リサーチステーション、植物工場などのスマート温室農業の世界市場・調査レポートの発行

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「スマート農業温室(Smart Greenhouse)の世界市場:2020年市場予測」の調査レポートを発行した。スマート農業温室(Smart Greenhouse)の世界市場規模は2015年以後、年平均成長率14.18%で成長を続け2020年には12億ドルに達すると予測されている。

スマート農業温室は制御技術や機械化により人的労力の介在を大幅に低減した都市型農業や植物工場システム等を含み、空調管理(HVAC)、植物育成LED照明、灌漑システム、マテリアルハンドリング、バルブとポンプ、通信技術、制御システムなど多くの技術から成り立っています。
市場は欧州でいち早く広まり、同地域は現在も大きなシェアを占めていますが、今やその普及は世界規模となりつつあります。アジア太平洋、中東その他地域では顕著な市場成長が見られます。

当レポートでは、2015年から2020年に至る世界のスマート農業温室の市場規模推移、技術別市場(HVAC、LED照明、灌漑システム、制御システムなど)、タイプ別市場(水耕、非水耕)、主要国別市場などの詳細予測データを掲載しています。また競合分析、リーディング企業動向などの調査情報も交えて、概略以下の構成でお届けいたします。

【英文市場調査レポート】
スマート農業温室(Smart Greenhouse)の世界市場:2020年市場予測
Smart Greenhouse Market – Forecast to 2020
http://researchstation.jp/report/MAM/1/Smart_Greenhouse_2020_MAM136.html

【レポート構成概要】
◆スマート農業温室(Smart Greenhouse)の世界市場予測2015-2020年

◆セグメント別市場予測2015-20、および分析
<技術別市場予測>
・空調管理(HVAC)
・植物育成LED照明(LED Grow Light)
・通信技術
・灌漑システム
・マテリアルハンドリング
・バルブとポンプ
・制御システム
・その他技術

<温室タイプ別市場予測>
・水耕栽培
・非水耕栽培

<主要国・地域別市場予測>
北米地域
・米国
・カナダ
・メキシコ
欧州地域
・ドイツ
・英国
・オランダ
・その他欧州諸国
アジア太平洋地域
・日本
・中国
・オーストラリア、ニュージーランド
・その他アジア太平洋諸国
その他地域(Rest of the World)

◆競合分析、市場展望

◆リーディング企業動向
・ARGUS CONTROL SYSTEM LTD.
・CERTHON
・HELIOSPECTRA AB
・LOGIQS B.V.
・LUMIGROW, INC.
・GREENTECH AGRO LLC
・NEXUS CORPORATION
・HORT AMERICAS
・TERRASPHERE SYSTEMS, LLC
・ROUGH BROTHERS INC.

詳細URL:
http://researchstation.jp/report/MAM/1/Smart_Greenhouse_2020_MAM136.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  2. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  3. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  4. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  5. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  6. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  7. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  8. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  9. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  10. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
  2. 伊藤忠商事、廃棄物からバイオ航空燃料を製造する米Solena社へ出資
     伊藤忠商事は、都市ごみ等のバイオマスからバイオ航空燃料等の持続可能バイオ燃料を製造する技術を持つ、…
  3. 韓国ソウル市、規制緩和により垂直農場・植物工場プロジェクトを計画
     韓国ソウル市にて垂直農場プロジェクトが計画されている。ソウル市は4月13日、ソウル市特別市南西部に…
  4. 「生物農薬」で販売される飛ばないテントウムシ、ハウス内にて長期間の防除効果が期待
     農研機構の「近畿中国四国農業研究センター」は、テントウムシの一種・ナミテントウを飛ばないように改良…
ページ上部へ戻る