適切な水やりのタイミングを知らせる植物用水分計Susteeサスティーが2015年度グッドデザイン賞を受賞

キャビノチェ株式会社が企画、販売している植物用水分計「Sustee(サスティー)」が2015年度グッドデザイン賞を受賞した。サスティーは、植物を育てる上で不可欠でありながら知ることが困難であった“適切な水やりのタイミング”を知らせる植物用水分計となっている。

使いやすさと機能性の両立を追求しながらインテリアに調和するデザインに取り組んだ結果、スマートでシンプルなデザインが高く評価された。同社は創業から3年のベンチャー企業であり、今回の受賞を契機に国内外でのサスティーの販売拡大をはかっていく、という。

適切な水やりのタイミングを知らせる植物用水分計Susteeサスティーが2015年度グッドデザイン賞を受賞

■製品概要
サスティーは色の変化で水やりのタイミングが一目で分かる植物用水分計です。電池を使わないため経済的で環境に優しく、挿したまま繰り返し使用することができます。また、土壌を選ばないため、ほとんどの植物に使用できる世界初の画期的な水分計です。機能性に関しては各生産農家と共同開発し、特許を取得。「水やり三年」と言われるなか、誰でもプロと同じ水やりが簡単にできるようになりました。

(1) シンプルな外観
「誰でも簡単に」をテーマに、電池を使わず挿したまま使う設計とした本製品は、鉢植え植物やインテリアにも溶け込むよう、過剰なデザインを排したシンプルな外観形状としています。デザインテーマは「Droplet Branch」。水の滴る枝の有機的なフォルムがスタイリッシュかつ優しく植物になじみます。

(2) どこからも見やすい「レンズ効果」
色の変化で水やりのタイミングを知らせる本製品は、インジケーター部分に拡大レンズ効果が生まれる設計をしています。すらりとしたフォルムを保ちつつ、全方位からの見やすさを実現しました。

(3) 日本のものづくり技術
高級感と丈夫さを兼ね備えた外装はポリカーボネイト製。ポリカーボネイトでこれだけの長さを射出成型することは困難でしたが、日本の高い製造技術を持った工場で特別に製造を依頼して実現しました。

「サスティー」製品ページhttp://sustee.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  2. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  3. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  4. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  5. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  6. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  7. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  8. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  9. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  10. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 住友電工、千葉大学と共同にて砂栽培・環境制御による高糖度トマトの収量増大を目指す
     住友電気工業株式会社と千葉大学は、住友電工がこれまで研究開発を進めてきた砂栽培技術と、千葉大の先端…
  2. 韓国とイスラエルによる共同ドローン開発がスタート。ブドウ畑などハイテク農業用ドローンなどを想定
     韓国とイスラエルの両国がそれぞれの政府支援を受けてドローンの研究開発を実施する、と6月20日に公表…
  3. フットボール49ersスタジアムにて屋上菜園を実践。都市型農業を通じて環境保全・地域貢献へ
     フットボール・チームのサンフランシスコ・フォーティナイナーズの本拠地「リーバイス・スタジアム」では…
  4. カゴメ、宮城県にて加工用トマトの大規模露地栽培へ
     太陽光利用型植物工場による生食用トマトの生産・販売を行う、カゴメ株式会社は、2012年以降、宮城県…
ページ上部へ戻る