リサーチステーション、植物工場などのスマート温室農業の世界市場・調査レポートの発行

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「スマート農業温室(Smart Greenhouse)の世界市場:2020年市場予測」の調査レポートを発行した。スマート農業温室(Smart Greenhouse)の世界市場規模は2015年以後、年平均成長率14.18%で成長を続け2020年には12億ドルに達すると予測されている。

スマート農業温室は制御技術や機械化により人的労力の介在を大幅に低減した都市型農業や植物工場システム等を含み、空調管理(HVAC)、植物育成LED照明、灌漑システム、マテリアルハンドリング、バルブとポンプ、通信技術、制御システムなど多くの技術から成り立っています。
市場は欧州でいち早く広まり、同地域は現在も大きなシェアを占めていますが、今やその普及は世界規模となりつつあります。アジア太平洋、中東その他地域では顕著な市場成長が見られます。

当レポートでは、2015年から2020年に至る世界のスマート農業温室の市場規模推移、技術別市場(HVAC、LED照明、灌漑システム、制御システムなど)、タイプ別市場(水耕、非水耕)、主要国別市場などの詳細予測データを掲載しています。また競合分析、リーディング企業動向などの調査情報も交えて、概略以下の構成でお届けいたします。

【英文市場調査レポート】
スマート農業温室(Smart Greenhouse)の世界市場:2020年市場予測
Smart Greenhouse Market – Forecast to 2020
http://researchstation.jp/report/MAM/1/Smart_Greenhouse_2020_MAM136.html

【レポート構成概要】
◆スマート農業温室(Smart Greenhouse)の世界市場予測2015-2020年

◆セグメント別市場予測2015-20、および分析
<技術別市場予測>
・空調管理(HVAC)
・植物育成LED照明(LED Grow Light)
・通信技術
・灌漑システム
・マテリアルハンドリング
・バルブとポンプ
・制御システム
・その他技術

<温室タイプ別市場予測>
・水耕栽培
・非水耕栽培

<主要国・地域別市場予測>
北米地域
・米国
・カナダ
・メキシコ
欧州地域
・ドイツ
・英国
・オランダ
・その他欧州諸国
アジア太平洋地域
・日本
・中国
・オーストラリア、ニュージーランド
・その他アジア太平洋諸国
その他地域(Rest of the World)

◆競合分析、市場展望

◆リーディング企業動向
・ARGUS CONTROL SYSTEM LTD.
・CERTHON
・HELIOSPECTRA AB
・LOGIQS B.V.
・LUMIGROW, INC.
・GREENTECH AGRO LLC
・NEXUS CORPORATION
・HORT AMERICAS
・TERRASPHERE SYSTEMS, LLC
・ROUGH BROTHERS INC.

詳細URL:
http://researchstation.jp/report/MAM/1/Smart_Greenhouse_2020_MAM136.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  2. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  3. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  4. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  5. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  6. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  7. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
  8. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  9. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  10. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 山形包徳、植物工場による低硝酸・低カリウムレタスが透析患者用として院内給食に採用
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社山形包徳では、同社の福祉事業部が運営する障がい者主体の低カリ…
  2. NASAによる宇宙ステーションや火星探査での農業・植物工場への取り組み
     2015年8月10日には、国際宇宙ステーション(ISS)に滞在しているNASAの宇宙飛行士が、人工…
  3. オーストラリア、農業分野の人材獲得競争が激化
     米国でも農作業員の人材不足を危惧し、さらなる自動化を進める生産者が増えているが、農業大国のオースト…
  4. 大阪府による農福連携イベント。マルシェの開催や植物工場の見学会も実施
     大阪府では、農業の多様な担い手の確保と障がい者の雇用・就労の拡大を図るため、農と福祉の連携「ハート…
ページ上部へ戻る