サカタのタネ、スマホから園芸の専門家に気軽に相談できるアプリを開発

サカタのタネはスマートフォンから園芸の専門家に気軽に相談できるアプリ『サカタコンシェル』を開発し、2016年4月からサービスを開始します。栽培の悩みについて園芸の専門家が回答するもので、園芸初心者をはじめ幅広いユーザーに安心して栽培を楽しんでもらう狙いです。利用は無料です。

サカタのタネ、スマホから園芸の専門家に気軽に相談できるアプリを開発おもな特徴は、「コンシェルジュサポート」「わたしの栽培日記」「プロのアドバイス」の3点です。「コンシェルジュサポート」は、栽培の専門家であるコンシェルジュに気軽に相談できる機能です。ユーザーからの写真や文章での質問の1つ1つに、それぞれ個別に回答します。コンシェルジュ役は当社OBが務めており、種苗の開発元としての専門的な知識を元に的確な対応をしていきます。

「わたしの栽培日記」は、ユーザー個人の栽培記録が付けられる機能です。植え付けの時期、施肥のタイミングなどを記録することで、コンシェルジュに状況を伝えやすくなるとともに、翌年の栽培時には貴重なデータになります。なお日記の内容はFacebook(※)と連携することができます。

「プロのアドバイス」は、スマートフォンの特性を生かした即時性のあるサービスで、コンシェルジュが今後の栽培状況の変化などを予測し、ユーザーに対して注意喚起を促したり助言したりするものです。例えば「台風が近づいているので風よけをしましょう」「害虫が出始めたのでネットをかけましょう」といったアドバイスです。

同アプリはシャープ株式会社(大阪市)が提供するクラウド技術(「QAコミュニケーションシステム」)を元に、当社の農園芸のノウハウを生かし開発されました。今後、便利機能の追加やコンテンツの充実などを検討しており、バージョンアップを図っていく予定です。

スマートフォン用アプリ『サカタコンシェル』の概要
名称:サカタコンシェル(商標登録申請中)
特設サイト (2016年春オープン)
URL http://www.sakataseed.co.jp/special/sakataconcier/
スマートフォンアプリ「サカタコンシェル」の対応OSや入手方法などの詳細情報は特設サイトで順次ご案内します。
料金:無料
サービス開始:2016年4月上旬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  2. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  3. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  4. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  5. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  6. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  7. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  8. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  9. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  10. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 三菱樹脂、中国・無錫市に太陽光利用型植物工場の販売拠点を設立
     三菱樹脂株式会社の子会社で、太陽光利用型植物工場を展開する三菱樹脂アグリドリーム株式会社は、中国・…
  2. 台北や韓国などの都市型農業拡大。ソウル市は2年間で約4倍(118ha)の緑化・農地エリア拡大
     台北市では市が中心となって都市型農業や都市エリアの緑化を進めており、市民参加型の貸農園、学校・生徒…
  3. カナダの藻類ベンチャー、閉鎖型・植物工場とアクアポニクスの融合設備にてスーパーフードを生産
     カナダ・リッチモンドの藻類ベンチャーであるアルジブルーム・インターナショナル社は、1年前にスピルリ…
  4. カナダ・エドモント市による法改正、植物工場や屋上菜園など生産方式の明確化
    農業利用に関する土地活用条例が2016年2月から施行  カナダ・エドモント市議会では都市型農業や地…
ページ上部へ戻る