日本初、西友が日本糖尿病協会監修の健康配慮型弁当を発売

 合同会社西友では、11月6日から11月30日の期間、日本糖尿病協会が監修した「8品目のヘルシー弁当」(398円・税抜)を全国341店舗で発売する。日本の糖尿病患者数は増加傾向にあり、総人口の6分の1にあたる約2210万人が糖尿病またはその予備群に該当すると言われている。
日本初、西友が日本糖尿病協会監修の健康配慮型弁当を発売
予防のための食生活や生活習慣の見直しへの関心が高まるなか、西友の100%子会社で惣菜の開発・製造・販売を担う株式会社若菜は、かねてから注力しているお客様の健康ニーズに見合う商品拡充施策の一環として、日本糖尿病協会監修のもと、カロリーや栄養バランスを考慮した「8品目のヘルシー弁当」を開発した。

「8品目のヘルシー弁当」は、カロリー控えめ、各栄養成分をバランス良くとりいれながらも、楽しみながら食事をしていただけるよう、野菜中心のおかずを品数多く揃えました。加えて、腹持ちを考え、充分にご満足いただける量の雑穀米を入れるなど、おいしさと食べごたえを実現するため工夫を凝らしています。
また、自社工場で製造することで、398円という、関連商品に比べて圧倒的な低価格を実現しました。

西友では、11月14日の「世界糖尿病デー」や、11月9日から15日までの全国糖尿病週間のある11月に健康配慮型弁当を全国販売することで、糖尿病予防は基より、体重の増加を気にされている方、食生活を改善したいと考えている方、普段、食事に気を使っていない方にも、バランスの取れた食生活に目を向けていただくための一助となることを目指しています。

【「8品目のヘルシー弁当」栄養成分値(1包装あたり)】
・エネルギー 464kcal
・タンパク質 19.8g
・脂質    15.1g
・炭水化物  62.2g
・食塩相当   2.3g
 *関東エリア商品の栄養成分値です。

【商品の特徴・工夫点】
・「十六穀米御飯」と「五種豆と五穀入り御飯」の2種類のご飯は、白米よりもビタミン、ミネラルを多く含み、また、噛む回数が多くなることで、腹持ちが良くなるようにしました。
・メインディッシュ「チキントマト煮」は低カロリーで、十分満足を感じていただける1品。
・8品目という多品種にしたことで、彩りが良く、少しずつ味付けを変えることで楽しく食事ができます。
・小松菜やひじきは、カルシウムや鉄分が多く、健康や体調管理には最適。

【公益社団法人日本糖尿病協会のコメント】
国内の糖尿病患者の数、特に高齢患者の割合は増加傾向にあります。同様に予備群の数も増加の一途をたどっているため、日本糖尿病協会ではさまざまな糖尿病啓発活動を実施しています。今後は、患者予備群や一般の方にも食生活の改善をより強く意識づけられる事業を検討しており、今回の若菜の弁当監修もその一環として取り組んでおります。

開発過程では栄養成分値(エネルギー量、エネルギー量に対する三大栄養素の比率や塩分量)について特に留意してアドバイスさせていただきましたが、厳しい条件を満たしながらも、当協会が求めた栄養成分値に沿ったお弁当が完成したこと、また若菜(西友)の全国の販売網を通じて販売されることによって、普段我々がリーチできていない一般の方への大きな啓発になると期待しています。

【株式会社若菜概要】
本社所在地:埼玉県川越市下赤坂1795-1
創業:1975年
株主:合同会社 西友100% 
代表者:代表取締役社長 中村 真紀
事業内容:惣菜商品の製造・販売
店舗数:341店
工場所在地:9ケ所-北海道、宮城、埼玉(川越・加須)、千葉、岐阜、京都、福岡(福岡・広川)

関連リンク 西友

http://www.seiyu.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  2. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  3. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  4. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  5. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  6. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  7. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  8. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  9. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  10. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 富士通など、フィンランドに完全人工光型植物工場を活用する農作物の生産・販売を行う新会社を設立
     富士通株式会社と株式会社富士通九州システムズ(FJQS)は、Robbe's Little Gard…
  2. 欧州におけるグリーン・カーテン市場、家庭への普及は限定的
     The Royal Horticultural Society(RHS)が主催するイギリス・チェル…
  3. ベトナム・ホーチミン市が農業の近代化プランを発表。2020年までに農家平均所得を32万円以上へ
     ここ5年間でベトナム・ホーチミン市における農業は大きく変化している。ホーチミン市は現在、24の行政…
  4. エスジーグリーンハウス、植物工場による低カリウムレタスの生産へ
     2007年より太陽光利用型植物工場にてリーフレタスの生産・販売を行っているエスジーグリーンハウス(…
ページ上部へ戻る