大気社、NOUMANNから福井県美浜町にて日産6,400株の完全人工光型植物工場を受注

 株式会社大気社は、株式会社NOUMANN(本社:福井県美浜町)から、福井県美浜町に設置される完全人工光型植物工場を受注した。同社と木田屋商店との万全の協力体制により、生産から加工までワンストップで行う、植物工場による6次産業化を目指す。

プロジェクトの概要
 同社の完全人工光型・水耕栽培植物工場システム「大気グリーン ファーム」の導入に加え、株式会社木田屋商店小浜植物工場グリーンランド(福井県小浜市、同社が2013年に当システムを納入)による野菜の販売実績に裏付けられた量産指導・支援で、日本国内で2番目となる量産可能な結球(玉)レタス対応工場が福井県美浜町に実現します。
海外の案件やリーフレタス工場も含めると、当社が手がけた植物工場の4番目にあたります。本計画は遊休工場の全面改装によるものであり、操業開始は2016年1月を予定しています。

 この工場では、主に結球レタスとリーフレタスを栽培し、そのまま食べられるレタスミックスのパックとして出荷することを計画しています。操業開始時の生産量はリーフレタスに換算すると1日当たり約6,400株です。食品を安全で衛生的に製造・加工するための管理方法であるHACCP(Hazard Analysis and Critical Control Point)にも対応可能な設備を備えています。

工場拡張スペースが十分にあることから、将来的には工場の拡張により生産量を1日26,000株まで増産し、海外へ輸出することも視野に入れております。屋外での野菜栽培が難しい中東などイスラム圏での展開も想定し、ハラール認証の取得に向けた準備も進めています。

大気社、NOUMANNから福井県美浜町にて日産6,400株の完全人工光型植物工場を受注
(NOUMANN レタスミックス 試作例)

受注の背景
 栽培事業の先駆者である木田屋商店と協働で、設備の納入とシステム稼働だけでなく、経営安定化に向けて課題となる量産化・販売先・物流の支援まで、一貫したサービスが提供可能な点、新たに小浜植物工場グリーンランドにて開発・実証された高密植LED育苗装置の設置により、収穫量を従来に比べ大幅に向上させた点が大きく評価され、今回の受注につながったものと考えています。

技術的な特長
 同社の「大気グリーン ファーム」は、完全無農薬のクリーンな環境で、季節や天候などに左右されずに大量の野菜を安定価格で計画的に生産できることに加え、高効率反射照明システムを用いて植物体生理に最適な照射時間を制御することで、高効率・低コストによる安定生産が可能です。多段多列栽培棚の温度ムラを防止し、均一な栽培環境を実現する上で、当社の空調技術は非常に役立っています。
さらに今回、育苗ラインに従来比3倍の高密植法を採用し、専用LEDによる照射を行うことで、苗揃いが上がるとともに、栽培棚の利用効率が大幅に向上しました。

今後の事業展開
 野菜の安全性や品質に対する需要はますます高まる傾向にあり、工場野菜の市場規模は今後大きく成長することが見込まれます。同社はこれまで国内で2件の量産型植物工場を完成させた実績があるほか、海外ネットワークの強みを生かしつつ、すでに海外における植物工場プロジェクト(ベトナム・ロンアン省)も手がけています。当社は、これからも環境技術を生かして国内外の植物工場事業に積極的に取り組み、社会に貢献していきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  2. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  3. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  4. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  5. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  6. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  7. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  8. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  9. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  10. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 愛媛県による新品種「紅い雫」を開発、高級イチゴとして11月下旬より出荷予定
     愛媛県が開発したイチゴの新品種を「紅(あか)い雫(しずく)」と名付け、6月25日に農林水産省へ品種…
  2. 発電過程から出るCO2と廃熱を植物工場に利用。キャタピラー社とサンセレクトが戦略的提携を発表
     30年以上の太陽光利用型植物工場による高品質野菜の生産を行うサン・セレクト プロデュース社と建設・…
  3. 生鮮野菜への機能性表示食品が認可、植物工場野菜の市場拡大にも寄与
     消費者庁は8日、初の生鮮食品2製品を含む機能性表示食品4製品の届出情報を公表した。今年4月の制度開…
  4. 富士通など、フィンランドに完全人工光型植物工場を活用する農作物の生産・販売を行う新会社を設立
     富士通株式会社と株式会社富士通九州システムズ(FJQS)は、Robbe's Little Gard…
ページ上部へ戻る