おうち菜園、日本初の野菜と魚を育てる循環農業「アクアポニックス」の学校が開校

 家庭菜園資材の通販事業を手掛ける株式会社おうち菜園は、野菜と魚を育てる循環農業「アクアポニックス」の学校「AQUAPONICS ACADEMY」を開校する。基礎を学ぶ全7回コース(座学と実践、農場見学・DIY講座あり)を53,000円で提供。受講者には限定の実践マニュアル(100ページ)を配布、東京・横浜・国立・千葉で説明会を開催する。

「AQUAPONICS ACADEMY」は、日本初のアクアポニックスについて基礎を体系的に学ぶことができる学校です。「ホームアクアポニックス基礎コース」では、全7回の講座を通してアクアポニックスについての理解を深め、実践的な知識を身につけます。
おうち菜園、日本初の野菜と魚を育てる循環農業「アクアポニックス」の学校が開校
<アクアポニックスとは>
アクアポニックスは、魚と植物を一緒に育てる新しい農業。日本ではまだほとんど知られていませんが、最も地球に優しい農業、生産性が高い、設置場所や規模は自由自在、水が貴重な地域でも導入できる、魚の養殖も同時に行える、などの理由から、海外では”未来の農業”として注目されています。

また近年、アメリカやオーストラリアでは、生態系の縮図を体感できる、無農薬、水やりや肥料が不要、虫がつきにくい、土づくりが必要ない、魚も一緒に飼えるなどの理由から、自宅の庭や室内で家庭菜園としてアクアポニックスを楽しむ方も増えています。子どもの情操教育や園芸介護の分野でも、今後の活用が期待されています。

<AQUAPONICS ACADEMYの特徴3つ>
1. 実践的な内容
実際にシステムを立ち上げるための知識から海外の動向もふまえたビジネスとしての可能性まで、より深く学ぶことができます。

2. 農場見学
実際にシステムを自分の目で見て学ぶ機会も提供。国内の農場を訪問し、実践者の声も聞くことで、学びを身体にしっかりと浸透させていきます。

3. マニュアル付
おうち菜園監修の100ページの実践マニュアルを、受講者向けに配布いたします。(PDF形式となります)

【コースの詳細URL】 http://aquaponics.co.jp/about-aquaponics-academy/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  2. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  3. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  4. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  5. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  6. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  7. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  8. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  9. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  10. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 2050年までに25億人以上が新たに都市部住民へ。加速する都市型農業の必要性
     国連レポートによると、世界の70億人の人々の半数以上が、東京やデリー、上海、メキシコシティ、サンパ…
  2. 西松建設、玉川大学との連携事業・LED植物工場のショールームが完成
     西松建設は4月11日、玉川大学との産学連携事業として開発を進めているLED植物工場について、新規参…
  3. サカタのタネ・住友化学園芸など、レタスや薬味の栽培用キットを全国ファミマ店舗にて販売
     サカタのタネ、ファミリーマート、住友化学園芸の3社は、野菜や草花などガーデニング分野におけるオリジ…
  4. 多段式システムでカニを栽培、革新的な生産技術によりシンガポールの食料問題の解決へ
     食料の国内自給率向上を目指すシンガポールでは限られた国土面積であることから、政府が生産品目の選択と…
ページ上部へ戻る