らでぃっしゅぼーや、8月31日は野菜の日・野菜の好みや苦手克服の調査結果

 らでぃっしゅぼーや株式会社は「野菜の日(8月31日)」に向けた野菜についてのWEBアンケート調査を実施した。20代~80代を対象に約1000名からの回答をもとに結果をまとめた。好きな野菜は世代を問わず「トマト」が1位となり、美容と健康にも野菜を摂取する消費者が多い結果となった。

■好きな野菜は世代や出身地を問わず不動の「トマト」!
Q、好きな野菜は何ですか(MA)の結果、
1位「トマト」、2位「枝豆」、3位「かぼちゃ」、4位「ブロッコリー」、5位「なす」・・・という回答が得られました。

■好きな野菜世代別ランキング
「トマト」は世代別にみても、“70代以上”以外すべての世代で1位という結果に。
30代では2位の「かぼちゃ」も60代になると圏外に…変わりに30代では下の順位だった「なす」が台頭してきます。また40代はピンポイントに「れんこん」が人気。最近はれんこんも焼いたり揚げたり煮たり、和風、洋風などいろいろなアレンジがされるようになってきたので、積極的に新しいレシピに挑戦する人達に人気がでてきているのでしょうか?!
らでぃっしゅぼーや、8月31日は野菜の日・野菜の好みや苦手克服の調査結果

■小さい頃の苦手野菜トップのセロリは25歳すぎると食べられるようになる?!
Q子供のころ苦手だったけど大人になってから食べられるようになった野菜はありますか?という質問では、セロリ・ピーマンが同列1位、続いてナス、ミョウガ、トマト・・・という結果でした。

それぞれ、食べられるようになった年齢を伺ったところ、品目ごとに平均年齢を算出すると、セロリは25.3歳で食べられるようになったことが判明。ピーマンは20.9歳でした。苦手野菜を食べられるようになった年齢は最高で50歳という方まで!いくつになっても味覚の変化、美味しさの発見はやってくるものだと実感。また小さい頃、苦手なあまりこっそりお皿の上でより分けて避けてきた野菜も平均すると23.8歳には食べられるようになっています。
らでぃっしゅぼーや、8月31日は野菜の日・野菜の好みや苦手克服の調査結果
■美容と健康にもやっぱり野菜!!!
Q,日常生活において、健康への工夫していることはありますか(FA)?との問いについては「野菜を沢山とる」が1位!野菜の摂取=健康ということは多くの人が意識していることであることがわかりました。なかでも近年注目されている「ベジファースト」(食事の一番最初に野菜を食べ、満腹感や、血糖値の急上昇を抑えるなどのよい効果があると言われている)も多くの人が実行しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  2. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  3. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  4. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  5. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  6. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  7. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
  8. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  9. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  10. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. ローソン、かんきつ類専門の農業法人を熊本に設立。商品化したものを九州各店舗にて販売
     コンビニ大手のローソンは4月4日、熊本市に同社初のかんきつ類専門の農業生産法人「ローソンファーム熊…
  2. KOMPEITO、オフィス向けプレミアム野菜サービスを提供開始
     農業の活性化を目指す、株式会社KOMPEITOは、働く人や企業の健康を促す、オフィス向けプレミアム…
  3. 大阪府による農福連携イベント。マルシェの開催や植物工場の見学会も実施
     大阪府では、農業の多様な担い手の確保と障がい者の雇用・就労の拡大を図るため、農と福祉の連携「ハート…
  4. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
     弊社では2015年5月より5ヶ月間、イタリア北部はミラノで開催されているミラノ万博へ訪問取材を実施…
ページ上部へ戻る