NECソリューションイノベータ、水耕栽培ノウハウをもつ協和と温室ハウス向けクラウドシステムを開発

 NECソリューションイノベータは、協和株式会社と共に、農業ハウス環境制御システム「HERBEST(ハーベスト)」を開発した。
本システムは、協和社の水耕栽培システム「ハイポニカ」と、遠隔地からの農業指導を可能にする同社のクラウドシステム「圃場管理システム」をベースに、協和社の持つ栽培ノウハウによる圃場機器の自動制御機能を新たに開発し、協和社の肥料と栽培指導も組み合わせ、水耕栽培を支援する農業ハウス環境制御システムとして誕生したものです。

「HERBEST」では、自動的に蓄積された栽培環境データをもとにした最適な栽培指導や、システムによって自動解析された栽培環境データと生産者が設定した制御条件をもとに、ハウスの天窓や遮光カーテンなどの機器の自動制御を可能にします。「HERBEST」は2015年10月13日に協和社より販売を開始します。
NECソリューションイノベータ、水耕栽培ノウハウをもつ協和と温室ハウス向けクラウドシステムを開発

【価格および販売目標】
・農業ハウス環境制御システム「HERBEST」
価格(税別):300万円~
備考:導入費用(システムライセンス、初期設定等)

・月額利用料
価格(税別):別途
備考:クラウド利用料、指導料

協和社では、2018年までに国内外合わせて30セットの導入を予定しています。

【背景】
協和社は、水耕栽培システムおよび肥料の製造・販売に50年の歴史を持ち、1粒のトマトの種から約1万7,000個の結実を達成するなど、水耕栽培による革命的な技術を有しています。この栽培技術により、トマトの水耕栽培システムメーカーとして国内最大の顧客数を誇る実績を持ちます。

これまで協和社では、農作物の様子や農業ハウス内の温度や湿度などの栽培環境をもとに栽培指導を行っていましたが、栽培指導担当者が環境データを管理して生産者に説明し、生産者側も圃場機器を手作業で調節しなければならない等、環境の管理に労力を要していました。

そこで両社は、遠隔地でも農業専門家による指導を可能にするNECソリューションイノベータの「圃場管理システム」を利用し、協和社の栽培ノウハウを取り入れた、水耕栽培をICTで支援するシステムを開発しました。
本システムにより、十分な農業経験がない生産者でも、より一層高生産な野菜栽培を実現することができます。

【特長】
1.圃場データをクラウドサーバーから見える化
圃場内のセンサーやカメラのデータを、当社が運営するクラウドサーバーに自動蓄積することにより、圃場内の環境管理や溶液管理、生育状況確認、圃場外の環境管理に必要なデータのグラフ化や分析が可能になります。

2.遠隔地からの栽培指導
離れた場所でも圃場機器の制御や観測データの確認ができるため、作業時間や栽培場所を問わず、最適な栽培指導を可能にします。また、インターネット環境が存在する海外の圃場を管理することもできます。

3.圃場機器の自動制御
生産者が設定した制御条件に従い、圃場機器(天窓、側窓、遮光カーテン、保温カーテン等)の自動制御を行います。従来は管理が難しかった早朝や日没後の時間帯でも、最適な環境管理を可能にします。

<本件に関する情報>
・協和社「HERBEST」/「ハイポニカ」 http://www.kyowajpn.co.jp/hyponica/
・NECソリューションイノベータ「圃場管理システム」 http://www.nec-solutioninnovators.co.jp/sl/ghms/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  2. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  3. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  4. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  5. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  6. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  7. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  8. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  9. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  10. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. ベトナム・ホーチミン市が農業の近代化プランを発表。2020年までに農家平均所得を32万円以上へ
     ここ5年間でベトナム・ホーチミン市における農業は大きく変化している。ホーチミン市は現在、24の行政…
  2. メトロ・アトランタが都市型農業を拡大するために米国農務省から約2,500万円の補助金を獲得
     非営利団体のメトロ・アトランタ・アーバンファームは米国農務省(USDA)から約2,500万円の助成…
  3. 発電過程から出るCO2と廃熱を植物工場に利用。キャタピラー社とサンセレクトが戦略的提携を発表
     30年以上の太陽光利用型植物工場による高品質野菜の生産を行うサン・セレクト プロデュース社と建設・…
  4. パナソニック、シンガポールにて人工光型植物工場を稼働。日本食レストラン大戸屋と提携
     パナソニック・ファクトリーソリューションズ・アジアパシフィック(PFSAP)(以下、パナソニック)…
ページ上部へ戻る