日立キャピタル、岩手の西部開発農産と農業事業開発で業務提携

 日立キャピタル株式会社では、国内大手の農業生産法人である株式会社西部開発農産と、農業事業開発に関する業務協定を締結した。西部開発農産ではベトナムにて高品質なコメの生産を計画しており、設備投資の支援や販路開拓などを行っていく。

1.提携の背景・目的と内容
 当社は「2013~2015年度 中期経営計画」において、国内の規制改革や6次産業化などにより、今後も成長が見込まれる農業事業を注力分野と位置づけており、これまで販売ディーラーとの提携による農業機械ローンや農業機械の助成リース事業支援に加え、当社と取引のある農業生産者と大手流通とのビジネスマッチングや、バリューチェーンへの深化を指向し、さまざまな事業機会の探索を行ってきました。

 今回の業務協定締結により、西部開発農産との人材交流による最先端の農業経営ノウハウの蓄積、日立グループのITソリューション利活用による自動化の検討、当社顧客基盤を活用した大手流通とのビジネスマッチングによる販路拡大などの協働を行っていきます。

 特に、西部開発農産はベトナム社会主義共和国(以下、ベトナム)において、高品質米の大規模生産を計画しており、当社は同国における設備投資の支援や、当社顧客とのビジネスマッチングによる販路開拓などを行っていきます。

2.西部開発農産
 西部開発農産は、岩手県北上市において、1986年に設立され、近隣の後継者不足等で農業の継続ができない農家や、条件が悪い耕作放棄地などを借り受けて農地整備をし、作業受託などにより生産規模の拡大を図ってきました。

 現在では、コメ・大豆の穀類をはじめ畜産に至るまで多品目を生産し、農作業受託を含めて約830ha超と全国トップクラスの生産規模となり、内閣総理大臣賞や日本農業賞等の数多くの受賞実績を有しています。

 2015年2月には、ベトナムにおいて100%子会社の現地法人「有限会社西部農産ベトナム」を設立し、事業拡大の取り組みを開始しております。

3.日立キャピタルにおける農業事業
 当社は、1975年に農業分野のファイナンスを開始し、日本全国の農業機械ディーラーとの提携によるネットワークの拡大を進め、現在では提携販社約1,800社、取引顧客約89,000の事業基盤を有しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  2. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  3. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  4. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  5. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  6. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  7. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  8. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  9. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  10. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 住友電工、千葉大学と共同にて砂栽培・環境制御による高糖度トマトの収量増大を目指す
     住友電気工業株式会社と千葉大学は、住友電工がこれまで研究開発を進めてきた砂栽培技術と、千葉大の先端…
  2. フットボール49ersスタジアムにて屋上菜園を実践。都市型農業を通じて環境保全・地域貢献へ
     フットボール・チームのサンフランシスコ・フォーティナイナーズの本拠地「リーバイス・スタジアム」では…
  3. パナソニックエコ、施設園芸・低コスト型植物工場をターゲットに局所環境制御技術を導入
     パナソニックエコソリューションズ社は、農産物の生産効率向上と生産者負担の軽減を図る「アグリ・エンジ…
  4. 生鮮野菜への機能性表示食品が認可、植物工場野菜の市場拡大にも寄与
     消費者庁は8日、初の生鮮食品2製品を含む機能性表示食品4製品の届出情報を公表した。今年4月の制度開…
ページ上部へ戻る