国土防災技術、純国産フルボ酸による土壌改良、塩害被害の水田を半年間で改善

 国土防災技術株式会社が開発した植物活性効果のある“純国産フルボ酸”などを含む「人工腐植技術」は、これまで森林緑化等の環境改善にて公共事業を中心に利用され大きな成果を上げてきましたが、近年では塩害等により荒廃した水田の復旧活動においても利用されている。

同技術により、千葉県武市の塩害を受けた水田が、2015年3月にフルボ酸を撒いて半年が経過した現在、2年前まで10aあたり1俵しか収穫できなかった水田を9俵にまで飛躍的に改善することに成功した、という。純国産フルボ酸を用いた「人工腐植技術」は、将来的に森林緑化支援から農業支援まで幅広い用途が期待されています。
国土防災技術、純国産フルボ酸による土壌改良、塩害被害の水田を半年間で改善

※ フルボ酸とは
フルボ酸は、自然界では微量にしか生産されない貴重な資源で、通常は腐植土壌に多く存在します。腐植土壌とは、森林生態系において地上部の動植物により生産された有機物が堆積し、微生物により分解されて土状になったものです。
またフルボ酸は、もともと森林や土壌の中に存在する有機酸の一つで、植物にミネラルを補給する役目を担っています。フルボ酸は植物が必要とする肥料の交換能力を高め、効率よく肥料吸収を図り光合成量を向上させ、酷暑期の耐性を高める効果もあります。

■純国産フルボ酸使用「人工腐植技術」について
自然界では1cm形成するのに100年の時間を要していた腐植土壌の形成を技術的に可能にし、海外の採掘資源より高い性能を有する人工腐植土及びフルボ酸を造成することに成功しました。

一般的にフルボ酸はほぼ海外輸入品に頼っていて、海外の腐植土層を破壊し環境悪化を招いているともいわれています。その点、国土防災技術株式会社のフルボ酸は国内森林資源のみを使用している純国産であるばかりでなく、林野庁の指導のもとに伐採しており森林整備にも協力。自然に優しい製法で輸入に頼らず、さらに日本の森を豊かにする画期的なフルボ酸です。

<開発の背景>
森林が伐採され裸地のまま放置されると、それまで長い年月をかけて形成されてきた栄養分豊かな腐植土壌が雨によって流され、栄養分をほとんど含まない無機土壌層が表面に露出。そのため植生の復元が著しく遅くなります。

このような状況を改善するためバーク系資材を用いた緑化工事が行われてきましたが、自然に近い土壌に近づけるためピートモス等の海外の採掘資源を長年活用してきた経緯があります。しかし近年、環境に対する関心度が高まり、国内の緑化資材の自給的資源開発と有機質資材の性能向上が望まれてきました。
国土防災技術株式会社は、そのような要望に応えて、純国産フルボ酸使用「人工腐植技術」を開発しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  2. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  3. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  4. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  5. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  6. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  7. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  8. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  9. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  10. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 山形包徳、植物工場による低硝酸・低カリウムレタスが透析患者用として院内給食に採用
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社山形包徳では、同社の福祉事業部が運営する障がい者主体の低カリ…
  2. アオスフィールドなど、湯沢町に再エネ活用したコンテナ型のデータセンターを新設
     株式会社アオスフィールドと株式会社ゲットワークスは、新潟県南魚沼郡湯沢町に湯沢町初となるデータセン…
  3. 台湾・植物工場マッチング視察ツアーの報告
     人工光型植物工場の稼働施設数では日本に次ぐ世界で2番目に多い台湾。2015年11月19日~22日に…
  4. オリックス不動産、兵庫県養父市の植物工場にて初収穫
     廃校になった養父市大屋町門野の旧市立南谷小学校体育館を活用し、オリックスグループが開設した植物工場…
ページ上部へ戻る