適切な水やりのタイミングを知らせる植物用水分計Susteeサスティーが2015年度グッドデザイン賞を受賞

キャビノチェ株式会社が企画、販売している植物用水分計「Sustee(サスティー)」が2015年度グッドデザイン賞を受賞した。サスティーは、植物を育てる上で不可欠でありながら知ることが困難であった“適切な水やりのタイミング”を知らせる植物用水分計となっている。

使いやすさと機能性の両立を追求しながらインテリアに調和するデザインに取り組んだ結果、スマートでシンプルなデザインが高く評価された。同社は創業から3年のベンチャー企業であり、今回の受賞を契機に国内外でのサスティーの販売拡大をはかっていく、という。

適切な水やりのタイミングを知らせる植物用水分計Susteeサスティーが2015年度グッドデザイン賞を受賞

■製品概要
サスティーは色の変化で水やりのタイミングが一目で分かる植物用水分計です。電池を使わないため経済的で環境に優しく、挿したまま繰り返し使用することができます。また、土壌を選ばないため、ほとんどの植物に使用できる世界初の画期的な水分計です。機能性に関しては各生産農家と共同開発し、特許を取得。「水やり三年」と言われるなか、誰でもプロと同じ水やりが簡単にできるようになりました。

(1) シンプルな外観
「誰でも簡単に」をテーマに、電池を使わず挿したまま使う設計とした本製品は、鉢植え植物やインテリアにも溶け込むよう、過剰なデザインを排したシンプルな外観形状としています。デザインテーマは「Droplet Branch」。水の滴る枝の有機的なフォルムがスタイリッシュかつ優しく植物になじみます。

(2) どこからも見やすい「レンズ効果」
色の変化で水やりのタイミングを知らせる本製品は、インジケーター部分に拡大レンズ効果が生まれる設計をしています。すらりとしたフォルムを保ちつつ、全方位からの見やすさを実現しました。

(3) 日本のものづくり技術
高級感と丈夫さを兼ね備えた外装はポリカーボネイト製。ポリカーボネイトでこれだけの長さを射出成型することは困難でしたが、日本の高い製造技術を持った工場で特別に製造を依頼して実現しました。

「サスティー」製品ページhttp://sustee.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  2. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  3. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  4. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  5. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  6. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  7. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  8. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  9. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  10. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
  2. サカタのタネ・住友化学園芸など、レタスや薬味の栽培用キットを全国ファミマ店舗にて販売
     サカタのタネ、ファミリーマート、住友化学園芸の3社は、野菜や草花などガーデニング分野におけるオリジ…
  3. 来年より改正農地法が施行・農業生産法人の名称変更。法人による農地所有要件が緩和
     2016年4月に改正農地法が施行され、農業生産法人という名称も変更される。株式会社などの民間企業で…
  4. 家庭用プリンタで土壌水分センサーなどの電子回路を安価に大量生産
     東京大学の川原圭博准教授らは、家庭用インクジェットプリンタを用いて様々な電子回路素子を短時間で印刷…
ページ上部へ戻る