三井物産、米国にて植物性たんぱく質による植物卵・食品開発ベンチャーへ18億円を投資

 三井物産は2日、えんどう豆など植物性たんぱく質を使った「植物卵」の開発ベンチャーである米ハンプトン・クリーク(カリフォルニア州)に約18億円(出資比率2.26%)を出資したと発表した。米国ベンチャーは、植物性たんぱく質を機能性と分子特性で分類したデータベース(DB)を持っており、鶏卵の代わりに植物性たんぱくを使ったマヨネーズやクッキーを開発し、米小売り大手ウォルマート・ストアーズなどを通じて販売している。
三井物産、米国にて植物性たんぱく質による植物卵・食品開発ベンチャーへ18億円を投資

米国で“植物卵”食品ベンチャー事業に参画
三井物産株式会社は、植物タンパクの食品ベンチャー企業である米国Hampton Creek., Inc.(以下「HC社」)と増資引受契約を締結し、このほど1,500万米ドル(約18億円)の出資を完了しました。HC社が手掛けている植物タンパクは、鶏卵に替えてマヨネーズなどの食品原料として使用できる、いわば“植物卵”のような特性を備えており、「おいしく、手頃で、持続可能」な食品の原料として今後の幅広い用途が見込まれています。

世界的な人口増や中間所得者層の増加により、鶏卵や乳製品など動物タンパクの需要は今後とも拡大の一途が見込まれています。そうした中、動物タンパク生産に欠かせない家畜飼料となる穀物の栽培に要する農地や水資源には限界があり、天然の植物タンパク由来の新たな食品原料の需要は益々増加していくものと予想されています。

HC社は植物タンパクを機能特性、分子特性で分類してデータベース化し(※1)、動物タンパクを植物タンパクで置き換えた食品の開発・製造販売を行う食品ベンチャー企業で、この世界最大級の植物タンパクのデータベースを活用し、HC社は既に鶏卵の代わりに植物タンパクを使ったマヨネーズやクッキー等をウォルマートやターゲットといった米国大手小売店で販売しており、米国セブン-イレブン社にサンドイッチに使用されるマヨネーズを供給しています。また、HC社は世界最大の給食サービス企業である英国コンパスグループ社と提携し、HC社製品を供給していくことも決まっています。

三井物産はHC社への出資参画を通じ、様々な食品に使用される卵タンパク・乳タンパク等の動物タンパクを「穀物栽培→家畜飼育→畜産製品製造」の生産プロセスを経ることなく、環境負荷の少ない植物タンパクによって代替する新しいコンセプトの栄養科学分野に参入、食料増産と食の安全・安心な供給に貢献していきます。また、国内外のネットワークを活用して食品企業等と提携し、HC社の米国事業価値向上や、日本をはじめとするアジア地域での“植物卵”の事業展開を目指します。

※1 植物タンパクのデータベース化:タンパクはその種類によって、粘りやすさ、泡立ちやすさ、水と油を混ぜる力等の機能特性を持っています。また、水への溶けやすさや互いのタンパク分子の引きあう力と言った分子特性は、タンパクによってそれぞれ異なります。HC社は世の中に存在するさまざまな植物タンパクについて、これらの機能特性や分子特性を数値化した大量のデータベースを保有しています。

※ 同社によるプレスリリースより

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  2. 日本初の電解水設備を導入したオランダ式の太陽光利用型植物工場が高知県南国市にオープン
     整水器シェアNo.1の日本トリムが連携協定を結ぶ高知県・南国市・JA南国市・高知大学の4者との官民…
  3. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  4. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  5. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  6. 都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル
    米国・地産地消の市場規模は120億ドル  米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50…
  7. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  8. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  9. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  10. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. NASAによる宇宙ステーションや火星探査での農業・植物工場への取り組み
     2015年8月10日には、国際宇宙ステーション(ISS)に滞在しているNASAの宇宙飛行士が、人工…
  2. JFEエンジニアリングなど、オランダ式の太陽光利用型植物工場にてトマト・ベビーリーフの生産へ
     プラント設計・施工大手のJFEエンジニアリングが北海道・苫小牧市の苫小牧東部工業基地(苫東)で建設…
  3. 米国企業によるカスタマイズされた高度な生産技術支援サービスが展開
     アグリビジネスがハイテク化するにつれて、近年では単なる生産性の向上を追及するだけでなく、環境負荷・…
  4. 日本マイクロソフトの社員食堂が日本野菜ソムリエ協会認定、植物工場野菜の販売も
     日本マイクロソフト株式会社と、社員食堂「One Microsoft Café」を受託運営しているエ…
ページ上部へ戻る