おうち菜園、日本初の野菜と魚を育てる循環農業「アクアポニックス」の学校が開校

 家庭菜園資材の通販事業を手掛ける株式会社おうち菜園は、野菜と魚を育てる循環農業「アクアポニックス」の学校「AQUAPONICS ACADEMY」を開校する。基礎を学ぶ全7回コース(座学と実践、農場見学・DIY講座あり)を53,000円で提供。受講者には限定の実践マニュアル(100ページ)を配布、東京・横浜・国立・千葉で説明会を開催する。

「AQUAPONICS ACADEMY」は、日本初のアクアポニックスについて基礎を体系的に学ぶことができる学校です。「ホームアクアポニックス基礎コース」では、全7回の講座を通してアクアポニックスについての理解を深め、実践的な知識を身につけます。
おうち菜園、日本初の野菜と魚を育てる循環農業「アクアポニックス」の学校が開校
<アクアポニックスとは>
アクアポニックスは、魚と植物を一緒に育てる新しい農業。日本ではまだほとんど知られていませんが、最も地球に優しい農業、生産性が高い、設置場所や規模は自由自在、水が貴重な地域でも導入できる、魚の養殖も同時に行える、などの理由から、海外では”未来の農業”として注目されています。

また近年、アメリカやオーストラリアでは、生態系の縮図を体感できる、無農薬、水やりや肥料が不要、虫がつきにくい、土づくりが必要ない、魚も一緒に飼えるなどの理由から、自宅の庭や室内で家庭菜園としてアクアポニックスを楽しむ方も増えています。子どもの情操教育や園芸介護の分野でも、今後の活用が期待されています。

<AQUAPONICS ACADEMYの特徴3つ>
1. 実践的な内容
実際にシステムを立ち上げるための知識から海外の動向もふまえたビジネスとしての可能性まで、より深く学ぶことができます。

2. 農場見学
実際にシステムを自分の目で見て学ぶ機会も提供。国内の農場を訪問し、実践者の声も聞くことで、学びを身体にしっかりと浸透させていきます。

3. マニュアル付
おうち菜園監修の100ページの実践マニュアルを、受講者向けに配布いたします。(PDF形式となります)

【コースの詳細URL】 http://aquaponics.co.jp/about-aquaponics-academy/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  2. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  3. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  4. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  5. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  6. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  7. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  8. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  9. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  10. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 大阪府による農福連携イベント。マルシェの開催や植物工場の見学会も実施
     大阪府では、農業の多様な担い手の確保と障がい者の雇用・就労の拡大を図るため、農と福祉の連携「ハート…
  2. 愛媛県による新品種「紅い雫」を開発、高級イチゴとして11月下旬より出荷予定
     愛媛県が開発したイチゴの新品種を「紅(あか)い雫(しずく)」と名付け、6月25日に農林水産省へ品種…
  3. 台北や韓国などの都市型農業拡大。ソウル市は2年間で約4倍(118ha)の緑化・農地エリア拡大
     台北市では市が中心となって都市型農業や都市エリアの緑化を進めており、市民参加型の貸農園、学校・生徒…
  4. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
ページ上部へ戻る