適切な水やりのタイミングを知らせる植物用水分計Susteeサスティーが2015年度グッドデザイン賞を受賞

キャビノチェ株式会社が企画、販売している植物用水分計「Sustee(サスティー)」が2015年度グッドデザイン賞を受賞した。サスティーは、植物を育てる上で不可欠でありながら知ることが困難であった“適切な水やりのタイミング”を知らせる植物用水分計となっている。

使いやすさと機能性の両立を追求しながらインテリアに調和するデザインに取り組んだ結果、スマートでシンプルなデザインが高く評価された。同社は創業から3年のベンチャー企業であり、今回の受賞を契機に国内外でのサスティーの販売拡大をはかっていく、という。

適切な水やりのタイミングを知らせる植物用水分計Susteeサスティーが2015年度グッドデザイン賞を受賞

■製品概要
サスティーは色の変化で水やりのタイミングが一目で分かる植物用水分計です。電池を使わないため経済的で環境に優しく、挿したまま繰り返し使用することができます。また、土壌を選ばないため、ほとんどの植物に使用できる世界初の画期的な水分計です。機能性に関しては各生産農家と共同開発し、特許を取得。「水やり三年」と言われるなか、誰でもプロと同じ水やりが簡単にできるようになりました。

(1) シンプルな外観
「誰でも簡単に」をテーマに、電池を使わず挿したまま使う設計とした本製品は、鉢植え植物やインテリアにも溶け込むよう、過剰なデザインを排したシンプルな外観形状としています。デザインテーマは「Droplet Branch」。水の滴る枝の有機的なフォルムがスタイリッシュかつ優しく植物になじみます。

(2) どこからも見やすい「レンズ効果」
色の変化で水やりのタイミングを知らせる本製品は、インジケーター部分に拡大レンズ効果が生まれる設計をしています。すらりとしたフォルムを保ちつつ、全方位からの見やすさを実現しました。

(3) 日本のものづくり技術
高級感と丈夫さを兼ね備えた外装はポリカーボネイト製。ポリカーボネイトでこれだけの長さを射出成型することは困難でしたが、日本の高い製造技術を持った工場で特別に製造を依頼して実現しました。

「サスティー」製品ページhttp://sustee.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  2. 植物工場ベンチャーBowery Farming社が750万ドルの資金調達に成功。地産地消型モデルの普及へ
     米国ニューヨークを拠点とするBowery Farming社は、完全人工光型植物工場による生産技術の…
  3. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  4. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  5. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  6. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  7. 日本初の電解水設備を導入したオランダ式の太陽光利用型植物工場が高知県南国市にオープン
     整水器シェアNo.1の日本トリムが連携協定を結ぶ高知県・南国市・JA南国市・高知大学の4者との官民…
  8. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  9. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  10. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. タキイ種苗、機能性野菜「ファイトリッチ」シリ−ズのタネを発売
     タキイ種苗株式会社は、野菜の"機能性成分"を豊富に含み"おいしさ"を兼ね備えた『ファイトリッチ』シ…
  2. オーストラリア、農業分野の人材獲得競争が激化
     米国でも農作業員の人材不足を危惧し、さらなる自動化を進める生産者が増えているが、農業大国のオースト…
  3. 伊藤忠商事、廃棄物からバイオ航空燃料を製造する米Solena社へ出資
     伊藤忠商事は、都市ごみ等のバイオマスからバイオ航空燃料等の持続可能バイオ燃料を製造する技術を持つ、…
  4. パナソニック、シンガポールにて人工光型植物工場を稼働。日本食レストラン大戸屋と提携
     パナソニック・ファクトリーソリューションズ・アジアパシフィック(PFSAP)(以下、パナソニック)…
ページ上部へ戻る