NECソリューションイノベータ、水耕栽培ノウハウをもつ協和と温室ハウス向けクラウドシステムを開発

 NECソリューションイノベータは、協和株式会社と共に、農業ハウス環境制御システム「HERBEST(ハーベスト)」を開発した。
本システムは、協和社の水耕栽培システム「ハイポニカ」と、遠隔地からの農業指導を可能にする同社のクラウドシステム「圃場管理システム」をベースに、協和社の持つ栽培ノウハウによる圃場機器の自動制御機能を新たに開発し、協和社の肥料と栽培指導も組み合わせ、水耕栽培を支援する農業ハウス環境制御システムとして誕生したものです。

「HERBEST」では、自動的に蓄積された栽培環境データをもとにした最適な栽培指導や、システムによって自動解析された栽培環境データと生産者が設定した制御条件をもとに、ハウスの天窓や遮光カーテンなどの機器の自動制御を可能にします。「HERBEST」は2015年10月13日に協和社より販売を開始します。
NECソリューションイノベータ、水耕栽培ノウハウをもつ協和と温室ハウス向けクラウドシステムを開発

【価格および販売目標】
・農業ハウス環境制御システム「HERBEST」
価格(税別):300万円~
備考:導入費用(システムライセンス、初期設定等)

・月額利用料
価格(税別):別途
備考:クラウド利用料、指導料

協和社では、2018年までに国内外合わせて30セットの導入を予定しています。

【背景】
協和社は、水耕栽培システムおよび肥料の製造・販売に50年の歴史を持ち、1粒のトマトの種から約1万7,000個の結実を達成するなど、水耕栽培による革命的な技術を有しています。この栽培技術により、トマトの水耕栽培システムメーカーとして国内最大の顧客数を誇る実績を持ちます。

これまで協和社では、農作物の様子や農業ハウス内の温度や湿度などの栽培環境をもとに栽培指導を行っていましたが、栽培指導担当者が環境データを管理して生産者に説明し、生産者側も圃場機器を手作業で調節しなければならない等、環境の管理に労力を要していました。

そこで両社は、遠隔地でも農業専門家による指導を可能にするNECソリューションイノベータの「圃場管理システム」を利用し、協和社の栽培ノウハウを取り入れた、水耕栽培をICTで支援するシステムを開発しました。
本システムにより、十分な農業経験がない生産者でも、より一層高生産な野菜栽培を実現することができます。

【特長】
1.圃場データをクラウドサーバーから見える化
圃場内のセンサーやカメラのデータを、当社が運営するクラウドサーバーに自動蓄積することにより、圃場内の環境管理や溶液管理、生育状況確認、圃場外の環境管理に必要なデータのグラフ化や分析が可能になります。

2.遠隔地からの栽培指導
離れた場所でも圃場機器の制御や観測データの確認ができるため、作業時間や栽培場所を問わず、最適な栽培指導を可能にします。また、インターネット環境が存在する海外の圃場を管理することもできます。

3.圃場機器の自動制御
生産者が設定した制御条件に従い、圃場機器(天窓、側窓、遮光カーテン、保温カーテン等)の自動制御を行います。従来は管理が難しかった早朝や日没後の時間帯でも、最適な環境管理を可能にします。

<本件に関する情報>
・協和社「HERBEST」/「ハイポニカ」 http://www.kyowajpn.co.jp/hyponica/
・NECソリューションイノベータ「圃場管理システム」 http://www.nec-solutioninnovators.co.jp/sl/ghms/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  2. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  3. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  4. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  5. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  6. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  7. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  8. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  9. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  10. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 新日鉄住金エンジ、ローソンファーム秋田の植物工場に自社システム建築商品を納入
     新日鉄住金エンジニアリング株式会社の建築・鋼構造事業部のシステム建築商品「スタンパッケージ(R)」…
  2. カナダの藻類ベンチャー、閉鎖型・植物工場とアクアポニクスの融合設備にてスーパーフードを生産
     カナダ・リッチモンドの藻類ベンチャーであるアルジブルーム・インターナショナル社は、1年前にスピルリ…
  3. トヨタ、自動車事業で培った生産管理手法を農業に応用。IT管理ツール「豊作計画」を開発
     トヨタ自動車は、米生産農業法人向けの農業IT管理ツール「豊作計画」を開発し、愛知県と石川県の米生産…
  4. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工株式会社の植物工場システムが、イセタン クール ジャパンSDN.BHD.の運営するクアラル…
ページ上部へ戻る