日本チェーンストア協会、8月の販売概況を発表。猛暑により食料品も好調に推移

日本チェーンストア協会、8月の販売概況を発表した。会員企業数は59社・9,392店舗の中で食料品は7,428億円を占めており、8月は食料品、衣料品、住関品ともに猛暑日が続いたこともあり好調に推移し、中旬以降の気温低下による影響もあったが、総販売額の前年同月比(店舗調整後)は、5カ月連続のプラスとなった。

平成27年8月度・チェーンストア販売概況
★全体の概況
※会員企業数 59社/店舗数 9,392店
※総販売額 1兆1,283億円
 (店舗調整前) 102.8%(店舗調整後) 102.0%

<部門別の概況>
・食料品  7,428億円
 (店舗調整前) 103.3% (店舗調整後) 102.7%
・衣料品    922億円
 (店舗調整前) 104.5% (店舗調整後) 103.9%
・住関品  2,254億円
 (店舗調整前) 102.7% (店舗調整後) 101.7%
・サービス    33億円
 (店舗調整前)  98.7% (店舗調整後)  98.6%
・その他    644億円
 (店舗調整前)  96.1% (店舗調整後)  93.8%
日本チェーンストア協会、8月の販売概況を発表。猛暑により食料品も好調に推移

★商品別の動き
<食料品>

●農産品
農産品は、大根、ジャガイモ、玉ねぎ、レタス、トマト、山芋、カット野菜などは好調に推移したが、きゅうり、トウモロコシ、ホウレン草などは不調だった。果物では、スイカ、梨、リンゴ、キウイ、バナナ、カットフルーツの動きは良かったものの、モモ、オレンジ、パイナップルなどの動きは鈍かった。

●畜産品
畜産品は、牛肉、豚肉、鶏肉ともに動きは良かった。鶏卵の動きは良かったが、ハム・ソーセージの動きは鈍かった。

●水産品
水産品は、刺身の盛り合わせ、アジなどの近海魚、うなぎ、サンマ、切り身などの動きは良かったものの、マグロ、スルメイカ、ちりめん、魚卵、冷凍魚などの動きは鈍かった。

●惣菜
惣菜は、温惣菜では揚げ物、スナック、中華が好調だったが、焼き物は不調だった。要冷惣菜は、和・洋惣菜とも動きは良く、米飯、寿司の動きも良かった。

●その他食品
その他食品は、ヨーグルト、食用油、調味料、麺類、アイスクリーム、飲料、酒類などの動きは良かったが、米などの動きは鈍かった。

※ 詳細URL;http://www.jcsa.gr.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  2. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  3. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  4. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  5. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  6. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  7. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  8. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  9. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  10. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 韓国ソウル市、規制緩和により垂直農場・植物工場プロジェクトを計画
     韓国ソウル市にて垂直農場プロジェクトが計画されている。ソウル市は4月13日、ソウル市特別市南西部に…
  2. 和ハーブの女王である「ヨモギ」の機能性と利用方法
     植物工場や農業ビジネスにおける新規参入では販路確保とともに生産品目の選定も重要である。今回は機能性…
  3. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     福島県・南相馬市の農業法人「南相馬復興アグリ株式会社」は2月9日、太陽利用型植物工場を建設し、トマ…
  4. ネパール・カトマンズ市による都市型農業・屋上ファームの普及、住民へのトレーニングも実施
     ネパールのカトマンズ市は都市型農業や都市緑化を拡大させるため、住民150戸に対して屋上・テラス等の…
ページ上部へ戻る