日本チェーンストア協会、8月の販売概況を発表。猛暑により食料品も好調に推移

日本チェーンストア協会、8月の販売概況を発表した。会員企業数は59社・9,392店舗の中で食料品は7,428億円を占めており、8月は食料品、衣料品、住関品ともに猛暑日が続いたこともあり好調に推移し、中旬以降の気温低下による影響もあったが、総販売額の前年同月比(店舗調整後)は、5カ月連続のプラスとなった。

平成27年8月度・チェーンストア販売概況
★全体の概況
※会員企業数 59社/店舗数 9,392店
※総販売額 1兆1,283億円
 (店舗調整前) 102.8%(店舗調整後) 102.0%

<部門別の概況>
・食料品  7,428億円
 (店舗調整前) 103.3% (店舗調整後) 102.7%
・衣料品    922億円
 (店舗調整前) 104.5% (店舗調整後) 103.9%
・住関品  2,254億円
 (店舗調整前) 102.7% (店舗調整後) 101.7%
・サービス    33億円
 (店舗調整前)  98.7% (店舗調整後)  98.6%
・その他    644億円
 (店舗調整前)  96.1% (店舗調整後)  93.8%
日本チェーンストア協会、8月の販売概況を発表。猛暑により食料品も好調に推移

★商品別の動き
<食料品>

●農産品
農産品は、大根、ジャガイモ、玉ねぎ、レタス、トマト、山芋、カット野菜などは好調に推移したが、きゅうり、トウモロコシ、ホウレン草などは不調だった。果物では、スイカ、梨、リンゴ、キウイ、バナナ、カットフルーツの動きは良かったものの、モモ、オレンジ、パイナップルなどの動きは鈍かった。

●畜産品
畜産品は、牛肉、豚肉、鶏肉ともに動きは良かった。鶏卵の動きは良かったが、ハム・ソーセージの動きは鈍かった。

●水産品
水産品は、刺身の盛り合わせ、アジなどの近海魚、うなぎ、サンマ、切り身などの動きは良かったものの、マグロ、スルメイカ、ちりめん、魚卵、冷凍魚などの動きは鈍かった。

●惣菜
惣菜は、温惣菜では揚げ物、スナック、中華が好調だったが、焼き物は不調だった。要冷惣菜は、和・洋惣菜とも動きは良く、米飯、寿司の動きも良かった。

●その他食品
その他食品は、ヨーグルト、食用油、調味料、麺類、アイスクリーム、飲料、酒類などの動きは良かったが、米などの動きは鈍かった。

※ 詳細URL;http://www.jcsa.gr.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  2. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  3. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  4. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  5. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  6. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  7. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  8. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  9. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  10. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 日本マイクロソフトの社員食堂が日本野菜ソムリエ協会認定、植物工場野菜の販売も
     日本マイクロソフト株式会社と、社員食堂「One Microsoft Café」を受託運営しているエ…
  2. 米国の都市型・植物工場NPO「フード・チェイン」がローカル・フードシステム確立のため30万ドルの資金調達を開始
     米国中東部・ケンタッキー州にて植物工場による都市型農業を推進するNPO組織「フード・チェイン」が加…
  3. 2050年までに25億人以上が新たに都市部住民へ。加速する都市型農業の必要性
     国連レポートによると、世界の70億人の人々の半数以上が、東京やデリー、上海、メキシコシティ、サンパ…
  4. 住友電工、千葉大学と共同にて砂栽培・環境制御による高糖度トマトの収量増大を目指す
     住友電気工業株式会社と千葉大学は、住友電工がこれまで研究開発を進めてきた砂栽培技術と、千葉大の先端…
ページ上部へ戻る