大気社、NOUMANNから福井県美浜町にて日産6,400株の完全人工光型植物工場を受注

 株式会社大気社は、株式会社NOUMANN(本社:福井県美浜町)から、福井県美浜町に設置される完全人工光型植物工場を受注した。同社と木田屋商店との万全の協力体制により、生産から加工までワンストップで行う、植物工場による6次産業化を目指す。

プロジェクトの概要
 同社の完全人工光型・水耕栽培植物工場システム「大気グリーン ファーム」の導入に加え、株式会社木田屋商店小浜植物工場グリーンランド(福井県小浜市、同社が2013年に当システムを納入)による野菜の販売実績に裏付けられた量産指導・支援で、日本国内で2番目となる量産可能な結球(玉)レタス対応工場が福井県美浜町に実現します。
海外の案件やリーフレタス工場も含めると、当社が手がけた植物工場の4番目にあたります。本計画は遊休工場の全面改装によるものであり、操業開始は2016年1月を予定しています。

 この工場では、主に結球レタスとリーフレタスを栽培し、そのまま食べられるレタスミックスのパックとして出荷することを計画しています。操業開始時の生産量はリーフレタスに換算すると1日当たり約6,400株です。食品を安全で衛生的に製造・加工するための管理方法であるHACCP(Hazard Analysis and Critical Control Point)にも対応可能な設備を備えています。

工場拡張スペースが十分にあることから、将来的には工場の拡張により生産量を1日26,000株まで増産し、海外へ輸出することも視野に入れております。屋外での野菜栽培が難しい中東などイスラム圏での展開も想定し、ハラール認証の取得に向けた準備も進めています。

大気社、NOUMANNから福井県美浜町にて日産6,400株の完全人工光型植物工場を受注
(NOUMANN レタスミックス 試作例)

受注の背景
 栽培事業の先駆者である木田屋商店と協働で、設備の納入とシステム稼働だけでなく、経営安定化に向けて課題となる量産化・販売先・物流の支援まで、一貫したサービスが提供可能な点、新たに小浜植物工場グリーンランドにて開発・実証された高密植LED育苗装置の設置により、収穫量を従来に比べ大幅に向上させた点が大きく評価され、今回の受注につながったものと考えています。

技術的な特長
 同社の「大気グリーン ファーム」は、完全無農薬のクリーンな環境で、季節や天候などに左右されずに大量の野菜を安定価格で計画的に生産できることに加え、高効率反射照明システムを用いて植物体生理に最適な照射時間を制御することで、高効率・低コストによる安定生産が可能です。多段多列栽培棚の温度ムラを防止し、均一な栽培環境を実現する上で、当社の空調技術は非常に役立っています。
さらに今回、育苗ラインに従来比3倍の高密植法を採用し、専用LEDによる照射を行うことで、苗揃いが上がるとともに、栽培棚の利用効率が大幅に向上しました。

今後の事業展開
 野菜の安全性や品質に対する需要はますます高まる傾向にあり、工場野菜の市場規模は今後大きく成長することが見込まれます。同社はこれまで国内で2件の量産型植物工場を完成させた実績があるほか、海外ネットワークの強みを生かしつつ、すでに海外における植物工場プロジェクト(ベトナム・ロンアン省)も手がけています。当社は、これからも環境技術を生かして国内外の植物工場事業に積極的に取り組み、社会に貢献していきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  2. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  3. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  4. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  5. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  6. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  7. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  8. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  9. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  10. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国ワシントンDCでも都市型農業法案による支援も。屋上ファームや水耕栽培など幅広い生産方式が出現
     米国のワシントンDCエリアも都市型農業が盛んな地域の一つである。現地のファーマーズ・マーケットでは…
  2. 和ハーブの女王である「ヨモギ」の機能性と利用方法
     植物工場や農業ビジネスにおける新規参入では販路確保とともに生産品目の選定も重要である。今回は機能性…
  3. メトロ・アトランタが都市型農業を拡大するために米国農務省から約2,500万円の補助金を獲得
     非営利団体のメトロ・アトランタ・アーバンファームは米国農務省(USDA)から約2,500万円の助成…
  4. 静岡県が先端農業推進セミナーを9/7に開催。平成29年開設リサーチセンターの公募説明も
     静岡県では9月7日、健康長寿に貢献する「農・食・健連携」による産業の活性化をテーマに、県と共同研究…
ページ上部へ戻る