ベジタリア、農業用圃場環境モニタリングシステム・新型フィールドサーバの予約開始

 ベジタリア株式会社は、植物の生育に必要な環境情報をモニタリングする農業用圃場環境モニタリングシステム「FieldServer(フィールドサーバ)シリーズ」の新型モデル「FieldServer-VI」の販売予約を2015年10月14日に開始する。
ベジタリア、農業用圃場環境モニタリングシステム・新型フィールドサーバの予約開始
今回発表する「FieldServer-VI(フィールドサーバVI)」は、スタンドアローンで温度、湿度、日射量を計測でき、オプションセンサを取り付けることで圃場・作物にあった環境データを測定することができます。設置にあたっては電源工事などの必要はなく、電池とソーラーのみで稼働することができ、どのような圃場にも簡単に設置できます。

 大規模な圃場の場合には、FieldPoint(フィールドポイント)を子機として複数台組み合わせて利用することで、比較的安価に導入可能です。「FieldServer-VI(フィールドサーバVI)」とFieldPoint(フィールドポイント)間の通信は、情報通信研究機構(NICT)が中心的な役割を果たして国際標準規格化した無線通信規格「Wi-SUN」に準拠しており、データ通信量を抑えるとともに、省電力化を図っております。

収集されたセンサデータは、インターネット回線を経由してクラウドサーバーに安全に蓄積され、スマートフォンやタブレットの専用アプリで圃場から離れた遠隔地からもいつでも環境データを把握できます。また、専用アプリには、ピンポイントの天候予測も可能、別途オプションで作物ごとの病害虫発生予測、収穫時期予測なども確認できるようになります。
ベジタリア、農業用圃場環境モニタリングシステム・新型フィールドサーバの予約開始
■FieldServer-VIの主な特長
・大規模、広域分散圃場の管理費改善に最適
・スマホ・タブレットで圃場環境の確認可能
・フィールドポイントは100台まで接続可能
 ※接続台数が増えると常時電源が必要
 ※電波を阻害するものがなく見通しが良い環境が必要
・作物の生育環境に応じて選べる多彩なセンサ群
・病害虫などのリスク管理に便利
・プッシュ通知で「注意報」をお知らせ
・ソーラー電池と乾電池稼働で設置工事など不要
・IP55保護等級の密閉構造で屋外/屋内に設置可能
・APIにより、外部既存システム連携も可能(開発中)

<FieldServer-VIに関する情報ページ>
http://field-server.jp/fieldpoint/

<FieldServer-VIの提供価格>
販売価格:198,000円(税別)から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  2. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
  3. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  4. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  5. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  6. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  7. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  8. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  9. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  10. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 生鮮野菜への機能性表示食品が認可、植物工場野菜の市場拡大にも寄与
     消費者庁は8日、初の生鮮食品2製品を含む機能性表示食品4製品の届出情報を公表した。今年4月の制度開…
  2. 村上農園、機能性表示の新制度を背景に機能性野菜スプラウトが販売好調
     太陽光利用型植物工場や施設園芸を中心としたスプラウト生産大手の株式会社村上農園が生産販売する2つの…
  3. 台湾「国際果実・野菜見本市」展示会、植物工場プラントメーカーからアクアポニックまで幅広く出展
     前回の紹介記事の通り、台湾のマイ・エグジビション株式会社は、2016年11月10日~11月12日ま…
  4. オリックス不動産、兵庫県養父市の植物工場にて初収穫
     廃校になった養父市大屋町門野の旧市立南谷小学校体育館を活用し、オリックスグループが開設した植物工場…
ページ上部へ戻る