原宿・BROOK’S green caféがリニューアル。店内には植物工場・水耕栽培による野菜の栽培も

 コーヒー・茶類等の通信販売事業を行う株式会社ブルックスは、原宿に店舗を構える『BROOK’S CAFÉ原宿店』を「からだキレイ化計画」をコンセプトとしたカフェ『BROOK’S green café』として10月21日にリニューアルオープンした。

オーガニックや米粉100%のグルテンフリースイーツなど美容・健康をテーマに、小麦アレルギーやベジタリアンの方にもお勧めの商品を提供している。また店内では人工光型植物工場による野菜の水耕栽培も行われている。
原宿・BROOK’S green caféがリニューアル。店内には植物工場・水耕栽培による野菜の栽培も

◆オーガニック(有機栽培)の素材を取り入れた安心安全なメニュー
安全性や美容・健康のために近年有機栽培のものを取り入れる方が増えており、海外においてもオーガニック食品市場は拡大しています。訪日外国人観光客も多く訪れる「BROOK’S green café」ではそのような需要に応えるため、有機栽培のコーヒー豆を100%使用したハンドドリップ珈琲をはじめ、日本茶、紅茶(国産)、ハーブティー、オレンジジュースやアップルジュースもオーガニックで取り揃えました。

店内入り口の大型冷蔵ショーケースには、「腸内環境が気になる」、「肌の調子が気になる」等ご自身の気になることに合わせてお選びいただけるスムージーとサラダを並べました。有機野菜や果物等をふんだんに使用したスムージーは見た目にもカラフルで、素材がすぐにわかるようにカット野菜・カット果物の状態でジャーに入っており、ショーケースからレジにお持ちいただければその場でフレッシュスムージーとしてご提供いたします。
原宿・BROOK’S green caféがリニューアル。店内には植物工場・水耕栽培による野菜の栽培も
◆米粉100%のグルテンフリースイーツ
米粉を100%使用した自家製コーヒー味のカステラ、シフォンケーキ、フィナンシェ、マドレーヌ等の“グルテンフリー”のスイーツを提供いたします。小麦粉ではなく米粉を使用することで、グルテンの摂取を避けている方や小麦アレルギーの方も安心して楽しめるスイーツに仕上げました。

◆ヴィーガンメニューも提供
動物性食品を摂取しないヴィーガンの方に向けたメニューもご用意いたしました。食生活にこだわりたい方、思想や宗教上の理由等で動物性食品を取り入れられない方にもお召し上がりいただけます。『BENTO(ベントー)』と名付けたヴィーガンセットは、卵を使わずに仕上げた米粉使用のバンズに、豆腐のパテをサンドしました。ベジタリアンの方にもおすすめです。

◆10カ国語対応メニューの設置
昨今、日本に訪れる外国人の数も増加しており、BROOK’S CAFÉ原宿店も訪日外国人のお客様に多く利用いただいています。ブルックスでは、リニューアルを機に、訪日外国人のお客様により一層ご満足頂けるよう、英語、中国語(簡体字・繁体字)、フランス語、韓国語、スペイン語、イタリア語、ドイツ語、タイ語の10カ国語のメニューを用意します。

◆水耕栽培プランターの設置
店内中央には水耕栽培プランターを設置し、こちらの水耕栽培で育った野菜を店内でご提供するメニューにも使用いたします。
原宿・BROOK’S green caféがリニューアル。店内には植物工場・水耕栽培による野菜の栽培も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  2. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  3. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  4. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  5. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
  6. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  7. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  8. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  9. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  10. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 韓国ソウル市、規制緩和により垂直農場・植物工場プロジェクトを計画
     韓国ソウル市にて垂直農場プロジェクトが計画されている。ソウル市は4月13日、ソウル市特別市南西部に…
  2. カナダ・エドモント市による法改正、植物工場や屋上菜園など生産方式の明確化
    農業利用に関する土地活用条例が2016年2月から施行  カナダ・エドモント市議会では都市型農業や地…
  3. ネパール・カトマンズ市による都市型農業・屋上ファームの普及、住民へのトレーニングも実施
     ネパールのカトマンズ市は都市型農業や都市緑化を拡大させるため、住民150戸に対して屋上・テラス等の…
  4. 愛媛県による新品種「紅い雫」を開発、高級イチゴとして11月下旬より出荷予定
     愛媛県が開発したイチゴの新品種を「紅(あか)い雫(しずく)」と名付け、6月25日に農林水産省へ品種…
ページ上部へ戻る