グローバルインフォ、植物工場や垂直農場など栽培用LED照明の世界市場の将来予測レポートを発行

 株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「栽培用LED照明の世界市場 ~2020年:設置タイプ別・スペクトル別・用途別 (屋内栽培、商業用温室、垂直農法、芝生・修景、研究)・地域別の将来予測」 (MarketsandMarkets発行) の販売を7月21日より開始いたしました。

近年、農業分野 (特に垂直農法・商業用温室栽培・屋内栽培などの制御環境下での食物栽培)でLED照明の需要が拡大してきました。都市化が世界各地で進展している中で、栽培業者も自然光の代わりにLED照明を活用して、生産量の拡大を進めています。
LED照明の製品改良・出力増大・生産量拡大なども、栽培用LED照明の市場成長にプラスに働いています。全世界の栽培用LED照明市場は、2015~2020年に30.29%もの年平均成長率 (CAGR) で拡大し、2020年には4億172万米ドルの規模にまで拡大する見通しです。

当レポートでは、全世界のLEDグローライト (栽培用LED照明) 市場について分析し、市場の基本的構造や最新動向、主な市場促進・阻害要因、市場規模の動向見通し (今後6年間分)、設置タイプ別・スペクトル (発光波長) 別・用途別・地域別の詳細動向、市場競争の状態、今後の技術開発・市場発展の方向性、主要企業のプロファイルなどを調査・考察しております。

【商品情報】
栽培用LED照明の世界市場 ~2020年:設置タイプ別・スペクトル別・用途別 (屋内栽培、商業用温室、垂直農法、芝生・修景、研究)・地域別の将来予測
LED Grow Light Market by Wattage, Type of Installation (New, Retrofit), Spectrum (Partial, Full), Application (Indoor Farming, Commercial Greenhouse, Vertical Farming, Turf & Landscaping, Research, and Others), and Geography – Forecast to 2020

● 発行: MarketsandMarkets
● 出版日: 2015年07月14日
● ページ情報: 111 Pages

【当レポートの詳細目次】 http://www.gii.co.jp/report/mama335420-led-grow-light-market-by-wattage-type-installation.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  2. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  3. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  4. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  5. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
  6. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  7. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  8. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  9. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  10. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国における学校・教育向け施設園芸・植物工場が増加。農家と学校をコーディネートするNPO団体の貢献も大きい
     米国フィラデルフィアにあるストロベリー・マンション高校に併設する敷地内にて、新たに太陽光パネルを導…
  2. カゴメ、宮城県にて加工用トマトの大規模露地栽培へ
     太陽光利用型植物工場による生食用トマトの生産・販売を行う、カゴメ株式会社は、2012年以降、宮城県…
  3. 米国の都市型・植物工場NPO「フード・チェイン」がローカル・フードシステム確立のため30万ドルの資金調達を開始
     米国中東部・ケンタッキー州にて植物工場による都市型農業を推進するNPO組織「フード・チェイン」が加…
  4. 大林組、植物工場ベンチャーのスプレッドと提携。日産3万株の大規模施設を検討
     株式会社スプレッドは同社が開発した完全人工光型植物工場”Vegetable Factory(TM)…
ページ上部へ戻る