矢野経済研究所、肥料市場に関する調査結果2015を発表

 矢野経済研究所では、肥料市場に関する調査結果2015を発表した。調査期間は2015年4月~7月。肥料関連メーカー、培土・土壌改良材関連メーカー、飼料関連メーカー、全国農業協同組合連合会、その他関連機関・業界団体等を対象に調査を実施した。

■調査結果サマリー
◆2014年度の国内の肥料市場規模は前年度比87.1%の3,912億5,400万円
2014年度の国内の肥料市場規模は、メーカー出荷金額ベースで前年度比87.1%の3,912億5,400万円と推計した。消費税増税前の駆け込み需要の反動減と、米価低迷の影響から生産農家の農業資材購入の抑制により、大きく減少した。
矢野経済研究所、肥料市場に関する調査結果2015を発表

◆これまで未利用であった国内資源を肥料原料として活用した取り組みが求められる
世界の肥料需給動向をみると、世界的な人口増加や、中国やインド、アフリカ諸国などの新興国の食料事情の変化で、食料生産に欠くことのできない肥料需要は右肩上がりで増えていくと見られる。このような事情から、為替に影響されない、これまで未利用であった国内地域資源(下水汚泥、鶏糞燃焼灰、堆肥等)を肥料原料として活用促進することが今後求められると考える。

◆オリンピック向けや公共事業の増加により、緑化用肥料の需要拡大に期待
2014年度の肥料市場を需要分野別にみると、稲作用が全体の56.5%を占め、次いで農業園芸用が33.0%、家庭園芸用が7.7%、緑化用が2.8%であった。なかでも、緑化用肥料は2020年の東京オリンピック向けの需要や公共事業の増加により、需要喚起につながっており、今後需要の拡大が期待できる分野となっている。

■関連資料
資料名:「2015年版 資源リサイクルで注目される培土・土壌改良材・肥料・飼料の市場実態」
http://www.yano.co.jp/market_reports/C57110500

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  2. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  3. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  4. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  5. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  6. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  7. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  8. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  9. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  10. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. インロコ、植物工場による栽培・運営ノウハウを軸に設備販売を本格化
     人工光型植物工場による野菜の生産・販売を行うインターナショナリー・ローカルは、4月から植物工場の施…
  2. 植物工場先進国オランダ、2015年農産品輸出額が過去最高。世界2位のポジション維持
     果菜類の生産が中心となる太陽光利用型植物工場の分野では先進国であるオランダについて、2015年の農…
  3. 大林組、植物工場ベンチャーのスプレッドと提携。日産3万株の大規模施設を検討
     株式会社スプレッドは同社が開発した完全人工光型植物工場”Vegetable Factory(TM)…
  4. 和ハーブの女王である「ヨモギ」の機能性と利用方法
     植物工場や農業ビジネスにおける新規参入では販路確保とともに生産品目の選定も重要である。今回は機能性…
ページ上部へ戻る