「食の安全・安心」「学校給食・病院給食」をテーマにした専門展、東京ビッグサイトにて9/30(水)~10/2(金) 開催

 相次ぐ異物混入報道を受け、食の安全・安心への要求が高まる中、食品・飲料メーカーに向けソリューションを提案する専門展として、「フードシステムソリューション(略称:F-SYS・エフシス)」「フードセーフティジャパン(略称:FSJ・エフエスジェー)」「フードファクトリー 食品工場 改善設備展」が9月30日より東京ビッグサイトにて開催されます。また学校給食、病院・高齢者施設の厨房設備・機器が集結する展示会も同時開催。
「食の安全・安心」「学校給食・病院給食」をテーマにした専門展、東京ビッグサイトにて9/30(水)~10/2(金) 開催
【学校給食の分野では国内随一を誇る展示会 F-SYS】
F-SYSは、集団給食などの大量調理をテーマとしており、「調理設備・機器」と「食品・食材」が集結する国内随一のスケールを誇る展示会です。なかでも学校・病院等での食の提供に関わる栄養教諭や調理員、栄養士などの動員では他の追随を許しません。

学校給食特別展示では、栄養教諭や調理員に向け最新の情報を提供しています。本年は「アレルギー対応食の調理実演」や「生野菜洗浄実演」を行い、学校給食の”今”を紹介します。また今回で三回目となる嚥下食メニューコンテストも開催し、病院や高齢者施設向けの情報発信も行います。

【食の安全・安心にフォーカス FSJ】
FSJは、食の安全・安心をテーマにしており、時宜を得た製品・技術・サービスの専門展示会として、回を重ねるごとに評価が高まり、今回、過去最大規模で開催されます。なかでも食品・飲料メーカーの品質管理部門の方の注目度は大変高いものがあります。セミナーでは、「異物混入」や「フードディフェンス」、「ノロウイルス」などのセッションがあり、関係者必聴のプログラムが目白押しです。

【食品工場の施設・設備の改善がテーマ フードファクトリー】
フードファクトリーは、過去のFSJに来場した食品・飲料メーカーからのリクエストに応え、『施設・設備の衛生面改善策を提案する専門展示会』として開催されます。農林水産省・厚生労働省などによるHACCP普及活動が進む中、展示会コンセプトに共感した多数の企業が出展し、洗浄機器や殺菌装置、設計コンサルなどを中心に様々な製品・サービスが紹介されます。
「HACCP普及状況」、「工場建設のポイント」や「トレーサビリティ」、「ロボットの活用」など、食品工場にフォーカスしたセッションが満載です。

3展の来場登録、セミナー聴講申し込みはこちらから
http://www.f-sys.info/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  2. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  3. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  4. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  5. ローム、イチゴ植物工場の事業者を2月末まで募集。新規参入向けに栽培ノウハウ提供
     ロームは、自社にて開発したイチゴ栽培を目的とした完全人工光型植物工場の事業化を目指す事業者の募集を…
  6. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  7. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  8. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  9. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  10. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. ベトナム・ホーチミン市が農業の近代化プランを発表。2020年までに農家平均所得を32万円以上へ
     ここ5年間でベトナム・ホーチミン市における農業は大きく変化している。ホーチミン市は現在、24の行政…
  2. 2050年までに25億人以上が新たに都市部住民へ。加速する都市型農業の必要性
     国連レポートによると、世界の70億人の人々の半数以上が、東京やデリー、上海、メキシコシティ、サンパ…
  3. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
    イタリア・ミラノでは「地球に食料を、生命にエネルギーを(Feeding the Planet, En…
  4. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
     弊社では2015年5月より5ヶ月間、イタリア北部はミラノで開催されているミラノ万博へ訪問取材を実施…
ページ上部へ戻る