日本システムウエア、農業ビジネス「サービス型」にて必要となる課金管理の仕組みを構築

 ITソリューションプロバイダのNSW(日本システムウエア株式会社)は、オラクルの提供する課金管理ソリューション「Oracle Communications Billing&Revenue Management」とNSWのIoTクラウドプラットフォーム「Toami」を連携し、IoTサービスにおけるマネタイズ機能の提供を開始する。
日本システムウエア、農業ビジネス「サービス型」にて必要となる課金管理の仕組みを構築
IoT化が進む中、製造業や農業などの様々な業界において、従来の “モノの売り切り型ビジネス” から、その後のメンテナンスやデータ分析などを含めた “サービス型ビジネス” へのシフトが始まっている。そこには課金管理(マネタイズ)の仕組みが不可欠で、IoTサービス事業者は独自に課金管理の仕組みを構築する必要があった。

 今回、通信業界向けの課金管理ソリューションである「Oracle Communications Billing&Revenue Management」を製造業や農業分野をはじめとするIoTサービス事業者向けに応用することで、「Toami」で管理するユーザ情報やセンサー・機器から収集した各種情報をもとに、アカウント管理やサービスの利用実績に応じた従量課金や段階課金などの課金管理、収益管理が行えるようになる。また、分析機能により、顧客との接点構築に向けた施策を立てることも可能となる。

■「Toami」について
IoTサービスを開発・構築するための専用プラットフォームです。収集したデータの見える化や機器制御をはじめ、データ分析などが行えます。デバイス管理やデータ管理、外部連携機能などを網羅したノンプログラミング開発基盤により、開発効率の大幅な向上とコスト削減を実現しています。

■「Oracle Communications Billing&Revenue Management」について
リアルタイムでの従量課金、請求処理により、需要予測等に基づく収益管理を可能とする通信業界向けソリューションです。複雑かつ大容量データ処理を可能とし、時間やイベント、ダウンロード、トランザクションやボリューム単位など、測定可能な任意の指標を組み合わせてルールを設定・管理することで最適なマネタイズ管理を選択できるほか、利用期間に応じて料金を支払うサブスクリプション方式からレベニューシェアまで様々な課金方式を設定できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  2. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  3. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  4. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  5. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  6. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  7. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  8. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  9. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  10. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. LED植物工場、玉川大学サイテックファームが日産3200株の施設稼働
     西松建設グループと玉川大学は平成24年1月17日に産学連携協定を結び、フルLED光源を採用した完全…
  2. 多段式システムでカニを栽培、革新的な生産技術によりシンガポールの食料問題の解決へ
     食料の国内自給率向上を目指すシンガポールでは限られた国土面積であることから、政府が生産品目の選択と…
  3. JFEエンジニアリングなど、オランダ式の太陽光利用型植物工場にてトマト・ベビーリーフの生産へ
     プラント設計・施工大手のJFEエンジニアリングが北海道・苫小牧市の苫小牧東部工業基地(苫東)で建設…
  4. 米国の都市型・植物工場NPO「フード・チェイン」がローカル・フードシステム確立のため30万ドルの資金調達を開始
     米国中東部・ケンタッキー州にて植物工場による都市型農業を推進するNPO組織「フード・チェイン」が加…
ページ上部へ戻る