らでぃっしゅぼーや、8月31日は野菜の日・野菜の好みや苦手克服の調査結果

 らでぃっしゅぼーや株式会社は「野菜の日(8月31日)」に向けた野菜についてのWEBアンケート調査を実施した。20代~80代を対象に約1000名からの回答をもとに結果をまとめた。好きな野菜は世代を問わず「トマト」が1位となり、美容と健康にも野菜を摂取する消費者が多い結果となった。

■好きな野菜は世代や出身地を問わず不動の「トマト」!
Q、好きな野菜は何ですか(MA)の結果、
1位「トマト」、2位「枝豆」、3位「かぼちゃ」、4位「ブロッコリー」、5位「なす」・・・という回答が得られました。

■好きな野菜世代別ランキング
「トマト」は世代別にみても、“70代以上”以外すべての世代で1位という結果に。
30代では2位の「かぼちゃ」も60代になると圏外に…変わりに30代では下の順位だった「なす」が台頭してきます。また40代はピンポイントに「れんこん」が人気。最近はれんこんも焼いたり揚げたり煮たり、和風、洋風などいろいろなアレンジがされるようになってきたので、積極的に新しいレシピに挑戦する人達に人気がでてきているのでしょうか?!
らでぃっしゅぼーや、8月31日は野菜の日・野菜の好みや苦手克服の調査結果

■小さい頃の苦手野菜トップのセロリは25歳すぎると食べられるようになる?!
Q子供のころ苦手だったけど大人になってから食べられるようになった野菜はありますか?という質問では、セロリ・ピーマンが同列1位、続いてナス、ミョウガ、トマト・・・という結果でした。

それぞれ、食べられるようになった年齢を伺ったところ、品目ごとに平均年齢を算出すると、セロリは25.3歳で食べられるようになったことが判明。ピーマンは20.9歳でした。苦手野菜を食べられるようになった年齢は最高で50歳という方まで!いくつになっても味覚の変化、美味しさの発見はやってくるものだと実感。また小さい頃、苦手なあまりこっそりお皿の上でより分けて避けてきた野菜も平均すると23.8歳には食べられるようになっています。
らでぃっしゅぼーや、8月31日は野菜の日・野菜の好みや苦手克服の調査結果
■美容と健康にもやっぱり野菜!!!
Q,日常生活において、健康への工夫していることはありますか(FA)?との問いについては「野菜を沢山とる」が1位!野菜の摂取=健康ということは多くの人が意識していることであることがわかりました。なかでも近年注目されている「ベジファースト」(食事の一番最初に野菜を食べ、満腹感や、血糖値の急上昇を抑えるなどのよい効果があると言われている)も多くの人が実行しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  2. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  3. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  4. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  5. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  6. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  7. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  8. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  9. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  10. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 自然の木をイメージした垂直農場 植物工場や様々なクリーンテクノロジーを導入
    都市部における過剰な人口増加が引き起こす2つの問題は、限られた土地・空間の中での生産性向上をはかりな…
  2. ネパール・カトマンズ市による都市型農業・屋上ファームの普及、住民へのトレーニングも実施
     ネパールのカトマンズ市は都市型農業や都市緑化を拡大させるため、住民150戸に対して屋上・テラス等の…
  3. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1) 台湾では植物工場ブーム?! 国内に60ヶ所以上…
  4. カナダの藻類ベンチャー、閉鎖型・植物工場とアクアポニクスの融合設備にてスーパーフードを生産
     カナダ・リッチモンドの藻類ベンチャーであるアルジブルーム・インターナショナル社は、1年前にスピルリ…
ページ上部へ戻る