適切な水やりのタイミングを知らせる植物用水分計Susteeサスティーが2015年度グッドデザイン賞を受賞

キャビノチェ株式会社が企画、販売している植物用水分計「Sustee(サスティー)」が2015年度グッドデザイン賞を受賞した。サスティーは、植物を育てる上で不可欠でありながら知ることが困難であった“適切な水やりのタイミング”を知らせる植物用水分計となっている。

使いやすさと機能性の両立を追求しながらインテリアに調和するデザインに取り組んだ結果、スマートでシンプルなデザインが高く評価された。同社は創業から3年のベンチャー企業であり、今回の受賞を契機に国内外でのサスティーの販売拡大をはかっていく、という。

適切な水やりのタイミングを知らせる植物用水分計Susteeサスティーが2015年度グッドデザイン賞を受賞

■製品概要
サスティーは色の変化で水やりのタイミングが一目で分かる植物用水分計です。電池を使わないため経済的で環境に優しく、挿したまま繰り返し使用することができます。また、土壌を選ばないため、ほとんどの植物に使用できる世界初の画期的な水分計です。機能性に関しては各生産農家と共同開発し、特許を取得。「水やり三年」と言われるなか、誰でもプロと同じ水やりが簡単にできるようになりました。

(1) シンプルな外観
「誰でも簡単に」をテーマに、電池を使わず挿したまま使う設計とした本製品は、鉢植え植物やインテリアにも溶け込むよう、過剰なデザインを排したシンプルな外観形状としています。デザインテーマは「Droplet Branch」。水の滴る枝の有機的なフォルムがスタイリッシュかつ優しく植物になじみます。

(2) どこからも見やすい「レンズ効果」
色の変化で水やりのタイミングを知らせる本製品は、インジケーター部分に拡大レンズ効果が生まれる設計をしています。すらりとしたフォルムを保ちつつ、全方位からの見やすさを実現しました。

(3) 日本のものづくり技術
高級感と丈夫さを兼ね備えた外装はポリカーボネイト製。ポリカーボネイトでこれだけの長さを射出成型することは困難でしたが、日本の高い製造技術を持った工場で特別に製造を依頼して実現しました。

「サスティー」製品ページhttp://sustee.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  2. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  3. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  4. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  5. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  6. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  7. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  8. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  9. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  10. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国ワシントンDCでも都市型農業法案による支援も。屋上ファームや水耕栽培など幅広い生産方式が出現
     米国のワシントンDCエリアも都市型農業が盛んな地域の一つである。現地のファーマーズ・マーケットでは…
  2. インド農家の60%が都市部への移住希望。新たな栽培方法による都市型農業ビジネスにもチャンス
     社会科学などの調査機関であるCSDS(インド・デリー)による調査(State of Indian …
  3. 「生物農薬」で販売される飛ばないテントウムシ、ハウス内にて長期間の防除効果が期待
     農研機構の「近畿中国四国農業研究センター」は、テントウムシの一種・ナミテントウを飛ばないように改良…
  4. スペインの植物工場エリア、養液栽培による安全性管理の重要性が浮上
     世界における植物工場(太陽光)の密集エリアはオランダだけではない。補光や環境制御システム等、ハイテ…
ページ上部へ戻る