リサーチステーション、植物工場などのスマート温室農業の世界市場・調査レポートの発行

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「スマート農業温室(Smart Greenhouse)の世界市場:2020年市場予測」の調査レポートを発行した。スマート農業温室(Smart Greenhouse)の世界市場規模は2015年以後、年平均成長率14.18%で成長を続け2020年には12億ドルに達すると予測されている。

スマート農業温室は制御技術や機械化により人的労力の介在を大幅に低減した都市型農業や植物工場システム等を含み、空調管理(HVAC)、植物育成LED照明、灌漑システム、マテリアルハンドリング、バルブとポンプ、通信技術、制御システムなど多くの技術から成り立っています。
市場は欧州でいち早く広まり、同地域は現在も大きなシェアを占めていますが、今やその普及は世界規模となりつつあります。アジア太平洋、中東その他地域では顕著な市場成長が見られます。

当レポートでは、2015年から2020年に至る世界のスマート農業温室の市場規模推移、技術別市場(HVAC、LED照明、灌漑システム、制御システムなど)、タイプ別市場(水耕、非水耕)、主要国別市場などの詳細予測データを掲載しています。また競合分析、リーディング企業動向などの調査情報も交えて、概略以下の構成でお届けいたします。

【英文市場調査レポート】
スマート農業温室(Smart Greenhouse)の世界市場:2020年市場予測
Smart Greenhouse Market – Forecast to 2020
http://researchstation.jp/report/MAM/1/Smart_Greenhouse_2020_MAM136.html

【レポート構成概要】
◆スマート農業温室(Smart Greenhouse)の世界市場予測2015-2020年

◆セグメント別市場予測2015-20、および分析
<技術別市場予測>
・空調管理(HVAC)
・植物育成LED照明(LED Grow Light)
・通信技術
・灌漑システム
・マテリアルハンドリング
・バルブとポンプ
・制御システム
・その他技術

<温室タイプ別市場予測>
・水耕栽培
・非水耕栽培

<主要国・地域別市場予測>
北米地域
・米国
・カナダ
・メキシコ
欧州地域
・ドイツ
・英国
・オランダ
・その他欧州諸国
アジア太平洋地域
・日本
・中国
・オーストラリア、ニュージーランド
・その他アジア太平洋諸国
その他地域(Rest of the World)

◆競合分析、市場展望

◆リーディング企業動向
・ARGUS CONTROL SYSTEM LTD.
・CERTHON
・HELIOSPECTRA AB
・LOGIQS B.V.
・LUMIGROW, INC.
・GREENTECH AGRO LLC
・NEXUS CORPORATION
・HORT AMERICAS
・TERRASPHERE SYSTEMS, LLC
・ROUGH BROTHERS INC.

詳細URL:
http://researchstation.jp/report/MAM/1/Smart_Greenhouse_2020_MAM136.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  2. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  3. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  4. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  5. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  6. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  7. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  8. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  9. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  10. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 台湾「国際果実・野菜見本市」展示会、植物工場プラントメーカーからアクアポニックまで幅広く出展
     前回の紹介記事の通り、台湾のマイ・エグジビション株式会社は、2016年11月10日~11月12日ま…
  2. 韓国とイスラエルによる共同ドローン開発がスタート。ブドウ畑などハイテク農業用ドローンなどを想定
     韓国とイスラエルの両国がそれぞれの政府支援を受けてドローンの研究開発を実施する、と6月20日に公表…
  3. メトロ・アトランタが都市型農業を拡大するために米国農務省から約2,500万円の補助金を獲得
     非営利団体のメトロ・アトランタ・アーバンファームは米国農務省(USDA)から約2,500万円の助成…
  4. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
ページ上部へ戻る