したり逆に封をせずに産地~市場~消費者へと届けられているが、パーシャルシールは包装フィルムをとじ合わせる際、完全密封ではなく部分的に接着し、肉眼では見えない程度の隙間を作るのが特徴。

青果は、収穫後も呼吸を続けるため、時間の経過と共に鮮度が低下するが、パーシャルシールはその微妙な隙間によって野菜の呼吸量を意図的に調整し、包装袋内を低酸素、高二酸化炭素状態にして呼吸を抑える仕組みとなっている。

高知県のアンテナショップ「まるごと高知」 http://www.marugotokochi.com/index.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 日本初の電解水設備を導入したオランダ式の太陽光利用型植物工場が高知県南国市にオープン
     整水器シェアNo.1の日本トリムが連携協定を結ぶ高知県・南国市・JA南国市・高知大学の4者との官民…
  2. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  3. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  4. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  5. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  6. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  7. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  8. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  9. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  10. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 発電過程から出るCO2と廃熱を植物工場に利用。キャタピラー社とサンセレクトが戦略的提携を発表
     30年以上の太陽光利用型植物工場による高品質野菜の生産を行うサン・セレクト プロデュース社と建設・…
  2. 東芝の植物工場施設が今年末で閉鎖。野菜の生産・販売事業からは撤退・システム販売は継続
     東芝は、神奈川県横須賀市にて稼働させていた完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」…
  3. 大林組、植物工場ベンチャーのスプレッドと提携。日産3万株の大規模施設を検討
     株式会社スプレッドは同社が開発した完全人工光型植物工場”Vegetable Factory(TM)…
  4. 三菱樹脂、中国・無錫市に太陽光利用型植物工場の販売拠点を設立
     三菱樹脂株式会社の子会社で、太陽光利用型植物工場を展開する三菱樹脂アグリドリーム株式会社は、中国・…
ページ上部へ戻る