日本チェーンストア協会、8月の販売概況を発表。猛暑により食料品も好調に推移

日本チェーンストア協会、8月の販売概況を発表した。会員企業数は59社・9,392店舗の中で食料品は7,428億円を占めており、8月は食料品、衣料品、住関品ともに猛暑日が続いたこともあり好調に推移し、中旬以降の気温低下による影響もあったが、総販売額の前年同月比(店舗調整後)は、5カ月連続のプラスとなった。

平成27年8月度・チェーンストア販売概況
★全体の概況
※会員企業数 59社/店舗数 9,392店
※総販売額 1兆1,283億円
 (店舗調整前) 102.8%(店舗調整後) 102.0%

<部門別の概況>
・食料品  7,428億円
 (店舗調整前) 103.3% (店舗調整後) 102.7%
・衣料品    922億円
 (店舗調整前) 104.5% (店舗調整後) 103.9%
・住関品  2,254億円
 (店舗調整前) 102.7% (店舗調整後) 101.7%
・サービス    33億円
 (店舗調整前)  98.7% (店舗調整後)  98.6%
・その他    644億円
 (店舗調整前)  96.1% (店舗調整後)  93.8%
日本チェーンストア協会、8月の販売概況を発表。猛暑により食料品も好調に推移

★商品別の動き
<食料品>

●農産品
農産品は、大根、ジャガイモ、玉ねぎ、レタス、トマト、山芋、カット野菜などは好調に推移したが、きゅうり、トウモロコシ、ホウレン草などは不調だった。果物では、スイカ、梨、リンゴ、キウイ、バナナ、カットフルーツの動きは良かったものの、モモ、オレンジ、パイナップルなどの動きは鈍かった。

●畜産品
畜産品は、牛肉、豚肉、鶏肉ともに動きは良かった。鶏卵の動きは良かったが、ハム・ソーセージの動きは鈍かった。

●水産品
水産品は、刺身の盛り合わせ、アジなどの近海魚、うなぎ、サンマ、切り身などの動きは良かったものの、マグロ、スルメイカ、ちりめん、魚卵、冷凍魚などの動きは鈍かった。

●惣菜
惣菜は、温惣菜では揚げ物、スナック、中華が好調だったが、焼き物は不調だった。要冷惣菜は、和・洋惣菜とも動きは良く、米飯、寿司の動きも良かった。

●その他食品
その他食品は、ヨーグルト、食用油、調味料、麺類、アイスクリーム、飲料、酒類などの動きは良かったが、米などの動きは鈍かった。

※ 詳細URL;http://www.jcsa.gr.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  2. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  3. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  4. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  5. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  6. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
  7. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  8. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  9. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  10. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 新日鉄住金エンジ、ローソンファーム秋田の植物工場に自社システム建築商品を納入
     新日鉄住金エンジニアリング株式会社の建築・鋼構造事業部のシステム建築商品「スタンパッケージ(R)」…
  2. アオスフィールドなど、湯沢町に再エネ活用したコンテナ型のデータセンターを新設
     株式会社アオスフィールドと株式会社ゲットワークスは、新潟県南魚沼郡湯沢町に湯沢町初となるデータセン…
  3. インロコ、植物工場による栽培・運営ノウハウを軸に設備販売を本格化
     人工光型植物工場による野菜の生産・販売を行うインターナショナリー・ローカルは、4月から植物工場の施…
  4. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
ページ上部へ戻る