東京・TEPIA先端技術館の特別企画展開催、ネットワーク型家庭用植物工場からドローンの精密農業まで

 TEPIA(一般財団法人高度技術社会推進協会)が運営するTEPIA先端技術館は2015年10月14日(水)より「世界に誇る食の技術展」と題して、日本の「食」に関する技術を集めた特別企画展を開催する。ネットワーク型家庭用植物工場、急速冷凍技術、マグロの完全養殖など日本の食に関わる最先端技術に触れることができる。
東京・TEPIA先端技術館の特別企画展開催、ネットワーク型家庭用植物工場からドローンの精密農業まで

『秋の特別企画展「世界に誇る食の技術展」』
■開催期間:2015年10月14日(水)~12月13日(日)
■入場料 :無料

(1) 展示
【生産をのばす技術】

限られた空間で、自然と調和しながら、生産をのばしてきた工夫を紹介いたします。

・農作物状況の見張り役「ドローンを活用した機密農業」
カメラや各種センサを搭載したドローンを利用して、自動で農地・農作物の状態を良く観察することで、細かい制御が可能になり、農作物の収量及び品質の向上を図ることができます。

・ネットワーク型家庭用植物工場
未来の家庭では、リビングの植物工場で作った野菜がそのまま食卓に並ぶかもしれません。

【新鮮に届ける技術】
産地ならではの様々な農作物、水産品、加工食品を新鮮に私たちに届ける技術を紹介いたします。

・細胞を壊さず、瞬間冷凍「セル・アライブ・システム(CAS)」
冷凍装置内に磁場を発生させて水分子を細かく振動させながら冷やすことで、細胞膜を壊すことなく、冷凍食材の鮮度、食感、旨味、色味などを保ったまま食卓に届けることが可能になります。

・果実に触れずに傷みから守る「フレシェル(R)」
日本独特の大きくて甘いイチゴ。収穫・輸送時に表面に触れるだけで傷みが始まってしまいます。果実に触れずに収穫、パック詰めすることで、世界中の食卓に日本のイチゴを届けられるようになります。

『TEPIA講演会』
人工ふ化した仔魚からクロマグロの完全養殖に成功した「近大マグロ」についてご講演いただきます。

日時 :2015年11月18日(水)13:00~14:30
場所 :TEPIA 4階 TEPIAホール
講演者:近畿大学水産研究所・水産養殖種苗センター長 升間 主計 教授

<TEPIA先端技術館>
URL: https://www.tepia.jp/exhibition

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  2. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  3. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  4. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  5. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  6. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  7. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  8. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  9. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  10. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 日本マイクロソフトの社員食堂が日本野菜ソムリエ協会認定、植物工場野菜の販売も
     日本マイクロソフト株式会社と、社員食堂「One Microsoft Café」を受託運営しているエ…
  2. 英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入
     英国の食品・食料品流通関連の調査会社であるIDGによると「意識的に地元食材(ローカルフード)を購入…
  3. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
  4. 村上農園、機能性表示の新制度を背景に機能性野菜スプラウトが販売好調
     太陽光利用型植物工場や施設園芸を中心としたスプラウト生産大手の株式会社村上農園が生産販売する2つの…
ページ上部へ戻る