北海道サラダパプリカ、釧路市に太陽光利用型植物工場によるパプリカ生産・冷涼気候を利用した通年栽培へ

 富士電機、清水建設、ウシオ電機は、地元の金融機関とともに、北海道釧路市でパプリカ栽培事業を手掛ける(株)北海道サラダパプリカに出資し、太陽光利用型植物工場による生産・販売事業を開始する。北海道サラダパプリカは、本年3月に(株)信州サラダガーデンが釧路市の支援を受けて設立した事業会社である。

国内のパプリカ市場に目を向けると、年間消費量が37,000トンに上るものの、約90%を輸入品が占めています。国内には、より新鮮、安全、安心な国産品を求める消費者の根強い声があり、㈱北海道サラダパプリカはそうした潜在需要を開拓すべく、パプリカ栽培に適した釧路の冷涼な気候を利用して、通年にわたり高品質なパプリカを生産・販売します。

 事業用地は、釧路市から賃借する約3万㎡の土地(釧路市大楽毛北)です。今月内にも太陽光利用型植物工場(23,000㎡)、集出荷施設、事務所等の建設に着手し来年3月に竣工、その後、来夏の初出荷に備えてパプリカ(赤、黄、オレンジ)の栽培を始めます。

B to B型販売を基本とし、主に首都圏、北海道内の顧客を開拓します。計画では事業開始3年目の2018年に単年度黒字化、事業開始5年目の2020年に生産量600t/年の達成を目指します。本事業の設備投資額は約9~10億円前後。

施設の特徴
最先端の環境制御技術を駆使することで、最小限のエネルギーで、パプリカの周年栽培を実現する大型園芸施設です。暖房などの熱源には、隣接する製紙会社からの蒸気排熱を活用します。

<富士電機>
本プラントの建築をEPC(設計・調達・施工)で担います。産業分野で培った空調制御とエネルギーマネジメントの技術を活かし、パプリカの栽培に必要な温度、湿度、日射量などを最適制御することで、省エネ、効率的な施設運営に貢献します。

<清水建設>
建設業で長年培ってきた温熱・気流・光などの室内環境評価や施設の害虫対策などの技術力、第三者認証などのノウハウを農業分野における異業種間協働に活かし、新しい施設栽培手法の確立に貢献します。

<ウシオ電機>
釧路の気候に近いオランダの植物工場で実績が高く評価されているナトリウムランプと、点灯システム一式を納入します。ナトリウムランプは、光合成や形態形成に必要な波長を含む幅広い波長帯域をカバーした放電ランプで、パプリカの育苗を促進し、栽培・収穫の効率化に貢献します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  2. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  3. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  4. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  5. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  6. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  7. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  8. シンガポールでの都市型農業ブーム。自然公園エリアの貸農園も予約待ちへ
     シンガポールの自然公園エリア「ホート・パーク」内に去年の7月より運営を開始している貸農園(レンタル…
  9. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  10. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 都市近接の低コスト型植物工場にてフレッシュハーブの生産へ(アグリサーチ)
     国内外の農業資材を活用した低コスト栽培を推進する有限会社アグリサーチ(福岡県中央区)が、完全人工光…
  2. イギリスにおける施設園芸の技術開発機関、LED光源・多段式を採用した植物工場が稼働
     イギリスのストックブリッジ・テクノロジー・センターでは、民間企業と連携しながら、LED光源による補…
  3. デアゴスティーニによる家庭用LED植物工場の第2弾。野菜・ハーブの水耕栽培キットを販売開始
     株式会社デアゴスティーニ・ジャパンは、LED光源を採用した家庭用・小型植物工場を簡単に楽しめる「L…
  4. サカタのタネ・住友化学園芸など、レタスや薬味の栽培用キットを全国ファミマ店舗にて販売
     サカタのタネ、ファミリーマート、住友化学園芸の3社は、野菜や草花などガーデニング分野におけるオリジ…
ページ上部へ戻る