ベジタリア、農業用圃場環境モニタリングシステム・新型フィールドサーバの予約開始

 ベジタリア株式会社は、植物の生育に必要な環境情報をモニタリングする農業用圃場環境モニタリングシステム「FieldServer(フィールドサーバ)シリーズ」の新型モデル「FieldServer-VI」の販売予約を2015年10月14日に開始する。
ベジタリア、農業用圃場環境モニタリングシステム・新型フィールドサーバの予約開始
今回発表する「FieldServer-VI(フィールドサーバVI)」は、スタンドアローンで温度、湿度、日射量を計測でき、オプションセンサを取り付けることで圃場・作物にあった環境データを測定することができます。設置にあたっては電源工事などの必要はなく、電池とソーラーのみで稼働することができ、どのような圃場にも簡単に設置できます。

 大規模な圃場の場合には、FieldPoint(フィールドポイント)を子機として複数台組み合わせて利用することで、比較的安価に導入可能です。「FieldServer-VI(フィールドサーバVI)」とFieldPoint(フィールドポイント)間の通信は、情報通信研究機構(NICT)が中心的な役割を果たして国際標準規格化した無線通信規格「Wi-SUN」に準拠しており、データ通信量を抑えるとともに、省電力化を図っております。

収集されたセンサデータは、インターネット回線を経由してクラウドサーバーに安全に蓄積され、スマートフォンやタブレットの専用アプリで圃場から離れた遠隔地からもいつでも環境データを把握できます。また、専用アプリには、ピンポイントの天候予測も可能、別途オプションで作物ごとの病害虫発生予測、収穫時期予測なども確認できるようになります。
ベジタリア、農業用圃場環境モニタリングシステム・新型フィールドサーバの予約開始
■FieldServer-VIの主な特長
・大規模、広域分散圃場の管理費改善に最適
・スマホ・タブレットで圃場環境の確認可能
・フィールドポイントは100台まで接続可能
 ※接続台数が増えると常時電源が必要
 ※電波を阻害するものがなく見通しが良い環境が必要
・作物の生育環境に応じて選べる多彩なセンサ群
・病害虫などのリスク管理に便利
・プッシュ通知で「注意報」をお知らせ
・ソーラー電池と乾電池稼働で設置工事など不要
・IP55保護等級の密閉構造で屋外/屋内に設置可能
・APIにより、外部既存システム連携も可能(開発中)

<FieldServer-VIに関する情報ページ>
http://field-server.jp/fieldpoint/

<FieldServer-VIの提供価格>
販売価格:198,000円(税別)から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  2. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
  3. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  4. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  5. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  6. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  7. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  8. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  9. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  10. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 多段式システムでカニを栽培、革新的な生産技術によりシンガポールの食料問題の解決へ
     食料の国内自給率向上を目指すシンガポールでは限られた国土面積であることから、政府が生産品目の選択と…
  2. 新日鉄住金エンジ、ローソンファーム秋田の植物工場に自社システム建築商品を納入
     新日鉄住金エンジニアリング株式会社の建築・鋼構造事業部のシステム建築商品「スタンパッケージ(R)」…
  3. カナダの藻類ベンチャー、閉鎖型・植物工場とアクアポニクスの融合設備にてスーパーフードを生産
     カナダ・リッチモンドの藻類ベンチャーであるアルジブルーム・インターナショナル社は、1年前にスピルリ…
  4. 2050年までに25億人以上が新たに都市部住民へ。加速する都市型農業の必要性
     国連レポートによると、世界の70億人の人々の半数以上が、東京やデリー、上海、メキシコシティ、サンパ…
ページ上部へ戻る