NECソリューションイノベータ、水耕栽培ノウハウをもつ協和と温室ハウス向けクラウドシステムを開発

 NECソリューションイノベータは、協和株式会社と共に、農業ハウス環境制御システム「HERBEST(ハーベスト)」を開発した。
本システムは、協和社の水耕栽培システム「ハイポニカ」と、遠隔地からの農業指導を可能にする同社のクラウドシステム「圃場管理システム」をベースに、協和社の持つ栽培ノウハウによる圃場機器の自動制御機能を新たに開発し、協和社の肥料と栽培指導も組み合わせ、水耕栽培を支援する農業ハウス環境制御システムとして誕生したものです。

「HERBEST」では、自動的に蓄積された栽培環境データをもとにした最適な栽培指導や、システムによって自動解析された栽培環境データと生産者が設定した制御条件をもとに、ハウスの天窓や遮光カーテンなどの機器の自動制御を可能にします。「HERBEST」は2015年10月13日に協和社より販売を開始します。
NECソリューションイノベータ、水耕栽培ノウハウをもつ協和と温室ハウス向けクラウドシステムを開発

【価格および販売目標】
・農業ハウス環境制御システム「HERBEST」
価格(税別):300万円~
備考:導入費用(システムライセンス、初期設定等)

・月額利用料
価格(税別):別途
備考:クラウド利用料、指導料

協和社では、2018年までに国内外合わせて30セットの導入を予定しています。

【背景】
協和社は、水耕栽培システムおよび肥料の製造・販売に50年の歴史を持ち、1粒のトマトの種から約1万7,000個の結実を達成するなど、水耕栽培による革命的な技術を有しています。この栽培技術により、トマトの水耕栽培システムメーカーとして国内最大の顧客数を誇る実績を持ちます。

これまで協和社では、農作物の様子や農業ハウス内の温度や湿度などの栽培環境をもとに栽培指導を行っていましたが、栽培指導担当者が環境データを管理して生産者に説明し、生産者側も圃場機器を手作業で調節しなければならない等、環境の管理に労力を要していました。

そこで両社は、遠隔地でも農業専門家による指導を可能にするNECソリューションイノベータの「圃場管理システム」を利用し、協和社の栽培ノウハウを取り入れた、水耕栽培をICTで支援するシステムを開発しました。
本システムにより、十分な農業経験がない生産者でも、より一層高生産な野菜栽培を実現することができます。

【特長】
1.圃場データをクラウドサーバーから見える化
圃場内のセンサーやカメラのデータを、当社が運営するクラウドサーバーに自動蓄積することにより、圃場内の環境管理や溶液管理、生育状況確認、圃場外の環境管理に必要なデータのグラフ化や分析が可能になります。

2.遠隔地からの栽培指導
離れた場所でも圃場機器の制御や観測データの確認ができるため、作業時間や栽培場所を問わず、最適な栽培指導を可能にします。また、インターネット環境が存在する海外の圃場を管理することもできます。

3.圃場機器の自動制御
生産者が設定した制御条件に従い、圃場機器(天窓、側窓、遮光カーテン、保温カーテン等)の自動制御を行います。従来は管理が難しかった早朝や日没後の時間帯でも、最適な環境管理を可能にします。

<本件に関する情報>
・協和社「HERBEST」/「ハイポニカ」 http://www.kyowajpn.co.jp/hyponica/
・NECソリューションイノベータ「圃場管理システム」 http://www.nec-solutioninnovators.co.jp/sl/ghms/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  2. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  3. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  4. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  5. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  6. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
  7. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  8. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  9. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  10. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 和ハーブの女王である「ヨモギ」の機能性と利用方法
     植物工場や農業ビジネスにおける新規参入では販路確保とともに生産品目の選定も重要である。今回は機能性…
  2. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
  3. 台北や韓国などの都市型農業拡大。ソウル市は2年間で約4倍(118ha)の緑化・農地エリア拡大
     台北市では市が中心となって都市型農業や都市エリアの緑化を進めており、市民参加型の貸農園、学校・生徒…
  4. 生鮮野菜への機能性表示食品が認可、植物工場野菜の市場拡大にも寄与
     消費者庁は8日、初の生鮮食品2製品を含む機能性表示食品4製品の届出情報を公表した。今年4月の制度開…
ページ上部へ戻る