情報技術開発、農業用ハウス向け遠隔監視制御システムの販売開始

 情報技術開発株式会社の連結子会社であるTDIプロダクトソリューション株式会社(TDIPS)は2015年11月2日に、農業用ハウス内に設置したカメラや温度・湿度・土壌水分センサーのデータをスマートデバイスやPCに送信することで、その場所にいなくても農業用ハウス内の状態を知ることができる遠隔監視制御システムの販売を開始する。

将来的には農作物の育成プロセスのデータなどを蓄積・分析し、IT技術により農作物の自動育成の実現を目指す、という。
情報技術開発、農業用ハウス向け遠隔監視制御システムの販売開始

【主機能】
<温度・湿度・土壌水分の表示>
温度・湿度・土壌水分を測定し、過去・現在の測定データをスマートデバイスやPCに表示します。

<カメラ監視>
24時間農業用ハウス内環境を監視し、その映像をスマートデバイスやPCに表示します。

【特徴】
<選べる機能・低価格>
複数ある機能のうち必要な機能だけを選べるので、小規模農業の従事者でも利用できる価格で提供できます。

<シンプルなしくみ>
小型軽量なので大規模な工事をしなくてもシステムの設置・センサーの配置など気軽に変更ができます。

<不審者防止>
動体検知カメラによる侵入検知により、動画保存やパトランプ起動、メール配信(写真付)を行うことができます。

【提供形態・価格】
<システム構成(例:温度湿度1点、土壌水分1点)> 16万円~(税抜)
※システム構成はお客様が測定したいセンサー、個数での構成となります。

<センサー数は追加可能>
温度湿度計測1点追加 1万3千円(税抜)
土壌水分計測1点追加 6万3千円(税抜)
※温度のみ計測も可能です

<その他オプション(別売)>
カメラ、動体検知カメラパトランプ
※価格は告知なく変更となる可能性があります。

「遠隔監視制御システム」 http://www.tdips.co.jp/jigyo/agri.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル
    米国・地産地消の市場規模は120億ドル  米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50…
  2. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  3. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  4. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  5. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  6. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  7. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  8. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  9. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  10. 日本初の電解水設備を導入したオランダ式の太陽光利用型植物工場が高知県南国市にオープン
     整水器シェアNo.1の日本トリムが連携協定を結ぶ高知県・南国市・JA南国市・高知大学の4者との官民…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. メトロ・アトランタが都市型農業を拡大するために米国農務省から約2,500万円の補助金を獲得
     非営利団体のメトロ・アトランタ・アーバンファームは米国農務省(USDA)から約2,500万円の助成…
  2. 和ハーブの女王である「ヨモギ」の機能性と利用方法
     植物工場や農業ビジネスにおける新規参入では販路確保とともに生産品目の選定も重要である。今回は機能性…
  3. ロシアのVTB銀行がアルメニアにイチゴの植物工場プラント建設に資金提供
     ロシアのVTB銀行は、アルメニア共和国・コタイク地方に最新技術を導入したイチゴの植物工場(太陽光利…
  4. 韓国LGグループによる植物工場・アグリビジネス参入。生産者による反対・LG製品のボイコット運動まで発展
     ビッグデータの解析、製造工場の自動化・知能化などを進める韓国LGグループのLG CNS社は、約35…
ページ上部へ戻る