サカタのタネ、スマホから園芸の専門家に気軽に相談できるアプリを開発

サカタのタネはスマートフォンから園芸の専門家に気軽に相談できるアプリ『サカタコンシェル』を開発し、2016年4月からサービスを開始します。栽培の悩みについて園芸の専門家が回答するもので、園芸初心者をはじめ幅広いユーザーに安心して栽培を楽しんでもらう狙いです。利用は無料です。

サカタのタネ、スマホから園芸の専門家に気軽に相談できるアプリを開発おもな特徴は、「コンシェルジュサポート」「わたしの栽培日記」「プロのアドバイス」の3点です。「コンシェルジュサポート」は、栽培の専門家であるコンシェルジュに気軽に相談できる機能です。ユーザーからの写真や文章での質問の1つ1つに、それぞれ個別に回答します。コンシェルジュ役は当社OBが務めており、種苗の開発元としての専門的な知識を元に的確な対応をしていきます。

「わたしの栽培日記」は、ユーザー個人の栽培記録が付けられる機能です。植え付けの時期、施肥のタイミングなどを記録することで、コンシェルジュに状況を伝えやすくなるとともに、翌年の栽培時には貴重なデータになります。なお日記の内容はFacebook(※)と連携することができます。

「プロのアドバイス」は、スマートフォンの特性を生かした即時性のあるサービスで、コンシェルジュが今後の栽培状況の変化などを予測し、ユーザーに対して注意喚起を促したり助言したりするものです。例えば「台風が近づいているので風よけをしましょう」「害虫が出始めたのでネットをかけましょう」といったアドバイスです。

同アプリはシャープ株式会社(大阪市)が提供するクラウド技術(「QAコミュニケーションシステム」)を元に、当社の農園芸のノウハウを生かし開発されました。今後、便利機能の追加やコンテンツの充実などを検討しており、バージョンアップを図っていく予定です。

スマートフォン用アプリ『サカタコンシェル』の概要
名称:サカタコンシェル(商標登録申請中)
特設サイト (2016年春オープン)
URL http://www.sakataseed.co.jp/special/sakataconcier/
スマートフォンアプリ「サカタコンシェル」の対応OSや入手方法などの詳細情報は特設サイトで順次ご案内します。
料金:無料
サービス開始:2016年4月上旬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  2. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  3. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  4. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  5. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  6. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  7. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  8. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  9. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  10. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 家庭用プリンタで土壌水分センサーなどの電子回路を安価に大量生産
     東京大学の川原圭博准教授らは、家庭用インクジェットプリンタを用いて様々な電子回路素子を短時間で印刷…
  2. アラスカ初の商業ベース・完全人工光型植物工場による野菜の初出荷
     アラスカ州のアンカレッジにて初の大規模な完全人工光型植物工場を運営するアラスカ・ナチュラル・オーガ…
  3. ローソン、かんきつ類専門の農業法人を熊本に設立。商品化したものを九州各店舗にて販売
     コンビニ大手のローソンは4月4日、熊本市に同社初のかんきつ類専門の農業生産法人「ローソンファーム熊…
  4. 欧州におけるグリーン・カーテン市場、家庭への普及は限定的
     The Royal Horticultural Society(RHS)が主催するイギリス・チェル…
ページ上部へ戻る