ハウス食品、切っても涙が出ない辛みのないタマネギ「スマイルボール」を限定発売

 ハウス食品グループ本社は、切っても涙が出ない、辛みのない全く新しいタマネギを「スマイルボール」と名付け、数量限定・チャネル限定で10月末から発売を開始する。新商品は、タマネギの涙の出る成分(=辛み成分)が発生するのを抑えた、新しいタマネギとなっており、手軽に調理が可能かつ栄養成分の流失を防ぎ、タマネギ本来が持つ甘味を楽しむことができる、という。
ハウス食品、切っても涙が出ない辛みのないタマネギ「スマイルボール」を限定発売

●「スマイルボール」が持つ価値
・タマネギの涙の出る成分(=辛み成分)が発生するのを抑えた、新しいタマネギです。
・タマネギを切った時に目にしみることがありません。また切った時に付く臭いもほとんど気にならないため、楽しく快適に調理できます。
・生で食べても辛みをほとんど感じないため、水にさらす必要がありません。
 手軽に調理できることに加え、栄養成分の流失を気にすることなくタマネギ本来の栄養をまるごと摂ることにつながります。
・辛みがほとんどなく、タマネギの持つ甘みがそのまま感じられます。〔1〕厚切り〔2〕すりおろし〔3〕丸かじりと、生のままでさまざまなメニューをお楽しみいただけます。

●「スマイルボール」の名前の由来
『涙を流さなくなることで、全てのお客様が笑顔になる新しいタマネギでありたい。これまでのタマネギにとらわれず、新しい食べ方や食シーンをお客様と一緒に(キャッチボールをしながら)創造できるタマネギでありたい。』という想いを込め、笑顔とボールを組み合わせて「スマイルボール」としました。

●「スマイルボール」の販売について
・販売価格は、約400g(中玉2個相当)で450円(税別)を想定しています。
・有機野菜などの食材宅配ネットスーパーを展開されている「Oisix(おいしっくす)」(https://www.oisix.com/)で10月29日(木)から発売予定です。
・都内の一部の百貨店にて10月末から発売予定です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  2. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  3. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  4. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  5. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  6. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  7. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  8. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  9. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  10. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 凸版印刷、次世代型農業ビジネスを手がける株式会社福井和郷と資本・業務提携へ
     凸版印刷株式会社は、植物工場をはじめとする次世代型農業ビジネスを手掛ける株式会社福井和郷と2016…
  2. NYのジョンFケネディ空港にて、新たな都市型農業PJがスタート
     学校(Farm to School)やレストラン、消費者(Farm to Table)といった地産…
  3. 英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入
     英国の食品・食料品流通関連の調査会社であるIDGによると「意識的に地元食材(ローカルフード)を購入…
  4. 台北や韓国などの都市型農業拡大。ソウル市は2年間で約4倍(118ha)の緑化・農地エリア拡大
     台北市では市が中心となって都市型農業や都市エリアの緑化を進めており、市民参加型の貸農園、学校・生徒…
ページ上部へ戻る