日本システムウエア、農業ビジネス「サービス型」にて必要となる課金管理の仕組みを構築

 ITソリューションプロバイダのNSW(日本システムウエア株式会社)は、オラクルの提供する課金管理ソリューション「Oracle Communications Billing&Revenue Management」とNSWのIoTクラウドプラットフォーム「Toami」を連携し、IoTサービスにおけるマネタイズ機能の提供を開始する。
日本システムウエア、農業ビジネス「サービス型」にて必要となる課金管理の仕組みを構築
IoT化が進む中、製造業や農業などの様々な業界において、従来の “モノの売り切り型ビジネス” から、その後のメンテナンスやデータ分析などを含めた “サービス型ビジネス” へのシフトが始まっている。そこには課金管理(マネタイズ)の仕組みが不可欠で、IoTサービス事業者は独自に課金管理の仕組みを構築する必要があった。

 今回、通信業界向けの課金管理ソリューションである「Oracle Communications Billing&Revenue Management」を製造業や農業分野をはじめとするIoTサービス事業者向けに応用することで、「Toami」で管理するユーザ情報やセンサー・機器から収集した各種情報をもとに、アカウント管理やサービスの利用実績に応じた従量課金や段階課金などの課金管理、収益管理が行えるようになる。また、分析機能により、顧客との接点構築に向けた施策を立てることも可能となる。

■「Toami」について
IoTサービスを開発・構築するための専用プラットフォームです。収集したデータの見える化や機器制御をはじめ、データ分析などが行えます。デバイス管理やデータ管理、外部連携機能などを網羅したノンプログラミング開発基盤により、開発効率の大幅な向上とコスト削減を実現しています。

■「Oracle Communications Billing&Revenue Management」について
リアルタイムでの従量課金、請求処理により、需要予測等に基づく収益管理を可能とする通信業界向けソリューションです。複雑かつ大容量データ処理を可能とし、時間やイベント、ダウンロード、トランザクションやボリューム単位など、測定可能な任意の指標を組み合わせてルールを設定・管理することで最適なマネタイズ管理を選択できるほか、利用期間に応じて料金を支払うサブスクリプション方式からレベニューシェアまで様々な課金方式を設定できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  2. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
  3. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  4. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  5. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  6. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  7. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  8. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  9. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  10. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 植物工場先進国オランダ、2015年農産品輸出額が過去最高。世界2位のポジション維持
     果菜類の生産が中心となる太陽光利用型植物工場の分野では先進国であるオランダについて、2015年の農…
  2. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1) 台湾では植物工場ブーム?! 国内に60ヶ所以上…
  3. 都市近接の低コスト型植物工場にてフレッシュハーブの生産へ(アグリサーチ)
     国内外の農業資材を活用した低コスト栽培を推進する有限会社アグリサーチ(福岡県中央区)が、完全人工光…
  4. ローソン、かんきつ類専門の農業法人を熊本に設立。商品化したものを九州各店舗にて販売
     コンビニ大手のローソンは4月4日、熊本市に同社初のかんきつ類専門の農業生産法人「ローソンファーム熊…
ページ上部へ戻る